過去の掲示板

[過去ログ インデックス]  [掲示板へ戻る]

2008年01月01日(火)00時24分までの掲示板への書き込みです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 16:04<

「院長から掲示板ご利用の皆様へ」年末年始お休みのお知らせ

大変勝手を申しますが当ホームページの掲示板を平成19年12月30日より平成20年1月6日まで年末年始のお休みとさせて頂きます。
又、平成20年1月7日よりお気軽にご相談下さい。大変ご迷惑をかけ申し訳ございません。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 16:01<

院長から「ひら」さんへの回答

「ひら」さんへ、感謝されることなど私は治療しておりません。これが私の本心です。「ひら」さんを私は頑張って通院されていた姿を昨日のようにしっかりと脳裏にやきついています。
なかなかむずかしい日本丸ですが、どこか漂流するそして帰港できると来年を期待いたしましょう。
どうか、これから寒い季節ですので、くれぐれもおからだをご自愛下さい。
どうか楽しい正月をお迎えになることを祈っております。


ひら - 2007/12/30(日) 15:58<

いつも親身になっていただいて感謝でいっぱいです。

先日、年末の混雑している時期にもかかわらず、急な治療予約を入れて下さりありがとうございました。また、相当深刻だと思われる私の歯を見捨てずに、とてもお気遣いいただいているお言葉とともに、治療して頂いて涙が出る思いです。これで楽しいお正月が過ごせそうです。口べたなのでなかなか感謝の言葉が言えずメールで大変失礼いたしました。またお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:56<

院長から「きらり」さんへの回答

「きらり」さんへ、大変雑事に追われてご回答が遅れてしまって、申し訳ありません。
通常は就寝中に顎の脱臼は、私の臨床経験ではあまりなかったように思いますが、下顎をむりやり外力によって(たとえば、ご自分の手で)もどしたり、動かしたりすると、下顎の安定が、うまくいかず、咬合のバランスがくずれます。開口の程度が四横指あるということは、治療で治ると私は確信しますのでどうぞご多忙中、来院する機会があったらぜひ私に診察させて下さい。


きらり - 2007/12/30(日) 15:54<

顎の脱臼??

私は、寝ている間に必ずといっていいほど顎が外れてしまい、毎朝起きると口が全く開きません。それでも開けようとするとボキッと音が鳴ってスムーズに開くようようになります。あくびをして脱臼するということはよく聞きますが、寝ている間に脱臼ということはあるのでしょうか?日常生活でも顎が不安定で気になってしょうがありません。あと、顎が横にも動かなくて力を入れてしまうと、横に外れてしまうんです。長年通っている歯医者は「顎関節症」だと言うのですが、縦に口は指4本くらい開けれるし、なんか違うのではないかと思い始めてきました。何してても顎が不安定なので鬱症状も最近みられるようになってしまいました。助けてください。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:52<

院長から「まさ」さんへの回答

まず舌癌が癌の初発部位ということはまれです。そして永年、同一部位の舌の部がレースのカーテン状になっていれば、白板症という病気ですがもしそれがないとすると、舌縁の味が感じるところ、いわゆる味蕾のような感じがしますが、ご心配なら私に一度診察させて下さい。予約はTELで結構です、またメールでも良いですので、ご都合のよろしい時にご来院下さい。


まさ - 2007/12/30(日) 15:50<

はじめまして

こんにちは。30代中盤の男性です。
少し前から、舌の左横奥部分が、時折違和感のようなものを感じます。といっても常にではなくて、疲れた時などは特にその辺りだけが厚くなっているように感じます。これは舌癌やその他の舌の病気なのでしょうか。ストレスや、肩こりの延長からこういう症状が出ることはあるのでしょうか。鏡で見ても何もないし膨らんでいるようには見えないのですが・・・、何かアドバイスなどあればお願いいたします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:49<

院長から「よし」さんへの回答

大変ご返事が遅くなってしまったことを、まずお詫び致します。
全身麻酔以外は、麻酔を使用しないで、無痛治療は不可能です。注射針の挿入部分を表面麻酔をゼリー状の薬剤をつかって、ゆっくり麻酔剤を注射すれば、それ程の疼みを人間が感じません。しかし、人間には一人一人の個性があり口の内の粘膜にも当然個性があります。疼痛を感ずる幅を疼痛域値といいますが、それ程大きな幅があるとは思えません。
私はあまりインプラントをおすすめしない歯医者です。
もし、ご来院なされるならば「よし」さんのお口の中を拝見し、今の状態をご説明したいと思います。


よし - 2007/12/30(日) 15:46<

はじめまして。

こんにちは。前から歯医者さんはどうも苦手で、
痛いのを我慢しながらの生活になってます。
3年前くらいにとある歯医者さんにお世話になったのですが、
どうしても痛かった歯を含め、3本ほど抜かれ、
さらにもう何本かを抜くと宣言されました。しかもそこには
別の歯を埋め込むみたいなことを言ってました。それ以来、恐怖で行かなくなりました・・でもまた痛くなってきてしまい、
今は新たに歯医者さんを探しています。抜く・埋め込むって
作業は無痛で出来るのでしょうか?以前抜いたときも、思ったよりは痛くなかったけど、麻酔はすごく痛かったのですが・・
いまいち無痛といわれても信用できず、歯医者に行く気持ちに
なれなくて困ってます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:45<

院長から「ぜにがめ」さんへの再回答

本日、拝見した、院長の坂本です。大変ご返事が遅れてこちらこそ申し訳なく思っております。まさに「同病相あわれむ」のたとえどおりで、私も時間があったらぜひ矯正治療をしたいと本心から思っております。私の著書が少しでもお役に立てば、幸いです。お子様の元気な成長をご祈念し、楽しい家族団らんのお正月をお迎えになるようにお祈り致しております。


ぜにがめ - 2007/12/30(日) 15:39<

お返事ありがとうございます!

旅行へ行っていて、お返事が遅れました。
申し訳ございません。
先生、お忙しい中、お返事していただきありがとうございました。
先生の書き込みの通り、ぜひ一度見てもらいたいです!それで今月予約が入っていますがその時でいいのでしょうか?またはそれ以前の別の日に先生に見てもらうために行った方がいいでしょうか?
ちなみにその矯正の予約の日には申込書を提出する事になっています。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:38<

院長から「さかい」さんへの回答

あまり頑張らないようにして下さい。ご自分の体調が良いときにぜひご通院下さい。いつまでも私は待っている所存です。


さかい - 2007/12/30(日) 15:36<
お返事ありがとうございます。
また、いろいろわがままを言ってしまうかもしれませんが
がんばりますのでよろしくおねがいします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/30(日) 15:35<

院長から「たかのり」さんへの回答

大変回答が遅れまして申し訳ありません。
歯の全体をおおう補綴部を全体を被覆する冠と呼びます。又はクラウンと呼びますが、歯と歯ぐきの境目あたりが、少しでもすき間があると細菌が侵入し、冠の中がムシ歯になっていることも多数あります。接着剤は化学反応しますが、結局表面積を広くして機械的に装着をするので、口の中の上と下の歯の咬み合わせのバランスがくずれるとしばしばおこる可能性があります。そのことを担当医の先生とご相談なさることをお勧めします。冠の内の状態はX線診査でもわかりません。一回冠を除去して再精査してもらって下さい。


たかのり - 2007/12/15(土) 10:41<

忙しい中ご返信ありがとうございました。

日々お忙しい中、ご返信ありがとうございました。本日自宅から2時間かかるところの歯科に行ってきます。そこは歯科恐怖症にとりくんでいただけるようです。先生のおっしゃる通り行政の考えていることには疑問がいっぱいです。医療費を削減することばかり主体で患者のことはまったく考えていなたようにも思えます。歯科の診療報酬を上げることによって、医師がよりたくさんの研修する費用機会をえることが日本の歯科医療をよくすることだと思います。
話は変わりますが神経をとってある歯の被せ物がパカパカしてとれそうです。10年以上前に被せた歯ですが、根が折れてしまったのでしょうか?また接着剤(セメント)が古くなって被せ物がとれることってあるのでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/15(土) 10:24<

院長から「たかのり」さんへの回答

大変ご回答が遅れて、誠に申し訳ありません。
別に一つの歯科医院にこだわることなくコンビニの15倍歯科医院があるのですから、倒産している歯科医院は実質全国で1万件(個人の医院)に至るところまで苦境に陥っています。
まず、その担当医の不信感でなく、厚生労働省の官僚達が我々を「ムシケラ」と呼んでいる実態から、知って下さい。昔ながらの古ぶけたかかりつけの歯科医院へ受診すれば、すばらしい治療が受けられると思いますし、「たかのり」さんのトラウマは一瞬にどっかにいってしまうと思います。


たかのり - 2007/12/15(土) 10:22<

歯科恐怖症で悩んでいます。

僕はかなりの歯科恐怖症ではないかと思っております。
小さい頃からのトラウマ(治療中殴られた)り、またせっかく信用できる医師に出会っても引越しなどで通えなくなったりで40歳になった今でもかかりつけ医もない状態です。
治療の麻酔や痛みに対する不安ではなく、治療中の医師の一言一言が気になってしまい不安になります。(たとえば、この歯もうダメかなぁ〜)去年、詰め物が取れ近くの歯科に行ったときも不安から医師に質問したら無愛想に「忙しいんだから〜」ってムっとされました。
ちなみにその時、土台にファイバーインレー(実費)を希望したら急に医師の機嫌がよくなりました。
上の歯はかなり前からほとんど神経の無い歯(治療)なので、根が折れたりして抜歯するんだろうなぁ〜考えただけで食事もとれなくなります。
40歳の大人の男が気が弱いっと思われるかもしれませんが、歯科に行くと決まっただけでも前夜寝れなかったり、呼吸が苦しくなるくらい恐怖を感じます。
ダラダラとした文面に申し訳ありませんでした


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/15(土) 10:16<

院長から「さかい」さんへの回答

「さかい」さんへ、静脈内鎮静法等、全く必要ないと思います。ホリゾンという極めてかるい鎮静剤を0.7CC程度、筋注すれば笑気より、良いかもしれません。以前のようにさっそうとして、ご来院下さい。あれだけ治療できたのですから大丈夫ですよ。再会することを心待ちにしております。


さかい - 2007/12/10(月) 08:04<

お久しぶりです

今年の3月ごろまでお世話になっていたさかいです。
引越しや体調不良のため、通院できなくなっていたのですが
年末か年明けくらいから治療を再開しようと思っています。
というのも、とうとう右下の親知らずが痛んできたもので・・・

多分、今まで通り治療できると思うのですが
不安なのと、治療自体が久しぶりなので、とても心配です。

もし、がんばってみても治療が困難な場合は
静脈内鎮静法とか全身麻酔とかの方法を選ぶことも可能でしょうか。

ちょっと弱気になっているので不安でしょうがないのですが
がんばりたいと思っています。
よろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/07(金) 11:39<

院長から「まり」さんへの回答

「まり」さんの担当医の方がどのような材質で、またどのような技法で前歯を修復されたのかが、詳細にわかりませんので、何とも言えませんが、前歯の切端附近を正しい咬み合せで修復しておられれば、堅いものを咬んでも、構わないと思います。しかし、人間の口の中の機能としては、前歯は切歯と言って、食物を切ることのためにあり、本来、咬むのは、左右の中心から3番目いわゆる犬歯から咬むことが大切です。
これを「犬歯誘導」と言いまして英語では「Cuspid、protected、occlusion」といって、左右の上下の犬歯が、うまく誘導歯として、活躍してくれれば、すべての咬み合せのバランスを永くとってくれ、うまく咀嚼という機能が正確にできるということです。
ですから、一回「まり」様の前歯の修復の具合を私に拝見させて、診察させて頂ければ、もっと、詳細な説明、回答ができると確信しております。


まり - 2007/12/07(金) 11:37<

前歯の詰め物について・・。

院長先生、こんばんは。
かなり前に嘔吐反射の事でご相談に乗って頂いた者です。
近所に親切な歯科医(女医さんです)があり、
嘔吐反射の事へも理解があり、なんとか歯の治療を終える事が出来ました。

駅の階段で転んでしまい、前歯の一本が欠けてしまい、
歯科医で白い詰め物みたいなものをつけてもらいました。
堅いものを噛むと取れやすくなってしまうのでそれは避けて下さいと言われました。
堅いものに気をつけていれば、簡単には取れないのでしょうか?
なんだかポロっと取れてしまいそうで不安です・・。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/07(金) 11:26<

院長から「ぜにがめ」さんへの回答2

第2のご質問ですが
重ねて申し上げますが、咬み合せのバランスいわゆる咬合のバランスがとれてくれる人間のすべての自律神経のバランスが良くなってきます。矯正は万人が治るものではなく、やはりこれは矯正治療の方がベストか、矯正を行なわないで、歯列いわゆる審美性を少し考えずに、咬合のバランスをとらざるを得ないことがあります。ということで、インプラント治療と同時に矯正治療もすべての歯列でお悩みの方の全員はお助けできないことも、ご理解をお願いします。しかし、院長自身が「ぜにがめ」様の口腔内又は上と下の顎また歯牙をよく精査していないので、一度ご来院になさる際、院長にと必ず受付にお声をかけて頂ければ院長、つもり、回答者である、私が、ぜひ、顎顔面と口腔そしてその機能と筋肉、骨の状態を診察させて頂けませんか?私がわかりやすく、診断したうえでもう一度ご説明したいと思います。
「ぜにがめ」さんには、誤解されてしまったようで、誠に申し訳なく思っております。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/12/07(金) 11:25<

院長から「ぜにがめ」さんへの回答1

まず、回答が大変おそくなってしまったことについて、深くお詫び申し上げます。言い訳にはなりませんが、別に公務をもっているので、遅れたしだいであります。
さて「ぜにがめ」さんのご質問への回答ですが、矯正治療というものはそもそも、見ため、いわゆる審美性をまず第一義的に考えては、いけないのです。歯の上下の咬み合せのバランスをとるように、矯正医も私も頑張ります。矯正治療を受けていらっしゃる患者さんは、その咬み合せのバランスをとっていけるように矯正医は非常に困難な専門的知識と高価な材料を使用し、少々長い時間をかけて歯牙を理想的な位置に動かしてまいります。そしてその矯正治療が、一応終了した時点で結果的にすばらしい、美しい歯列になってくれます。
これを矯正治療の根本の最近の考え方であります。もし、当医院の説明不足か舌たらず、がありましたら、大変申し訳なく「ぜにがめ」さんの心を混乱させてしまったので、重ねて院長としてお詫びを申し上げます。当医院と患者さんのトラブルは、いまのところ発生しておりません。担当医にもう少し充分矯正治療の内容をやさしく説明するように、ただちに指導、助言致しました。


ぜにがめ - 2007/12/03(月) 09:06<

矯正治療について〜続き〜

また、矯正をした事で見た目は良くなっても、噛み合わせが以前より悪くなるようなことはあるのでしょうか?
私は、原因不明の歯の痛みでそちらの病院でお世話になり銀歯を外して見たけど何でもなく、噛み合わせが原因なのかなあと思ったと事と、前歯が出ている事、それと歯の本数が上下足りず歯並びがよくない部分がある事などの3点の理由で歯列矯正をしてみようかと思いました。
しかし、見た目だけしか良くならないという結果ならば、多額のお金をかけてまで、今さらこの歳で直すのもいかがなものか?と思ったりもします。
今とても迷っています。院長先生、ご回答宜しくお願いします。


ぜにがめ - 2007/12/03(月) 09:05<

矯正治療について

院長先生、はじめまして。
私は坂本歯科医院でお世話になっている者です。
虫歯の治療を受けていますが、今、歯列矯正をしようか迷っています。
先日、矯正相談に行ったところ、歯列矯正とは見た目の歯並びを直すのが目的で、噛み合わせを良くするのを目的とはしないと言われました。確かにそれはそうですが、院内の待合室にスポーツ選手が矯正をしたところ試合の成績がかなり良くなった様な事が書かれていたり、あるいは私の読んだ新聞には肩こりが解消したなど、矯正って噛み合わせの事が深く関わっているように思えてしまうのですが、院長先生はどのようにお考えでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/11/18(日) 10:57<

院長から「ゆきやす」さんへの回答

通常でしたら、かかりつけの歯科医院で断層撮影をX線を使用して診断してもらえばいいのですが、ご心配でしたら、お近くの歯科大学附属病院の口腔外科へ受診なされば、詳細に私と同じ事をていねいに診断と病態の説明が担当医からあると思いますのでぜひ、病院の外来受診をお勧めします。


ゆきやす - 2007/11/17(土) 14:06<

のう胞治療について

はじめまして。
埼玉在住の36の会社員です。
私の叔母のことでご相談がありまして、メールさせていただきました。叔母なんですが、虫歯治療後、のう胞ができ顎から垂れるような感じくらいに袋が膨れてしまい悩んでます。虫歯治療は、7月に行ったのですが、現在に至るまでのう胞が完治していません。のうほうの良い治療法、または、専門の医療機関がありました教えてください。当方で治療可能であれば、治療内容など教えてくせませんか?叔母は、かなり歯科への不信が募っており(上記歯科の対応などで)、信用できるところを探してます。よろしくお願い致します。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/10/26(金) 10:12<

院長から「ナシダ」さんへの回答

IVS(静脈内鎮静法)は何の治療をするかの治療指針でことなりますのでお近くの大学病院や病院の口腔外科等でお聞きになることをお勧めします。


PDのともみ - 2007/10/25(木) 14:59<
先生、お返事ありがとうございました。
お手数ですが、別にメールをさせていただきましたので
よろしくお願いします。

ひがしさまへ☆
一方的に書き込みしたのに、お心遣いありがとうございます!
赤ちゃん、無事に成長されているようで良かったです♪
そうですね、一緒に頑張りましょう!
いつかお会いできるといいですね。


ナシダ - 2007/10/25(木) 00:07<
保険適応で静脈内鎮静法は可能でしょうか?


ひがし - 2007/10/23(火) 23:03<
PDのともみさま
はじめまして♪PDのともみさんも妊婦さんなのですね!
私は今日、赤ちゃんの心音を確認してきました。
お互いに頑張りましょうね♪歯の治療ももちろん(笑)!
ともみさんも体調を崩されませんように・・


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/10/17(水) 07:46<

院長から「PDのともみ」さんへの回答

「PDのともみ」さん、妊娠おめでとうございます。
私は「PDのともみ」さんは、「お子様がいらっしゃるのかなぁ?」と想っておりましたところ、「ひがし」さんへの励ましのお言葉ありがとうございます。「ひがし」さんも、赤ちゃんを本当にだきたかった方です。
「PDのともみ」さんも季節の変化に充分、おからだに留意して下さいね。


PDのともみ - 2007/10/16(火) 08:52<
ご無沙汰しております。
下のひがしさんの書き込みを読ませていただき、私も頑張らなきゃと思い書き込むことにしました。

実は私も妊婦になりました。5ヶ月です。
歯の検診に行かなきゃと思っているのですが、
体調が不安定なことが多くて伺えずにいます。(色々ありまして)
とりあえず、もう少し体力をつけて、先生のところにもたどり着けるように頑張ろうと思います。

どうか、受診の際には、またよろしくお願いします。

いきなりですが
☆ひがしさん・・・ひがしさんの書き込みで私も書き込む勇気をいただきました。ありがとうございます。どうかお体気をつけてください。


ひがし - 2007/10/12(金) 23:16<
先生、ありがとうございます♪
体調が少し落ち着いたらまた伺わせて頂きますのでよろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/10/11(木) 11:39<

院長から「ひがし」さんへの回答2

オードリーヘップバーンは彼女は天国へ行くまで小さいアフリカの子供を救い続けます。彼女はヒトラーにより両親を失う浮浪児となってしまい、これに国連のユニセフが援助して、我々があこがれる「ローマの休日」「麗わしのサブリナ」「ティファニーで朝食を」「シャレード」「暗くなるまで待って」等数多くの作品で世界で一番美しい女性となります。
彼女の最後のことばに
「children----is there anything more important than a child?」というものがあります。
日本語訳するならば
「子どもよりいや一人の子供より大切な存在ってこの世にあるかしら?」ということになります。
本当に妊娠おめでとうございます。二人のコウノトリはやはりいたのですね。私も大変うれしく、又、スタッフもみんな喜んでくれていますよ!!


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/10/11(木) 11:36<

院長から「ひがし」さんへの回答1

今こそ咬み合せのバランスが最重要です。大切なお子さまに今から「ひがし」さんのおからだから胎児殿は40%程度のカルシウムを「ママになろうとしている東さん」からもらいうけて骨格、つまり外胚葉からつくりだします。妊娠7週では胎児は東さんの親指の爪ぐらいの大きさで頑張っています。すでに脳の形がしっかりあり、何と中胚葉である乳児もちゃんと最新式のエコーではうつりだします。次の産婦人科の担当医に妊娠8週の胎児の姿を見せてもらうと、また、感激と二人の喜びが倍増すると思います。4ヶ月ぐらいになると子宮が宇宙となりNASAが開発した宇宙遊泳をはじめています。何といとしく、何と尊い生命なのでしょうか!!


ひがし - 2007/10/09(火) 23:55<
こんばんは。お世話になっております。
今日病院に行って妊娠2ヶ月に入っていることがわかったのですが、
現在行なって頂いているかみ合わせ治療は、安定期に入ってから再開した方が良いのでしょうか?
ただ、今はつわりが始まっているようで、そちらに伺うことはしばらく難しそうではあるのですが・・


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/25(火) 08:31<

院長から「にわか雨」さんに再ご返事

人間は立ち止まる時間が、今まさに、地球という生き物から警告をされています。
私も人生に一度「にわか雨」さんのようにゆっくり一日が過ぎていく経験を一度でいいから待ちたいと思います。
「にわか雨」さんの時間の流れは人間が必要としているゆっくりしたリズムの流れです。しかし私のように、命の限界を宣言されると、「あれも、これも、やらなきゃいけない」というのが又、人間の生きざまだと思っております。
こちらこそご返事ありがとうございました。


にわか雨 - 2007/09/24(月) 20:27<
先生、色々近況報告や、もろもろをありがとう御座いました。
ただ、何がおっしゃりたいのか、今一つわかりません
先生は弾丸の様ですね。忙しく沢山の事をするのは
先生のご自由ですから、、、
沢山の、お返事をありがとうございました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:22<

院長から「にわか雨」さんへの回答6

この忙殺される毎日の中、「にわか雨」さんのご指摘の点が、あったのかどうかは、わかりませんが、私は小さい時から現在まで何も考えは、変っていないと思います。やはり、いくつくとこは「愛は知識の母であり、知恵とは経験の妹である」ということです。又、何かご指摘があればどんどん書き込んで下さい。これからも「にわか雨」さんの心も深く刻みながら一生懸命ご返事を続けていこうと思います。人生の終焉まで。ご返事が大変、長くなって申し訳ございません。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:20<

院長から「にわか雨」さんへの回答5

現在、9月30日(日)私の小さな小さな診療室の待合室で知的障害を不運にも持ってしまった方々に少しでも生活支援ができるお手伝いとして知的障害者支援チャリティーコンサートを待合室でやるための準備と、平塚市の介護保険の認定審査員をして、「何とこの日本国は野蛮な国だな」という思いが深くなっているのかとつくづく考え、落ちこんでいます。10年ほど前には、平塚市教育委員会委員長をしていた時、つまり平成8年より平成13年まで、平塚市の独持の教育再生の必要性を痛感し、全部の学校、図書館、博物館、美術館、各種スポーツ施設で働いている現場の役人や教師、そして学芸委員、司書さん、そして幼稚園の教諭、学校給食をつくって下さっている方々も直接お会いしなるべく多くの方々とお話を聞く機会に恵まれ、今の現状(平成8年当時)では、きっと、日本の教育再生や社会保障の向上等見込めないと危機感を抱き、小さな体にムチ打って頑張って教育再生そして社会保障の向上をと活動しましたが、私が退職したあと、だいぶ昔に引きもどされてきてしまっているような感じがします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:19<

院長から「にわか雨」さんへの回答4

私の人生は、とにかく、心の優しい人々、そして多くの友人、そして外国の友人に恵まれ、ここまで生きてきました。又、その恩師、同志、後輩達にも恩返しをいまだにしていません。私に残された時間ももうそれ程、長くはありません。しかし、私もくじけません。また一歩づつ歩き出しました。最近、極めて専門的なご質問も多く、人生の相談が圧倒的にふえてきました。私は、自分の小さな事務所で、その相談者の方々と毎日、夜遅くまで、お話をお聞きし、私は、私の57年間の生きざまをふりかえりながら、「私は・・・・思うのですが、何か、これからの人生で少しでもお役に立てれば幸いです。」と何かむなしく話が終る事が続きます。ご相談している方々の眼に涙がうかび、私もポロポロと涙を落としながら、自分が話している姿を客観的にみると、まだ未熟者だと、最近つくづく感じます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:18<

院長から「にわか雨」さんへの回答3

私も57才です。来年の3月には58才を迎えます。ぼくにも何かやり残したことがある。心療歯科もその一つですし、障害者の支援活動も、まだまだ中途半端だし、世界の恵まれない飢餓状態におかれている小さな子供たちを救う、ユニセフの活動も中途半端、そして、平塚市つまりわが町の地域活性化支援もまだまだ、本で言えば前文を読んだところぐらいでしょうか、そして我家の子供たち、娘2人ですが、姉はまだ大学2年生、妹は、高校3年生で、遅ればせながらも彼女なりに頑張って生きています。その妻をはじめ、家族もまともに守ってきてはいません。それもこれからです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:16<

院長から「にわか雨」さんへの回答2

その要望書には、自分の字で却下と記され、市役所の計画が、その要望書を無視するかたちで進行していました。自分が最後にやる役人としての仕事は、この要望書に書いてある母親達の心が手にとるようにわかり現在進行中であった役所の工事を最後の力をふりしぼって、止めてゆく行動をとり、さまざまな、難関を何とかして、くぐりぬけ、小さな赤ちゃんを持つ母親達の小さな、そして大きな願いである、幼児用、子供用の公園を完成すると、ある雪の日、その実現できた公園のブランコに自分がのりブランコをこぎだします。それは、私には、人生そして生涯そのものだと心に刻みました。ブランコは、「うしろ」にいったり、「まえ」にいったりまるでメトロノームがリズムをとるかのように動きます。その公園には、小雪が舞ってきました。そしてその役人が一つの唄をつぶやくように歌い出します。それが、作詞吉井勇 作曲中山晋平の名曲「ゴンドラの唄」でした。当時この唄は松井須磨子さんが、歌って陰のヒット曲となっていました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/23(日) 11:14<

院長から「にわか雨」さんへの回答1

私にも怖い質問や投書が私の棚や机に何千通も山のように積まれています。しかし、私は黒沢明監督の「生きる」という映画の中の、市役所の退職が間近かとなった初老の男(役者は故志村喬)が自分が癌であると医者に通告され、心が落ちこみ、しかし、自分の死の前に何かやり残した(市役所の課長として)事が何かないのか自問自答したあげく、課長の裏側の書類棚の中を一つ一つあらためて、調査し、彼は、あまりの要望書の量に圧倒され、それを一つ一つこつこつと解決そして妥協、そして決裂した自分の生涯の終章を想いつつ、もう一度、一つの要望書から目を通してゆきます。何百、何千とある要望書の中に一つ気にかかる要望書をついに見つけ出します。


にわか雨 - 2007/09/23(日) 00:32<

怖いです。

先生の回答が以前と違うような気がします。
とても、難しい事を並べて、、、、文章態が違います
優しさとか、思いやりとか、少しの勇気を出して下さいと
とても、心身になって下さって
歯科恐怖症の人は、たぶん今の回答は怖い感じがすると思います。心療歯科ではなく一般の歯医者さんと感じます
坂本先生が直接回答をなさってないのですか?

回答を、ご親切になさっておられるのは感謝ですが、、、
書き込まずに見ているだけの、歯科恐怖症もいます。
あまり、優しさは伝わりません

こんな書き込みをして、大変失礼致しました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/21(金) 07:41<

院長から「あや」さんへの回答

9月14日に回答してありますが、再度回答申し上げます。

歯の麻酔と気管支喘息を直接結びつけるのには、無理があります。上の前歯が植立している、骨は、とてもやわらかく海綿骨でできているので上の歯肉に麻酔を注射すると、まれに浮腫ができ、まぶたまで一時的に腫れることがありますが、すぐ、抗生物質を服用し、こわされた組織を通常の状態にしてれば、一週間程度かかります。私も「あや」さんと同じ悩みを持った若い男性が来院なさいましたが、何か歯の痛みと喘息をおこす因子が関係していると思います。


あや - 2007/09/21(金) 03:51<

喘息

私のかかり付けで、前歯の虫歯で神経とる時にあきらかに普通の歯の治療より多めに歯茎に麻酔して、鼻の感覚が一日鈍って、それが引き金で、息苦しくなり、呼吸器内科に行くと、密かに持ってた喘息を発症してしまいました。あれから怖くて歯医者に行く気がしません。虫歯はホントに治したいんですが、あたしは、ど〜したらいいで


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/16(日) 11:45<

院長から「ゆー」さんへの回答

どうぞ、落ち着かれたらご来院下さい。


ゆー - 2007/09/15(土) 18:03<
回答ありがとうございます。
来週から学校が始まるので、学校の方が落ち着いたらそちらに行きたいと思います。
そのときはよろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/14(金) 09:26<

院長から「ゆー」さんへの回答

「ゆー」さん、口腔内の麻酔で無痛なものは、ありません。その担当医のテクニック(手技)によります。とにかく、ゆっくり、ゆっくり麻酔剤を口腔粘膜に浸潤させるように注射すれば、ほとんど軽い痛みで麻酔は終り、無痛治療に入れます。ご安心下さい。もし、当医院にご来院できたら、院長坂本が担当させて頂きます。


ゆー - 2007/09/14(金) 09:19<
私は幼い頃の歯医者の麻酔が痛かったという記憶が今もあり、次は麻酔をすると言われると歯医者に行かなくなってしまい、虫歯が悪化してます。歯医者に行くには行けるので、麻酔を無痛でやってほしいです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/14(金) 09:18<

院長から「あやさんへの回答

歯の麻酔と気管支喘息を直接結びつけるのには、無理があります。上の前歯が植立している、骨は、とてもやわらかく海綿骨でできているので上の歯肉に麻酔を注射すると、まれに浮腫ができ、まぶたまで一時的に腫れることがありますが、すぐ、抗生物質を服用し、こわされた組織を通常の状態にしてれば、一週間程度かかります。私も「あや」さんと同じ悩みを持った若い男性が来院なさいましたが、何か歯の痛みと喘息をおこす因子が関係していると思います。


あや - 2007/09/14(金) 09:07<

喘息

私のかかり付けで、前歯の虫歯で神経とる時にあきらかに普通の歯の治療より多めに歯茎に麻酔して、鼻の感覚が一日鈍って、それが引き金で、息苦しくなり、呼吸器内科に行くと、密かに持ってた喘息を発症してしまいました。あれから怖くて歯医者に行く気がしません。虫歯はホントに治したいんですが、あたしは、ど〜したらいいでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/14(金) 09:04<

院長から「かくかく」さんへの回答

マウスピースとは、顎関節症候群の治療の過程で、使用するもので、マウスピースを夜間していないと、益々症状が悪化します。まずその点をご理解下さい。本来の顎関節症候群の治療とは歯の上下左右の咬み合せをミクロン単位で調節してあげないと、症状が改善しません。
当医院はその治療をしております。ご参考になりましたら幸甚でございます。


かくかく <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/06(木) 20:19<

顎がカクン、ゴリッ、口も開きません

3ヶ月前から歯科で噛み合わせの治療を受けています。週に一度微調整をしています。5千円も出してマウスピースを作ったのに症状は前より酷くなり、左側だけだったのに今では右側も鳴り始めて...朝、あくびをするとゴキッ、ご飯を食べたくても2p程しか開かず、耳の下辺りをマッサージしながらゴリゴリ鳴らしながら一口ずつ食べています。このまま使っていればいつか良くなるんでしょうか?それとも使うのを止めたほうがいいのでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/09/06(木) 11:06<

院長から「うた」さんへの回答

診察をしていませんので、はっきりした回答ができません。「うた」さんのご都合の良い時にご予約の上、ご来院下さい。


うた - 2007/09/03(月) 13:39<

急な歯茎の痛みに困っています

初めて書き込みます
2ヶ月ほど前から突然発作のように歯茎が痛むことがあり困っています。最初は食事中などに起こる事が多かったので、何か固いものでも間違って噛んだか、と思っていたのですが ここのところ、何もしていない状態でも当然痛み出します。歯科で治療済みの虫歯の銀のかぶせ物の中が虫歯になっているかも といわれ、処置しなおしていただいたのですが改善されません。5分ほどで収まるのですが原因がわかるようでしたら教えてください。
この発作が起こると耳の下が割れるように痛くなることにも大変困っています。宜しくお願いいたします


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/24(金) 08:50<

院長から「ひろ」さんへの回答の続き

ですからこの細菌が好気性菌であり炎症をおこしているのか嫌気性菌でおこしているのかの、診断力で全く違う治療方法をとります。好気性菌なら空気にふれささないようしっかり封鎖をし、消毒を数回くりかえせばいいし、嫌気性菌というしつこい細菌なら、空気に間接的にふれる処置をします。その場合とてもしつこい細菌なので通常3日〜4日分抗生剤を服用してもらいます。そうすると痛みは徐々にとれ苦痛から開放されます。あまり悩むことなくどうぞセカンドオピニヨンとして、私が診断し治療させて頂きます。どうぞお気軽にご来院下さい。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/24(金) 08:49<

院長から「ひろ」さんへの回答

仮詰めという「ひろ」さんの表現がちょっと抽象的なので、推測にとどまりますが、歯根管の治療これを通常根管治療と言います。歯肉療法とも言います。この治療の目的は口腔内の常在細菌である好気性菌か嫌気性菌が何かの理由で浸入し、歯髄(通常、歯の神経)が炎症をおこし、歯髄炎か歯根膜炎になっていると診断し、歯根の壁を手動のドリルのようなもので感染した象牙質をまずとり歯根管内を消毒し、滅菌処置を何度かくりかえし、根管内を無菌状態にする治療です。


ひろ - 2007/08/24(金) 08:23<

仮のつめもの

歯の痛みで 歯医者に通っています。一年前から通っていて 治療などは大丈夫だったのですが、このあいだ 根の治療中の仮詰めのセメントみたいなものを 歯につまらせてしまい とても嫌な思いをして それから すこしでも 圧迫感や詰まった感じがあると どうにも 気持ちが落ち着かず ここ 2週間 泣いてばかりで きもちも落ち着かないじょうたいです‥。まだまだ治療途中の歯があるので これから 歯医者にいくと また詰まった感じや 圧迫感ががまんできるか しんぱいです‥。仮詰めの間だけなのに がまんできず 気持ちがまいっています‥。今まで 大丈夫だったのに‥。仮詰めは必ずしないと だめなのでしょうか?だめですよね‥。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/24(金) 08:22<

院長から「とも」さんへの回答

どうぞご気軽にご来院下さい。
当医院、院長自身が、本物の頭蓋骨を使用して、ヒト(人間)の口腔機能がどうなってるかを、まずご説明し、顎関節症候群がなぜおこってしまうかを重ねてご説明して、顎変形をおこしていると推測される、「とも」さんのまず首の凝りをとり、頚部を後屈させる時の音をなくしましょう。あまり一人で悩まないで、少しの元気をもって私、坂本の顔をまずじっくりと見て下さい。


とも - 2007/08/24(金) 08:10<

顎関節

私の下顎は口を閉じた状態で横にずれており、口を大きく開けると左側の額関節がカクカクと音がなり、時々痛みがあります。以前鶴見区にある歯科にかかっていました。その時に顎関節症と診断され、マウスピースのようなものを渡されました。しかし、これといった解決方法はないと言われた挙句、顎関節症と下顎のズレは無関係のようなことも言われました。顎のズレを治すのは美容整形になるとも言っていました。マウスピースをつけてもあまり改善されないので、そこへはもう行っていません。
もう何年も首の凝りが続いており、首を後ろに倒すとコキっと音がします。(常時そのような状態です)
いったいどこで診てもらうのがよいのでしょうか。
また、こちらでも診ていただけるのでしょうか。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/24(金) 08:02<

院長から「さんこん」さんへの回答の続き

自分で自分を診断しないで客観的に「さんこん」さんと私、院長と「さんこん」さんのお口のレントゲン写真を見て頂ければまず、安心するし、希望することに希望と期待をもって頂けると思います。どうぞご気軽少しの勇気を出して当医院にご来院下さい。不安感というものトラウマというものは人間の一つの恐怖と脳が記憶した一つの表わし方です。どうぞ希望をもって下さいね。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/24(金) 07:53<

院長から「さんこん」さんへの回答

この恐みは、人間は皆同様にもつ不安です。まず人間は、自分の眼で直接、何をやっているのか、わからない口の中の作業はとても恐怖となります。自分の眼で見ていれば、けっこう治療中の少々の疼痛を耐えられます。この疼痛の感じる程度は、個性なので少し異なります。つまり痛みを感じるのも一人一人違うということです。このことを「疼痛域値」と言います。私たちの仲間に「ヒドイね・・・」と発言したのなら、私は変って、お詫びを申し上げます。通常、しっかりした、歯科医療教育を身につけていれば、そのような礼を失した「ことば」はでないはずなのですが?とにかく患者さん全員が、歯科恐怖症であるとも言えます。これも程度があります。


さんこん - 2007/08/21(火) 02:37<
初めてこのHPを知り、私と同じ悩みを持っておられる方が
たくさんいらっしゃるのだと驚きました。
私も歯医者恐怖症で、診療の前にはドキドキします。
痛みのあまりに以前に治療に行ったのですが、そこで「ヒドイね…」とか1言言われてしまうと、
胸がキュっと痛くなり、歯医者さんに足が向かなくなるのです。
こうして治療途中の歯が増え、口の中はボロボロです。
意を決して完全に治療したいのですが、今度はここまで放っておいた自分が恥ずかしく、またもや歯医者さんに足が向かなくなり悪循環に陥っています。
こんな弱い自分で本当にお恥ずかしいのですが、
私にも治療にお伺いできるでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 12:43<

院長から「あびびん」さんへの回答

当医院では、間違いなく「あびびん」さんの歯科治療は、必ずできます。過呼吸とは、人間は通常消費する酸素以上に酸素をとってしまうとおこります。通常、自律神経が機能を司どる甲状腺、副甲状腺の拮抗がうまくいかないと、恐怖心がでてきます。不安感ともいえます。過呼吸は通常50代以下そして10才以上の女性に、ほとんど症状として表われます。特に女性はその時期は、からだがデリケートになっているため自律神経の拮抗をとりにくくなります。そうすると、甲状腺や副甲状腺、副腎(ふくじん)の機能に変調がおこります。全く、これが内分泌科や歯科で治癒しない場合は、ヒトの大脳の中心下垂体に何が異常がおきたか下垂体の発達が幼児期に何らかの原因で止まったということになります。人間とは新生児が完成品なので、渋い骨董品になるには、なかなか大変な思いをします。これがうまく年をとる又は、素敵な老人、そしてすてきな人間の死をむかえる秘訣です。


あびびん - 2007/08/13(月) 12:41<

はじめまして

私は結婚前の歯科治療時に色々な要因があり過呼吸の発作などを起こしそれ以来完全な恐怖症となってしまいました(かれこれ20年弱だと思います)
その後出産をして子どもを歯科治療に連れて行くこともままならない状態でしたが(子どもの通院は可能な限り主人に頼んでいました)子どもたちも大きくなり、なんとか待合室に入るくらいは大丈夫になりました。でも多少の動悸はありますし、治療室に呼ばれていくときには深呼吸をして、意を決して入りますが出てくると軽い貧血状態で先生の話もあまり覚えていない状態です。

子どものことでこれですからいざ自分の治療となると・・・・・
放置しすぎてひどい状態なのが恥ずかしいのと(以前はそのことで医師に暴言を吐かれたのも恐怖の原因のひとつです)治療費などを考えると足が遠のいているのです。
歯が大事なのは理解していますが「自分が我慢すればいいか」という考えに陥ってしまいます。

こんな私でも治療できるようになるのでしょうか・・・・


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 12:40<

院長から「歯医者通」さんへの回答の続き4

これは、全く日本政府の厚労省や厚労省が監督官庁である、現在の健康保険制度では無理なのは、厚労省、自体が深く熟知してあります。私の行なっている自律神経を拮抗させる咬み方にするには、ヨーロッパ社会では、日本円で1回だけで35万円程度かかります。それを私は、貧困国である日本国において1回3500円としています。私は、「歯医者通」さんの発言なさっていることは、全く的をはずしていると思います。掲示板に筆をとるとき、もっと、もっと、勉強してぜひ、ペンネームを「歯医者通」として下さい。たぶん「歯医者通り」と大きく勘違いをしていらっしゃると考えます。私の咬み合せのバランスをとる理論を深く理解なされ、それを人の持つ知識とされる思いがあるのなら、私が「歯医者」として「歯医者通」さんに、詳しくご説明し、理解できるまで教育させて頂きましょう。もっと人というものを深く、深く勉学なさったらどうでしょうか!!それが知識となれば「歯医者通りさん」から本当の「歯医者通」となれるはずです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 12:38<

院長から「歯医者通」さんへの回答の続き3

ですから、たとえて言うなら、上の歯の小臼歯から奥の歯の役目をすりこぎ棒にして下の奥歯の小臼歯から後方の歯の型態を臼に人の口腔内で直接してさしあげる治療。これこそ、天才ギシエの咬合論です。これは今のフランス共和国で直接学ばないと、犬歯誘導の理論(centric occlusion)など理解できないし、それを人の口の中でやるという神技にも近いことは、できません。アメリカ合衆国:UCLAのピーケートーマスの理論(point centric occlusion)は理想は理想ですが人間にとっては理想論といういう事になってしまいます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 12:36<

院長から「歯医者通」さんへの回答の続き2

人間が二本の足で何か活動するときに必須な筋肉と同じ筋肉を使用し、そして、口腔機能のすべて、つまり、食事をすること、あくび、そして口笛を吹くこと、飲水をするとき、そして笑ったり、ないたりすること、楽器を吹くとき、頭を一定の位置に安定させることに使用する筋肉と全く同じ筋肉を使用します。犬歯が咬み合せの時、誘導歯とならない時は、第1小臼歯、第2小臼歯を使用します。この治療を行なっていけば、自律神経でおこる病気には、なりません。人間とは自律神経が拮抗できなくなると、病気と名づけた症状を呈します。私の行なっている、治療方針は、その自律神経を何とか拮抗しつづけるように、口腔機能を人間の持つ脳というものに習慣づける作業、これを咬み合せのバランスをとるといいます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 12:35<

院長から「歯医者通」さんへの回答の続き1

私どものおこなっている咬み合せ外来とは、28本すべてに一つ一つの歯に役目が与えられているのでその一つ一つの歯、、つまり28本(上下)の歯が自律神経の機能を阻害しているか、いないか、診断し2/1000mm=2μ(ミクロン)の歯についた塗料のついた部位が、フランス共和国の故ギシエ博士の犬歯誘導(Cuspid protected occlusion)しているかをチェックし、上の歯は、義歯、ブリッジ、天然歯欠損している場所すべては頭蓋骨の一部である海綿骨に植立し、また、その間には歯根膜(コラーゲンの線維)で海綿骨の中にしっかりと植立されています。つまり、上の歯というものは、動かない(30μ以上)ということです。下の顎を3次元の世界で左右上下で移動させています。その下顎骨の左右にある下顎骨頭と下顎枝が7つの筋肉でつられています。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/13(月) 10:46<

院長から「歯医者通」さんへの回答

噛み合わせの治療について
日本政府の厚労省保険局の指針による保険制度上での噛み合わせの治療とは、お口の中のすべての歯の最終の補綴物つまり、差し歯とか冠とかインレーとか光で合成させ及び完全硬化する充填材使用し充填処置が終った後、上下前歯の咬み合わせの接触のしかたと、左右上下の犬歯から第二大臼歯(まれに智歯を含む)までの接触、つまり上下の咬み合わせの垂直的、水平的関係が治療前と同じ位置にもどすことしかできません。そもそも日本の厚労省という役所は、口腔の機能改善についての知識は、全くありません、残念ながら多くの日本の歯科医師(診療所から大学病院の担当医)も理解していません。ですから、顎関節症が、多発したり、咬合性外傷による歯周病が原因で、いまだに抜歯を続けている状況です。


歯医者通 - 2007/08/11(土) 08:02<
この歯医者、何にも分かっちゃいないが金儲けだけは上手!噛み合わせの治療は保険できるはずだ!汚ねーぞ!!!


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/06(月) 08:27<

院長から「なおたろう」さんへの回答

「なおたろう」さんへ、それは充分あると思います。強いストレスを人間が受けると、アドレナリンが体内に多量に流出され、毛細血管を細くし、体内体温が下ります。その結果、心拍数が増加し、脳血管に血液が普段以上に多くなり、脳細胞が、活発には、なりますが、お口の中の毛細血管がきわめて細いため歯肉が腫れ、歯周病となり、又、虫歯菌を防御している唾液が極端に減少しますので、むし歯と歯周病が同時に症状として出現します。


なおたろう - 2007/08/04(土) 21:07<
ここ最近で急激に虫歯の数が増えました。異常な数です。なんかストレスと関係あるのでしょうか??虫歯が増えたのもストレスがたまり始めたときで・・・


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/08/03(金) 08:26<

院長から「ともん」さんへの回答

前歯6本(上、下)は、最近は、保険診療の適用の天然歯に似た、人工歯が使用できるようになりました。国民の皆様、とくに私も政府の怠慢と強権で、生活が苦しくなっています。どうか金額を念頭におかず、まず「ともん」さんの、お口の中の機能改善に努めましょう。
ご気軽に、ご来院下さい。私、院長が、治療方針を「ともん」様といっしょに決めさせて頂きます。


ともん - 2007/08/01(水) 18:22<
私は大変銀歯が多くて気にしてます。奥の歯ならまだしも、前歯2本から横3本目の歯、つまり笑うとギリギリ見える歯も銀です・・・。プラスチックはやはり高いですよね??


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/29(日) 10:02<

院長から「すすむ」さんへの回答

「すすむ」様の口腔状況を私、自身、把握しないと何ともお答えのしかたすらわかりません。しかし、あまり悲観しなくても大丈夫ということは、言えます。何せ、歯科治療もすごい速度で進化していますから。


すすむ - 2007/07/26(木) 12:56<

治療等について

私は歯がぼろぼろでなんとか食べれてますが…仕事が客商売なんで治療中に歯がすかすかになってしまうと余計に笑えなくなってしまうし、喋りづらくなるのが嫌でなかなか治療が受けられずにいます。治療中にばれずになんとかなる方法ないですか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/21(土) 09:57<

院長から「あいちゃん」さんへの回答の続き

そうすると人間は、あらゆる活動ができる、準備を自然とします。又、夜、就寝前になると上述したように副交感神経が活躍し、脈拍をゆっくりとし、毛細血管を拡張させ血圧を下げ、心臓の心拍数が少なくなり、自律神経でコントロールされている以外は体を活発にさせなくし、心が落ちつき、ねむけをもよおし、そして睡眠に入るわけです。
次に嘔吐反射ですが、新生児は生れながらにして嘔吐反射を持ってこの世に誕生はしません。ですから、何かの恐怖が頭の中へ入ると、その一つの表わし方に嘔吐反射があると考えて下さい。一つの恐怖が脳へ入りこむと、脳は絶対に記憶してしまいます。しかし脳は恐怖に少々ですが適応していきます。あせらず、ゆっくりと、笑気麻酔鎮静法等で脳を少しでもリラックスしてあげると、徐々にですが脳はその恐怖に適応をはじめます。早い遅いは脳の個性ですから、頭脳明晰ということとは全く関係ありません。どうか、「あいちゃん」の話をつまり患者さんの話を、よく聞いてくれる歯医者さんをまず、町のうわさで知るしか、今は良い手段がないのが現状です。これは、お医者さんも、弁護士さんも国会議員も官僚も同じです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/21(土) 09:54<

院長から「あいちゃん」さんへの回答

まず、「あいちゃん」さんに、思い違いの部分を申しますと、まず1つには自律神経失調症という正式な医学的病名はありません。人間というのは、ありとあらゆる臓器を自律神経で、働かせます。例えば、交感神経と副交感神経は、毎日の生活を大きく支配します。仕事や悩みや、過労となると交感神経が活発になり、心拍数があがり、脈拍が上り発汗し、そして血圧をおしあげ、血糖も上ります。ですから人間が朝、目をさめさすことの働きを交感神経が活発になってアドレナリンという物質を出します。


京子 - 2007/07/09(月) 22:16<
院長先生、今日は本当にありがとうございました。実は今朝腹痛がおさまらず、行くのは無理かなと悩んだのですが、行って先生にお会いできて本当に良かったです。親身になってお言葉をかけていただき、悩みを理解してくださる事で心強く安心できました。これから無理せず焦らずにがんばって行こうと思います。それと本とお写真ありがとうございました。すごく嬉しかったです。また23日に伺いますのでよろしくお願いします。


あいちゃん - 2007/07/08(日) 16:09<

嘔吐恐怖

はじめまして。
小さい頃から自律神経失調症で胃腸が弱く、嘔吐反射がとても強く今では歯磨きで奥歯を磨くだけでも嘔吐反射があり、うまく磨けません。
実家近くの歯科に行っていましたが、今は結婚して電車で40分のところに
離れてしまったのですが、小さい頃から神経が弱く前歯の上下計8本は
神経を抜いてまだ治療中なのですが怖くて全然通えていません。
なぜなら口の中を触られるだけで嘔吐反射があるからです。

奥歯も型どりして治療中なのですが、通えずに居ます。
その通っていた歯科の先生にはもう口中虫歯で早く治療しなきゃと言われているのですが、嘔吐反射のせいで通えません。

笑気ガスなどはまだ経験した事はありません。
こんな私でも大丈夫なのでしょうか。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/08(日) 13:08<

院長から「急性歯根膜\」さんへの回答

そろそろ「羊化」された日本人も「おこる」ということを、おもいだしても良い頃なのにね!
「急性歯根膜\」さんの助言に私も同感ですが、私は、今、地球のCEOになるため、毎日、毎日、命がけで頑張っています。太平洋に漂流中のちっちゃな、ちっちゃな、虫メガネでも、見えない島国根性の全くぬけてない離島である、我日本国のCEOになるひまは、ありません。
\とは「ひつじ」だもんね。「急性歯根膜\」さん!するどい世界歴史家にいつなったの〜?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/05(木) 12:59<

院長から「弱い男」さんへの回答

まず、今の日本国の検証からはじめます。
政府の要人とされる人達及び一部の高級官僚、そしてイラク派遣中の自衛隊の方々、衆参国会議員を除けば、年金生活のかたから、ネットカフェ難民と呼ばれている方々まで、生活保護ももらえず、非課税所得者、そして高齢の生活保護者、介護保険をうけてる方、あらゆる病院に入院している方、障害者自立支援法をうけている方々等、ありとあらゆる方が、生活破たん寸前のところまで追いつめられています。もちろん、保険診療をまじめに行なっている白衣を着る人々(私を含む)も含まれます。ですから職をもらっているだけでも日本社会の中では、幸運な方ですが、そのサラリーマンの若い方々ももう疲れ切っているし、パート、派遣社員の人々ももうあぶないところまできています。日本国にお金がないのです。ですからお金のことは、考えないで、一度、私に診察させて頂きたいと思います。まず、私の顔と目をみてそして二人で診療のやり方とペースとだんどりを考えてみましょう。そこから少し恐怖に適応するようになり、人間は恐怖をすこしづつ感じなくなるものです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/05(木) 10:43<

院長から「京子」さんへの回答

来週9日、お待ちしております。どうぞ、お気軽にご来院下さい。


京子 - 2007/07/04(水) 22:57<
院長先生初めまして、私は歯医者恐怖症で、緊張するとトイレが近くなってしまう、過敏性腸症候群と頻尿で、昔から歯医者、美容院、急行の電車等、拘束される場所が苦手で、常にトイレに行きたくなったらどうしようと思ってしまいます。
実は先日初めて坂本歯科さんに、勇気を振り絞って治療しに行かせていただきました。スタッフの皆さんにとても優しく接していただいたんですが、あまりの緊張と恥ずかしさから、自分の悩み事が言えず、帰宅してからまた行くのが、怖くなってしまいました。そんな中、掲示板を見てたら、同じ様な悩みを抱えている方に、院長先生が温かいお言葉をかけているのを見て、不安な気持ちがスーッと消えて勇気が出ました。来週の9日に予約を入れさせていただきました。ちょっとまだ緊張してますが、院長先生宜しくお願いします。


急性歯根膜¥ - 2007/07/03(火) 12:12<

急性歯根膜¥から「院長」殿への助言

募金して上げたいのは山々ですが、アホな政治家に牛耳られて雀の涙程度の給与から散々税金を吸い取る今の日本の現実では、ちょっと厳しいです!!院長、ぜひ日本のCEO的な立場に立ってこの現実を変えて頂ければ、募金しますよ(笑)


弱い男 - 2007/07/02(月) 00:13<

どうしようもない歯で困って困って

とにかく、歯に対しての恐怖心が拭えず、予約不要の歯医者さんに行こうと思って前まで行くのに、帰ってきてしまうことの繰り返しで、現在、ある理由で無職な為、料金も痛みも全て恐怖でまた歯医者さんに行くのが先になってしまいそうです。小さい頃から、歯医者さんは嫌いで、「今日はどこ抜こうか?」といった冗談を言う
歯科医に恐怖心を抱かされたり、最後に通ったのが8年前で、保険治療でやってやってんだからと行くたびに言われ、痛みも恐いし、先生も恐い、器具でぐりぐりやられるのも全て嫌で、逃げ続けてしまってます。削るときに麻酔をしてくれる歯医者さんが主でしょうが、歯石取りやら、穴の開いた歯を器具で弄られる時の痛みも恐ろしく、どうしたらいいんだろう・・・と思っていたときに、診療歯科の文字に出会いました。幸い、すごく遠い場所に住んでいる訳ではないのですが、治療費のこともあり、伺うのは相当後になってしまいそうですが、いつか先生のお世話になってみようと思ってます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/07/01(日) 10:28<

院長から「急性歯根膜\」さんへの回答

とにかく文芸春秋社から二人で考えた本を出版していたら、お互いに、もっとゆっくりな時間をもてたのに、私は痛恨の極みであります。あ〜あ〜!
坂本歯科医院へぜひ今一度、募金して下さることを、切にお願い申し上げます。


急性歯根膜¥ - 2007/06/30(土) 13:08<

何年ぶりかの登場!

いやー仕事が忙しくて、歯医者に行けないよー!!間があいちゃうと初診になるし・・・。子供たちの虫歯も心配だし・・・。と、休出して会社から書き込んでいます。院長!!そのうち行くのでよろしく!!


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/29(金) 09:51<

院長から「えり」さんへの回答

当医院の掲示板を見ていただくとよくご理解されていると思いますが、人間は、先天的に嘔吐反射をもって生まれてくることは、絶対にありません。「みみさん」の回答でも申し上げましたが、嘔吐反射は、恐怖心の一つの表わし方であり、あまり悲観しないで下さい。とにかくご自分でお口の中を悪い方へと悪い方へと診断しない事です。お口の中の診断と治療は、歯科医師の仕事であります。人間は前向きに歩むことです。そして前向きに考えて下さい。きっと、きっと、「えりさん」の暗い道に光がさしてきます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/29(金) 09:50<

院長から「あきこママ」さんへの回答

残念でたまりません。何とか覚醒することをご祈念するばかりです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/29(金) 09:49<

院長から「りか」さんへの回答

上顎の歯の根の先は、極めて副鼻腔下壁に近く、下壁といっても膜のようなものなので、もし、急性の副鼻腔を起こしていたら、耳鼻科と歯科の病診連携がとても大切になる一つのケースだと思われます。病院の耳鼻科へ受診され、歯性の副鼻腔炎か鼻性の副鼻腔炎か、歯科医師と耳鼻科の医師が、お互いに協力しあい、お互いに情報を提供しあい、両者の診断が必要だと思います。



院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/29(金) 08:27<

院長から「みみ」さんへの回答

嘔吐反射とは、咽頭反射の強い人や消化器の弱い人によく見られ、歯科診療時にたびたびみられる嘔吐反射の多くは、恐怖心の表わし方の一つと考えて下さい。出生時から嘔吐反射をもって新生児は生まれてきません。乳幼児、1才児や1才6ヶ月健診や就学児健診なので内科の先生や耳鼻咽喉科の先生が咽頭扁頭あたりの腫れや発赤を診断するために、舌圧子で舌を押さえることは小さいお子さんは予期しませんのでその時、舌をかなり強く押さえられる事により、のどを見るのになぜ舌を押さえられるのかわからなく被健診児はその時から自分自身で見えないお口の中で何かされる事に強い恐怖心をもちその結果恐怖心の一つの表わし方としてお口の中でなにかやる事に嘔吐反射をおこすことは多々あります。つまり嘔吐反射は恐怖心の表わし方の一つなのです。
土台の型をとるとのことですが小さい型をとる器具を使用するか、大きな器具を使用するかは、お口の中を拝見してみないとわかりません。「みみさん」が担当医へ小さい型の器具を使用してもらうようおたのみになってみたらいかがでしょうか。


えり - 2007/06/26(火) 13:40<
はじめまして!私はとても歯医者が恐いです。
麻酔をすると嘔吐してしまい顔面蒼白になります。痛みに対しても強い恐怖心があります。なので何年も歯医者に行っていません。虫歯が悪化してしまいました。でもやっぱり恐いです。


あきこママ - 2007/06/24(日) 11:55<

抜歯後の脳炎?での回答の件

6月3日のお答えありがとうございました。後でわかったことですが、抜歯と脳症状は無関係だったとのことでした。脳腫瘍による症状で、我慢していて発見が遅れ、手術したものの覚醒していないと、悲しい連絡がありました。


りか - 2007/06/20(水) 19:47<
はじめまして。今、右上の奥から3番目の再根管治療中なのですが
左上も痛くなり診てもらったところ叩いてもレントゲンを診てもどの歯が痛んでるのか判断できないようなのです。もしかしたら
鼻からきているのかもといわれました。今年になってから神経のない上の歯が次々と痛み出し今は3箇所目を治療中です。鼻炎の症状は今は時々鼻がつまる位です。副鼻腔炎で歯が痛くなる事もあるそうですが、こんなに次々と歯が痛くなるのと関係があるのでしょうか?今、治療中の歯は3回目の治療を終えたばかりですが、まだ痛みがひきません。宜しくお願いします。


みみ - 2007/06/20(水) 09:19<

嘔吐反射(印象時)

はじめてメールさせていただきます。歯を削ったりするのは平気なのですが、型をとる時に嘔吐反射が出てしまいます。現在歯の根の治療中でして、次回土台の型をとると思われますが、土台の型をとる時もあの大きな型で上下ともとるのでしょうか?考えただけでおえっとなってしまいます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/18(月) 09:48<

院長から「きなこ」さんへの回答

今のところ、再生治療といっても、急に抜けた歯が萌えてきたり、また、抜歯した直後に新しい歯が生まれてくるのではありません。
再生治療とは、今までの医学では抜歯しなくてはいけない場合、その抜歯予定の歯を治療し、きれいな歯の根を完全にお掃除してそのあとに骨造成をうながす安全な薬液と骨と同時化学成をもつペースト性の人工骨をうめていって、そしてしばらくすると歯の根のまわりにりっぱな骨ができて、治療前よりも、植立がしっかりして歯として機能できるようにするのが、歯科でいう再生治療です。
だれでも適応症とはならず、お口の中の全般を精査して再生医療ができるかできないかを診断し患者様に詳細に説明することを言います。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/18(月) 09:30<

院長から「おはん」さんへの回答

やはり歯根の病巣は1日や2日でできてしまうものではありません。6ヶ月、1年、3年、5年等、期間は、特定できませんけど、徐々に徐々に初期のうちは、無痛状態で病巣が大きくなっていきます。腫れて膿がでるころになると、慢性病巣が急性症状に変化し、切開して一次、膿を出し、それから本格的な治療になります。
「ローマは一日して成らず」と同様でただちに慢性化した病巣は絶対に完全治癒しないので、ある程度期間がかかるのはやむ得ないと思います。


おはん - 2007/06/17(日) 19:42<
こんにちわ。早速ですが自分の歯について質問があります。
先日、奥歯が欠け、歯医者に行ったのですが、そのときにレントゲンを撮って頂いて、欠けた歯とは別に左下の奥歯の根に病巣があると言われました。確かにその歯の根の部分には黒い影が映っていました。数年前に腫れたのですが、今は全く痛みすらありませんでしたのでビックリしました。先生に歯茎を切開して膿を出し、消毒するけど、どうしてもダメなら抜歯すると言われました。そこで質問なんですが、この治療は基本的に一度では終わらないんですか?歯茎を切開すると言う言葉で恐怖心がものすごいのですが、やはりそれなりに痛いのでしょうか?個人的な質問で申し訳ないのですがお願いいたします。


きなこ - 2007/06/15(金) 23:57<

ずっと‥

初めまして、こんばんは。
この前、テレビで再生治療のことを知りました。
何回も通わなくてはならない歯医者に、いつも近所でさえ5回くらいで、挫折してしまいます。
そんな私を今度こそ、歯医者に行きたいと思わせてくれました。
しかし、知識が無いために、私の場合、先生からまた長い目でみないと‥と言われると行かなくなりそうで‥
現状は、奥歯上下とも3本は神経も抜いています。完全に無いに等しく、微妙に残っている歯が当たって逆に痛いくらいです。
3年くらいそのまま放置している状態です。
鏡で軽く見ても他に虫歯はたくさんあるようにみえます。
私はチェーンスモカーなので、ヤニもすごいです。
歯が無いところで噛もうとすると、歯茎に当たるようで、激痛が走ります。
いい加減きちんと物を噛めるようになりたいと本気で思うようになりました。
こんな私でも治療して頂けますでしょうか。。。
また、再生治療というものはこの状況では出来ないものなのでしょうか?
宜しくお願い致します。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/15(金) 09:17<

院長から「ヤス」さんへの回答

当医院では、「ヤス」様の症状と全く一致する患者様の通院中、完治は、1000件を越えました。
これは人間の脳の機能、恐怖という経験そして、カフカの心理学とユングの心理学そしてフロイトそしてギリシャ神話、ローマ神話そして脳の解剖学そして脳神経12対の役割とその走行、そして、嘔吐反射とは、恐怖という人間の脳が経験したソフトその表わし方の多くの中の一つなのです。ぜひ私を話と顔をみにきて下さい。少々時間(期間)がかかりますが「ヤス」様のお口の中の機能は見事に改善します。


ヤス - 2007/06/10(日) 00:02<

嘔吐反射

お忙しいところ相談させていただきます。私は嘔吐反射が激しすぎて治療ができません。中学生の時、あまりに嘔吐反射が激しすぎて治療にならず先生に他の患者さんの前で怒鳴られ帰らされてしまいました。他の歯医者に行っても治療にならず君は異常だと言われてしまいました。前歯の治療でさえ嘔吐反射がでてしまうのです。近所の歯医者に相談メールを送ったのですが返事もありません。静脈内鎮静法をうりにしている歯医者だったんですが…。やっぱりめんどうな患者なんでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/05(火) 09:34<

院長から「カナ」さんへの回答

どうぞ、少しの勇気が出たら、私の顔を見に来て下さい。そして「カナ」様と私と二人で「カナ」様の治療計画を立てていきましょう。治療計画に患者様を中心として立てるのを、お手つだいするのが、本来の歯科医師の責務だと、私は歯科医師になった時からの私の信条です。


カナ - 2007/06/04(月) 21:10<

ありがとうございます

先生のおっしゃる通りです…
勝手に私自身で判断しておりました。
こんな答えにくい質問にもご丁寧に回答頂きありがとうございました。
意を決して今月中に予約させて頂きます。
その際はどうぞよろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/06/04(月) 09:38<

院長から「カナ」さんへの回答

残念ですが相当な本数と言っても、各個人の「相当な」という表現が全く異なること、ご自分でご自分のお口の中の状態を診断しておられますが、それは、とっても危険な行為です。やはり、少しの勇気を出して、ご来院頂ければ、レントゲン写真1枚でお口の中の状態はおおむね診断はできます(軟組織、つまり粘膜や舌などの口腔内状況を除く)。どうか少しだけの勇気を出してご来院して下さい。どんな症状でも口腔の機能回復は、可能です。しかし大体完治とは、私達は考えません。完治とはすべての口腔機能改善を終え、全く日常の生活がお口の中を気にしないでできる状態を言います。ですからそのお口の中の状態を実際、私がお拝見しないかぎり、治療期間は全くご回答できません。しかし数年程と考える必要はありません。その事だけは、確実にご回答できます。どうぞ当医院でよかったら、お気軽にそして少しの勇気を出してご来院下さい。スタッフ一同、常にご来院しても大丈夫なように診療体制を当医院はとっております。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp/> - 2007/06/04(月) 08:48<

院長から「あきこママ」への回答

アメリカでは日本国のような国民皆保険制度など、全くありません。
所得階級別に民間保険会社がどの民間保険がいいか紹介します。アメリカの病院は大病院から小病院まで、診療所も医師、歯科医師達は、何とか、高いランクの民間保険会社に医師側の方が気に入って契約してもらおうと必死です。それは、医師(歯科医師)達の人生を決めてしまうからです。民間保険会社の方針に医師の治療や処方する薬品の価格まで、自分のコンピューターに入れ保険会社の方針に合致しているか、常にチェックをおこたりません。そういうお国柄なので、残念ながら私には、なぜ、脳症にまでなったのかは、不思議です。日本国では、まずありえません。日本では安心して抜歯が健康保険で受けられ、脳症になることはまずありえません。


あきこママ - 2007/06/03(日) 19:54<

抜歯後の脳症状について

初めてご相談します。アメリカに住んでいる妹からの相談です。友人の息子さんが、親知らずを抜歯後頭痛・嘔気症状が1週間位続いたため診察を受けたら、脳に水がたまっていると言われ入院したそうです。髄膜炎?水頭症?とかでしょうか?


カナ - 2007/06/02(土) 19:10<

はじめまして

はじめまして。
私は昔矯正をしていてその時の事が引っかかり10年程歯科診療が出来ていません。
本当にお恥ずかしい話ですが、ほぼ全部の歯が虫歯で2ヶ所も詰め物が取れ、親知らずが虫歯で半分ありません…
さすがに限界かと思い予約をしようと思うのですが、一歩が踏み出せていない状態です。

このような相当な本数だと大体完治するまでどの位の年数がかかってしまうものですか?
教えてください。どうぞよろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/29(火) 08:36<

院長から「まあ」さんへの回答

担当医のご診断どおり、あまりあせる必要はないと思います。6才頃は混合歯列といって乳歯と永久歯が歯列の中に混在している状態なので、すべて永久歯に変る少し前つまり10才頃また、診察を受ければよいのではないかと、私はそう推測致します。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/29(火) 08:30<

院長から「黒りん」さんへの回答

ストレスは一つの大きな要因は間違いありませんが、脱臼まで症状が進行することに疑問を持った回答ですので、推測の域を出ませんので診断の推測に誤りがあったらごめんなさいというしかありません。しかし、私が直接「黒りん」さんを診察すれば、原因は何かは、ものすごくせばめられつきとめられると思います。


黒りん - 2007/05/28(月) 20:21<
いろいろありがとうございます。顎関節の脱臼とストレスは関係ないと思っていても、脱臼する時、しないときがあるので関係があるのではないかと考えました。


まあ - 2007/05/28(月) 19:19<

子供の歯ぎしりについて

我が家の娘(6歳)が毎晩、歯ぎしりをするのです。かかりつけの歯科医に相談しても、経過を見てからとか、ストレスからでは?と言う答えしかもらえず、改善策がよく判りません。
よい方法は無いでしょうか?


mama - 2007/05/24(木) 13:26<
早速、回答いただきましてありがとうございます。
大げさですが、人生思わぬ事が起こる物です。もともと、アレルギー体質ではなかったので、突然の出来事に戸惑いながらも仕方ないかと受け入れる心の準備も出来つつあります。
明日の検査もあまりいい結果を期待しないようにと思っています。ありがとうございました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/24(木) 12:48<

院長から「mama」さんへの回答

これは、大変な難問です。実は人類は、すべて抗原(アレルゲン)にとりかこまれています。まず、空気中のダスト(ちり)をはじめ食物、飲料等、衣類、アクセサリーと特記することができないのが人類です。抗原が体内外に入って抗体をつくってくれればよいのですが抗原抗体反応(いわゆるアレルギー反応)がおきる場合があります。その人の体調にもよりますし、特定の物質かもわかりません。とにかく、全麻だってお薬を使うのでアレルギー反応がでるかもしれないのです。


mama - 2007/05/24(木) 11:22<

局所麻酔でアレルギーがでました。

はじめまして、最近歯の事で悩む事が続いているものです。この掲示板を拝見して一度お話しを聞いて頂こうと思って投稿しました。実は、先日、局所麻酔<キシロカイン>を投与ご蕁麻疹がでてしまい、アレルギー検査を行い陽性と診断がくだりました。ぺリオドンにも陽性でした。こうなると、もうひとつの局所麻酔か
それがだめだと全身麻酔での治療しかないと皮膚科の先生のお話
で、明日、もうひとつの局所麻酔の検査を受けます。結果はわかりませんが、私は歯がとても悪いのでこの先、局所麻酔は必須と
思われます。半ば諦めていますが、今後、こんなアレルギー患者
でも全身麻酔ではない治療法が見つかる可能性はあるのでしょうか・・・。読んで頂いてありがとうございます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/23(水) 08:30<

院長から「黒りん」さんへの回答

「黒りん」さん、まずは安心して下さい。
習慣性の顎関節脱臼といっても原因は、ストレスときめつけることは、絶対できません。原因は、たくさんの分類に分かれているのが、現状ですが、私は、2/1000mm=2μ=塗料の厚さ、の咬合のバランスを調整することで、全部といって言い程顎関節症候群(顎関節炎)を完治させました。それは、患者さん自身のびっくりの連続でした。2μとは色がでる塗料に必要な厚さです。2μないとペンキ=塗料の色がでません。その塗料をとる切削用のバーがドイツという国には、あるのです。やはり技術のドイツが光ります。そして咬合紙も8μ(両面)がドイツのケルンで作っているのです。もちろん歯科用として。


NORIKO - 2007/05/22(火) 23:10<
ありがとうございます。仕事の調整が出来次第予約の電話を入れさせて頂きます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/22(火) 07:55<

院長から「NORIKO」さんへの回答

どうぞ、ご希望日をご予約下さい。お話しましょう。お待ちしております。


黒りん - 2007/05/21(月) 21:03<
以前習慣性顎関節脱臼についていろいろ教授いただいたものです。
再度教えていただきたいことがあります。お手数ですが、よろしくお願いします。顎関節脱臼は、心理的要因で脱臼することがあるのでしょうか。ここ数日頻回に脱臼します。最近ストレスとなることが多かったのですが偶然重なっただけなのでしょうか。脱臼することで、ストレスは感じています。某病院では、脱臼したら、戻すしかないと言われてましたが、この秋に違う病院で関節鏡での手術をすることになりました。その間脱臼するのではないかと不安もあります。脱臼することで、他の人に迷惑をかけるの気になります。もし、脱臼を予防できる方法があれば御教授お願いします。


NORIKO - 2007/05/21(月) 18:43<
お返事ありがとうございます。自分でももう限界だと思います。25年前笑気麻酔を使って治療をして頂いたのですが恐怖心が強すぎたのかあまり効果がなかった気がします。とにかく一度院長先生にお会いしてお話を伺ってみたいと思います。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/21(月) 09:35<

院長から「NORIKO」さんへの回答

どうか、私におまかせ下さい。動物達も、ペットであろうが、自然界に生きていようが、動物には、かわりはないと、「NORIKO」さんも思っているとご推察します。
動物も治療は大嫌いですし、人間も二つの足で活動する、すばらしい思考回路、記憶力、言語力、想像力、そして他の動物より一番強い恐怖心をもっている哺乳類です。どうか私とお話しすることで人間の脳に入ってしまった恐怖心というものを理解しながら、治療を「NORIKO」さんのペースで進めましょう。


NORIKO - 2007/05/20(日) 19:16<
初めまして。歯の治療に対する恐怖心が大きすぎて歯科医院を受診出来ずにいます。25年前に治療したきりで上の前歯の差し歯以外は殆ど歯が無い状態です。時々激しく痛むのですが勤務先の動物病院で抗生剤をもらって凌いでいます。噛む事もままならず
人と話すのも苦痛になって困っています。何度か歯科医院に行ってみたのですが恐怖の余り倒れてしまったり・・・。こんな私でも治療して頂けるのでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/19(土) 09:05<

院長から「りょう」さんへの回答の続き

糖尿病のインシュリンを注射していた患者さんも、今は3日に1度、ゴルフを楽しんでいますし、注射するインシュリンの量が極端に減少しました。顔色もとても良く、ゴルフのスコアもすばらしく良くなりました。顎関節症候群は全員、症状がほぼ改善されるか、完治します。腰痛、偏頭痛、難聴耳鳴り(20年間悩んでいた)も完治しました。人生こそすべてバランスなのです。たとえば、宇宙もバランス、生態系のバランス、動植物もバランス、空気の成分もバランス、太陽と地球と月もバランスで動いています。もちろん人間の日常生活もバランスで動いています。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/19(土) 08:39<

院長から「りょう」さんへの回答

私の言う咬合のバランスを調整するというのはフランスの世界の咬合学の神様といわれているムシュ、ギシエの咬合論にルーツがあります。人間という二本の足で動く、めずらしい哺乳類は地球上とてもめずらしい存在です。その人間の人体はすべてバランスによって調整されています。自律神経(交感神経、副交感神経、甲状腺の機能、副甲状腺の機能、骨と筋肉、血液の血球と血清の比率、体内電解質の成分、脳の役害、視力、聴力、自己免疫等々)書きだしたら枚挙に暇がなくなる程です。その最初の入口である食物を咬合するバランスを崩すと、すべての人体のバランスが狂ってきます。私は、2/1000mm=2μ これは、塗料が色を出すのに必要な厚さです。この塗料が一本一本の歯のどの部分について良いか、悪いかがギシエの教えです。それを、つまり悪い所についた2μの塗料をとることによって咬合のバランスを治していきます。


りょう - 2007/05/19(土) 02:30<

歯ぎしりU

先生、ありがとうございました。確認ですが、『バランス調整』とは矯正という意味ですか?ちょっと遠いですが、通えないこともないので先生にみてもらいたい気になりました。仕事は知的労働なのでストレスを全く抱えてなくもないですが、休日はリフレッシュしていますし、精神的にまいっているという状態でもありません。したがって、原因不明で悩んでいます。とにかく根本的になおしたいです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/18(金) 08:23<

院長から「りょう」さんへの回答

咬合のバランスつまり2/1000mm=2μのバランス調整によって、少し期間(2ヶ月程)週に1回か10日に1日程度の通院で歯ぎしりは大部分軽減され他人が、音を気にしないまでには絶対になります。そして当方のマウスピースは、特殊な、軟性の高分子樹脂なので、患者様には、非常に評判がいいです。とにかく昨今は、ストレス社会が頂点まできているようでその世の中も心配になってきます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/18(金) 08:13<

院長から「ポチ」さんへの回答

笑気麻酔には、やはり、専門的なテクニックがあるかないかでその笑気麻酔の効果はびっくりするぐらい違いがあります。愛知県で、すばらしいテクニックの持ち主は、当方では、残念ながら、把握できないでいます。お役に立てず大変申し訳ありません。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/18(金) 08:04<

院長から「あみ」さんへの回答

「あみ」さんとその歯科医院の担当の先生との相性というしかありません。とにかく歯科医師なのでそれなりの技術と知識はしっかり身につけて、臨床経験もあると思いますので。


りょう - 2007/05/18(金) 00:35<

歯ぎしり

はじめまして。八王子に住む36歳男です。高校生くらいから寝てるときに歯ぎしりをしていると指摘されました。5年くらい前から歯ぎしり防止用のマウスピースを付けています。実は今現在付けているのが3個目のマウスピースで、それまでの3個は1〜2年で割れて使えなくなったのです。引越しや転勤等もあり3個とも違う歯医者さんで作りましたが、前の2個は口の中で違和感にならぬよう薄くできていたのでないかと、3個目にお世話になった歯医者さんは言っていました。で、3個目はやや肉厚に作ってもらい安心したのですが、およそ4ヵ月後にまた問題が。材質に問題があるのかよくわからないのですが、マウスピースを装着しているのにもかかわらず、家族のものから歯ぎしりしているといわれました。そこで3個目の歯医者さんに相談したところ、相当に私の歯がマウスピースの表面を削ったらしく、そのせいだといいました。削った部分を充填して繕いました。その直後は、静かな夜だったらしいのですが、また最近うるさいそうです。そもそも、根本的に治療する方法はなのでしょうか。もう嫌になります。


あみ - 2007/05/17(木) 23:01<
以前に歯科に行ったのですが、雰囲気が私には合わなく、すぐに行く事を止めてしまいました。
できれば定期的に通いたいと思うのですが、何を基準に歯科を選ぶと良いですか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/17(木) 09:33<

院長から「あや」さんへの回答

頑張りすぎずに「あやさん」のペースで治療をすすめていきましょう。


あや - 2007/05/16(水) 20:17<
三島から通っています「あや」です。
先生やスタッフ皆さんのお陰で、治療に通えるようになってきました。台に座るとまだドキドキしてしまいますが、何とか頑張れそうです。今日は痛みから動いちゃったりしてすみませんでした。虫歯放置している間は痛みを我慢できるくせに、治療となると痛いなんて・・・なんとも情けない話しです><衛生士さんの木下さんの手を「これでもか!!」という位力入れて握って(つねって?)しまい、申し訳なく思っています。でも、ありがとうございます。すごく勇気づけられました。
これからも、ちょっとづつ勇気を出して頑張って行こうと思います。よろしくお願いします┏○ペコッ


ポチ - 2007/05/16(水) 09:48<
院長先生、ありがとうございます。私の説明が悪かったようです。治療の前から嘔吐反射を訴え笑気ガスを依頼した結果なのです。それと、ガスを吸引している感覚、効果がでている感覚がなかったように思います。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/16(水) 08:42<

院長から「ポチ」さんへの回答

麻酔注射に対する恐怖心のみだと担当医は思ったのだと思います。現在、笑気麻酔の歯科適用は医療費をさげるために必要なものまで、厚労省がカットしてきます。担当医も非常に苦しいところです。一般でやれば、一回の治療が終るまで笑気麻酔をやってくれるでしょう、おどろくのはたいした金額ではないのです。とにかく残念ながら厚労省自体が完全に腐ってしまっています。


ポチ - 2007/05/14(月) 19:51<

嘔吐反射

嘔吐反射に悩んでいます。先日、3回治療にいきました。左の奥歯の痛みにより、神経を抜きました。後の2回は歯科治療に慣れるために歯垢除去等です。しかしながら嘔吐反射は減少せずさいきんでは、かなり精神的にきつい状態です。1回目には笑気ガスを使用しましたがダメでした。というのも、麻酔注射を打った後は外されてしまいました。そして、ガスの臭いが多少有ると聞いていたのですが、殆ど無かったように思います。これはかなりの緊張のためかもしれないですけど・・・。先生にお会いしたいのですけど愛知県なのです。アドバイスをいただきたくおじゃましました。宜しくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/11(金) 08:33<

院長から「ゆう」さんへの回答

とにかく料金等考えずに少しの勇気を出して遠方ですが本日いつでもご来院下さい。受付へ院長受診希望との旨をお申し出下さい。少し一息入れてそれからですよ、人生は長いことをまず、頭に入れて下さいね。それでは、私の顔をまず見に来て下さい。


ゆぅ - 2007/05/11(金) 06:11<

おはようございます

昨日は取り乱してしまってすみません.先生の医院ではセカンドオピニオンとかしてもらえるんですか?相談のみでもしてもらえますか?もししてい頂いたけるなら料金はいくら位ですか?今日とか行ったら院長先生に診てもらえますか?


ゆぅ - 2007/05/09(水) 19:32<
明日仕事で歯がないのが困ります.歯医者予約しましたが凄く怖いです.神経取る(→歯は枯れ木→モロ<ダメになる)勇気がでません.どうしたらいいか解りません.精神的に追い詰まってずっと夜も眠れません.アアドバイスお願いします


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/09(水) 09:30<

院長から「小野彰浩」さんへの回答

12才の小野君としては少々お口の中の健康に油断したのですね。とにかく、どういうお口の中の状態かをしっかり診断して12才というまだまだ成長期の男子であることを考えどう歯の治療をしていくことが肝要です。少し、ひまがあったら当医院に予約して気軽に来院して下さい。私院長がご相談にのります。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/05/09(水) 08:59<

院長から「ゆう」さんへの回答

これは、いろんな方法があるので「ゆう」さんの場合は何がベストかは、「ゆう」さんのお口の中の歯や骨の状態等、いくつもの資料をもって、診断したいですね。一度、当医院をお尋ねになってどの方法がよいかを選択し、埼玉県北部地方で、評判の良い歯科医師を選択することが肝要だと思います。なぜなら歯とお口の中の骨があなたの一生をきめるからです。


ゆぅ - 2007/05/08(火) 20:19<
私は埼玉県北に住んでます.右の前歯を失って3本のブリッジにしたら1年で左前歯が前側縦半分が根っこから破折して取れてしまい,治療が怖<て歯医者に行けず2年近<瞬間接着剤で取れる度に付けていました.破折した所の歯茎は異物認識しずっと腫れてプヨ2しています.何だか膿も出ているみたいです.今回また取れて左側の小さ<削った歯が痛<なリ付けられないので歯医者ヘ行ったら神経を抜かないとダメでしょう(痛みは取れナイ)と言われました.その後は仮歯代わリにまたそのブリッジを付けて破折した歯を抜<との事でした.何か他に方法はあリますか?アドバイスお願いします


小野彰浩 - 2007/05/04(金) 22:17<

驚き

僕は12歳です。この間急に歯が痛くなり、鏡を見たら永久歯も乳歯もすべて虫歯でした。しかも神経の腐っているものもありました。僕は面倒くさくて6歳の時から歯を磨いたことがありません。時々痛いこともあったけど我慢しました。でも今回限りはものすごく痛く、歯医者に行きました。すると歯医者はすべての歯がc3かc4だといって金歯、抜歯、インプラントをするといいました。1本も残せないのですかと聞いたら無理だと言われました。どうすればいいですか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/29(日) 11:00<

「院長から掲示板ご利用の皆様へ」 

当ホームページの掲示板ご利用ありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、当掲示板を平成19年4月29日より平成19年5月7日までお休みさせていただきます。
又、平成19年5月8日より、お気軽にご利用下さい。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/25(水) 09:33<

院長から「みー」さんへの回答

肩こり、頭痛、などは、咬み合せのバランスで全部治癒します。
一度、私に診察させて下さい。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/23(月) 07:52<

院長から「れもこ」さんへの回答

これは、一度「れもこ」さんの息子さんのお口の中を診察してみないとはっきりしたことは診断できません。必要なら乳児用のレントゲン写真をとることもあると思われます。「れもこ」さんは、あまりあわてる必要は全くないと思います。息子さんの前で「れもこ」さんは心の動揺を見せてしまうと息子さんにとって良くありません。私が診察しても良いですし、息子さんの歯やお口の中の粘膜等の症状や状態をチェックできる能力を持ったかかりつけの歯科医師がいたら近いうちに診察してもらうことをお勧めします。


れもこ - 2007/04/21(土) 23:37<

乳歯

初めまして。息子の乳歯の事について、ご相談があります。現在1歳で、乳歯が下に2本上が1本でもう1本が生えてきたと思ったら、歯茎のような肉の塊が、出てきてまるで小さな歯のような形をしていて、その奥に白い歯のような物があるようなのですが、乳歯がうまく出てこられない状態なのでしょうか?もしくはこれからじっくりと歯が出てくるのでしょうか?色々と調べたのですがさまざまなQ&Aにもなくきがかりです。やはり早めに診療していただくべきでしょうか?


みー - 2007/04/17(火) 13:20<
はじめまして。市内在住、38歳女性です。今まで他医院を受診していたのですが、他の先生のご意見を伺いたく、こちらへ書き込みさせていただきます。
4年ほど前、左下奥から2番目の歯のかぶせものが外れたまましばらく放置後、歯科を受診したところ、歯根の内部が腐っている状態にまでなってしまい、いずれは抜歯してしなくてはならないそうですが、今現在歯茎はしっかりしていてすぐにそうする必要はなさそうなので、歯根に溜まる膿を定期的に除去して様子をみることになり、今まで3回ほどその処置をしました。
先生には、歯並びが悪いので歯磨きの徹底と最低でも年に1度の検診を、といわれて、一年未満に一度は膿の除去がてらの検診を受けている状態です。
この奥歯の処置ですが、現在の方法がベストなのでしょうか。また、膿の除去を行った後は2,3週間ほど肩こりや頭痛がひどくなり、先生にその旨伝えたところ、それは仕方がないとしか言ってもらえなかったのですが、歯科治療に伴う肩こり・頭痛等の改善策というのはやはりないのでしょうか。
お忙しいところを申し訳ございませんが、先生のご意見を伺えますでしょうか。よろしくお願いいたします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/17(火) 08:45<

院長から「みき」さんへの回答

診察の際、「みきさん」の担当医にかみ合わせのバランスをみてもらって下さい。


みき - 2007/04/15(日) 00:53<
丁寧なお返事をいただきありがとうございました。
痛みは、前ほどではないにしろ、続いている状態です。
でも、先生の回答で少し安心しました。
来週半ば、診察に行くことになっているので、かみ合わせの件を聞いてみようと思います。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/14(土) 10:18<

院長から「みき」さんへの回答

一つに考えられるのは奥歯の根の中に入っている三叉神経の細い枝をとりその中を洗浄し、ドリリングして細菌をおい出し、歯根の中へ細菌が二度と浸入しないためお薬と一緒に充填材を入れます。その時、たまに根充痛というのがおこり、けっこう患者様を苦しめることがありますが、やがて痛みがなくなっていくのが通常です。もう一つ考えられるのが、外傷性咬合といって歯の咬み合せのバランスをとって仮歯を入れないと、外力がかなりかかり疼痛が発症することがあります。私の推測では第二番の可能性が強いと思うので仮歯の咬み合せのバランスをとってやれば、疼痛は消失するのではと、私は推測します。
ご参考になれば、幸いです。


みき - 2007/04/12(木) 00:01<
以前、お世話になったみきです。この度もご相談に乗っていただきたくメールをしました。
奥歯の治療で、神経をとりました。3ヶ月ほどたったので土台を入れて、あとは銀をかぶせる段階まできています。
この3ヶ月痛みも感じなかったのに土台を作って仮のかぶせをしてから痛みが出てしまいました。

現在、仮のかぶせをはずしてもらい、様子をみている状況です。
レントゲンも異常なし、腫れもみられずといった感じです。

現在通っている歯医者さんは、「神経がないので痛いというのは・・・・」ということなのですが。

どういった原因が考えられるでしょうか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/10(火) 08:35<

院長から「あや」さんへの回答

どうぞ、私の横顔を見にきて下さい。私も18日に「あやさん」とお会いできることを楽しみにしております。


あや - 2007/04/09(月) 19:50<
たびたびの書きこみ失礼いたします。
来週の水曜日、18日に予約を入れさせてもらいました。今から緊張していますが、先生にお会いできるのが楽しみでもあります。よろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/07(土) 09:07<

院長から「あや」さんへの回答

ぜひ私の若い時の横顔(桑田圭祐)を見に早く来院されることを心待ちにしております。
「あや」さん頑張れ(程々にね)!!

「あや」さんの応援団長 院長より


あや - 2007/04/05(木) 19:34<
早速のご回答本当にありがとうございます。涙がでるほど嬉しく感じ、勇気づけられました。治療のためなら私も一生懸命勉強していきたいと思います。
今はこうして歯医者さんにメールを打つ手が震えていません。
(昨日は震えていました。。)
先生のお顔を拝見し、意見を聞に行きたいです。是非、行かせてください!予定見て早めに予約をさせていただきます。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/05(木) 13:52<

院長から「あや」さんへの回答の続き

どうぞ私に歯の治療を担当させて頂きたいと思います。まず、私の顔を見てもらうこと、そして私の考えを聞いて頂くこと、2人でどのように治療していくことを2人で勉強しあってチームを組めることができるか確認するかです。どうぞ、お待ちしておりますのでいつでも顔を見に来て下さい。心の準備はいつでもしております。どうか少しの少しの勇気をもって私の顔をまず、見て頂き、お話をお聞かせ下さい。私はこうして治療をはじめる狂人でもあります。しかし、これが、天才に近い人かも知れません。それは私が死んだ後に次の世代の人がどう検証するかだけの話だと私は思う人間であり、歯科医師でもあります。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/04/05(木) 13:50<

院長から「あや」さんへの回答

とにかく「あや様」が体験した恐怖は残念ながら「あや様」の人生につきまといます。しかし、恐怖は適応ができるのです。それだけ人間の脳、おもに大脳(前頭葉、右側頭葉、左側頭葉)が司どる人間の記録力、記憶力、思考力にはコンピューターなんぞかないません。それはコンピューターは人間が考えた機械だからです。カフカの心理学、ユングの心理学を極めてしまえば、人間はいかに恐怖に弱いものかがわかります。地球に住む人間には全員恐怖があります。ただそれにいかに適用していくかだけです。


あや - 2007/04/04(水) 18:14<
はじめまして。突然の書き込み失礼します。
私は25歳になる社会人です。
もう何年も前から虫歯があり、歯科受診をしたいと思っているのですが、幼少時代の歯科のトラウマ?からどうしても勇気がでません。
嘔吐反射とそれに伴う恐怖心がどうしても忘れられないのです。
当時の歯科医師は嫌がる私を強引に押さえつけて治療しました。スタッフだけで手に負えないときは母を呼び、母にまで強引に押さえつけられ、髪の毛をひっぱられたり、叩かれたりしながら治療をしました。
結局、治療は終えることができたのですが、それ以来、虫歯とわかっていてもそのときの記憶が甦って、「あんなことされるこらいなら・・」と歯科には行っていない状態になっています。
しかし、前歯の虫歯や奥歯もひどくなってきました。多分、こんなにひどい人はいないのではないかと思うくらいになっています。
悩んでいたところ、インターネットで貴院の「歯科恐怖外来」「嘔吐反射外来」を見つけ非常に関心があり、書き込ませてもらいました。上記の外来について詳しく教えていただきたく思っております。お願いいたします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/03/28(水) 09:34<

院長から「鮫島牙舞」さんへの回答

専用の手術室などいりません。どうぞ当医院へご相談下さい。
TELは0463−21−0792です。


鮫島牙舞 - 2007/03/27(火) 18:44<

抜けた歯の再生治療とインプラント治療に質問

僕は、15年半前に歯が1本抜けてしまい、5年前に他の歯科医院の先生から、歯を再生しましょうかを告げましたが、怖くて拒否しました。
僕は、26年前に、神奈川の歯科大学付属病院で歯の手術を受けた経験があります。
抜けた歯の再生治療ほインプラント手術は、専用手術室でするのでしょうか?
坂本院長先生よろしくお願いします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/03/21(水) 08:30<

院長から「加羽澤」さんへの回答

申し訳ありませんが、札幌にはおりません。お役に立てずすみません。


加羽澤  仰治 - 2007/03/19(月) 16:31<

感謝、ですが、、

 力強く回答を頂。感謝。
 ですが、私、札幌在です。平塚まではいけません。
 お友達で、札幌にいる歯医者さんは、おりませんか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/03/19(月) 09:33<

院長から「REN」さんへの回答

これは、歯が心をやんでいるのではなく、心がまよってしまっていて、歯が原因だというRENさんの恐怖の表わし方、表現のしかただと思います。一度、心療内科の専門医を受診することをお勧めします。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/03/19(月) 09:27<

院長から「加羽澤」さんへの回答

何とか、残っている歯を維持したいと思っておられるなら、私でよければ、責任をもって、全力で加羽澤様のお立場を尊重しながら院長、坂本が歯科治療にあたらせて頂きます。ご希望ならば当院の受付へ院長担当といってお申し込み下さい。Telは0463−21−0792(医)坂本歯科医院です。


REN - 2007/03/19(月) 07:41<

歯科治療に疲れてます・・・

30代前半の主婦です。過去の不摂生がたたって、20代前半から、ほとんどの歯が治療済み(神経を抜いた状態)で、銀歯もしくは、差し歯で、下の前歯4,5本のみしか、神経のある歯が残っていません。

口の奥に、ものが当たると、吐き気をもよおし、口を大きくあけることも、厳しいです。治療ばかりした歯は、噛み合わせがきつく、奥歯は ほとんど高さが確保できません。

仕事が忙しく、半年 歯医者に通わないと、どこかの歯ぐきが炎症を起こし、また根の治療をやり直す生活が続いています。今回も、右の上奥歯が高さが確保できず、治療することが苦痛で、歯がたってない状態なのですが、歯茎が炎症を起こし、治療することになりました。

先生も、良い先生にめぐりあっているのですが、口をあけることや、奥歯の治療(吐き気をもよおす)など、ずっと 歯医者に通わないといけないだろう自分の状態が、疲れてしまっています。





加羽澤  仰治 カバサワ コウジ - 2007/03/15(木) 12:23<

残っている歯を何とか維持したい、、

 上下の歯は、現在、門歯(左右2枚)から犬歯までの計6枚が残存。I歯科医のおかげで(ボンド?で上下の歯を固めている)、なんとかやりくり。
 だが、先日、「そろそろ限界」と宣託受。やれやれ、いれ歯
かな、と思っています。が、女房の入れ歯の扱いの苦労を見ていると、嫌だなーとおもってしまう。インプラントは?最近その技術は抜群によくなているという。例の丸橋先生も勧めているしね、、
しかし、保険が効くのかな?何しろ年金暮らしなので。K元総理のせいで、年金の目減りがひどい、ぶつぶつ。
 で、インプラントで、今の残存歯(上下6枚)を支えることが出来ますか?
 また、マダマダ今の歯を持たせる手、ありや?
 よろしく。 58歳のダンス好きより。


まり - 2007/03/02(金) 09:51<
返答ありがとうございました。 大阪市内で構音障害を治せる歯科を知っていましたら教えて下さい。


鈴木辰男 - 2007/02/22(木) 19:48<

ノンクラスプデンチャーについて(質問)

標記について、自然の美しさとか、残っている歯に優しいとかは判りますが  @装着時の感覚(違和感)は従来方法比どうですか?
      A装着のし易さは、外れやすさにもなると思います        が?
      B医療費は、奥歯・下側2本でどの位になりますか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/02/22(木) 12:13<

院長から「まり」さんへの回答

歯科で対応するのですが、構音障害は改善できますがかなりの技術が必要です。


まり - 2007/02/20(火) 11:10<
初めまして。
私はもうすぐ高校生になるんですけれども
小さい頃から滑舌が悪いのか
"か行"の音などか
上手く言えません。
その事で、よく馬鹿にされる事がよくあります。
このような事は
歯科で治せるんですか?
忙し中回答お願いします。


坂本 浩一 - 2007/02/03(土) 08:45<
坂本院長、ご連絡ありがとうございます。一つ質問があるのですが左前歯が黒ずんで醜くなっていますがいつ本格治療に入っていただけるのでしょうか?あと完治までどの程度日数がかかりますか?これからも辛くても頑張っていきます。宜しくお願い致します。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/02/03(土) 07:49<

院長から「坂本浩一」さんへの回答

これからも一緒に頑張りましょう。


坂本 浩一 - 2007/02/03(土) 06:54<
昨日は夜23時まで治療していただいてありがとうございました。一時は死ぬほど痛かった歯が坂本先生とスタッフの皆さん
のおかげで無痛になりました、統合失調症を患っている私に
とってやさしい坂本先生がなにより頼りです。
晩飯も食べずに23時までお付き合いくださってありがとうございました。ただ待ち時間が長いのが治療に加えてちょっと辛いです。昨日は坂本先生のお人柄が伺えました。
完全無痛での治療をお願い致します。まだ歯科恐怖症がありますが頑張って坂本先生の治療方針に従う所存でいます。23時まで
お付き合いいただいた先生とスタッフに感謝しています。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/29(月) 12:16<

院長から「青木」さんへの回答の続き

残念ながら、カフカの心理学者はほとんど我、日本国にはいません。ウィーン大学の心理学部に学びに行かざるを得ないのが実情です。ですから、今の日本社会の、また家族の混乱はなかなか正常にはもどりません。それはカフカの心理学を充分理解している教育者や学者がいないからです。私はユングの心理学・カフカの心理学を徹底して勉強しました。つまり2つの心理学、ユングの心理学、カフカの心理学を理解している人がすべてが混乱している日本を救う人なのです。機会があったら2つの心理学をご教示してさしあげても結構です。キーポイントは人間の恐怖というものをどうとらえるかです。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/29(月) 09:55<

院長から「青木」さんへの回答

心療歯科で学ぶべきものはなにもありません。「人間の心理」、このことを臨床心理学者に学ぶのが最も大切です。そしてその臨床心理学者がユングの心理学とカフカの心理学をしっかりと学び理解している人でなければなりません。人間の脳が混乱している時、つまり社会も混乱している時にただ一つ通用するのがカフカの心理学です。その心理学を勉強したい方はウィーン大学で心理学を専攻しカフカの心理学を学ぶべきことなのです。故フロイト博士はウィーン大学の心理学部でカフカの心理学を学びそしてウィーン大学の心理学を専攻する学生に教鞭をとりました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/29(月) 09:24<

院長から「絹枝」さんへの回答

私は、その長野県の歯科医師が、人間の心理、つまり脳の心理、人間が持ってしまう恐怖というものをしっかり学んでいるかにかかります。つまり、ユングの心理学とカフカの心理学を充分理解している方ではないとちょっと不安を持ちます。人間の恐怖をユングの心理学で適応させていくか、カフカの心理学で適応していくかを、判断できる方だと絶対に歯はなおりますし、その結果パニック障害もうつ病も心療内科とともに連携すれば必ずパニック障害もうつ病も治ります。パニック障害もうつ病も、りっぱな病気です。治るのはその治療方法があるからです。日本にいる臨床心理士や心療内科の先生もこの2つの心理学(ユングの心理学、カフカの心理学)を完全に理解している人が少ないのではないかと心配です。意外かも知れませんがパニック障害、うつ病は心療内科でその症状を軽減することはできます。


絹枝 - 2007/01/28(日) 02:09<

ウツ的とパニック障害、通院で。

 初めまして。もう何年も前からですが、心のお医者さんにお世話になっている者です。嘔吐恐怖や、過呼吸、チック、等を持つ友人も歯痛で困っています。私自身、パニック障害とうつを持っているのですが、今は週2ペースで、どうにか歯医者さんへ通院しています。長野県の中信なのですが、そこの先生は小児歯科専門もあり、1回の治療が5〜10分。濯ぐ(ゆすぐ)ときのコップがキャラクターだったり、塗り薬がメロンの味だったり。リラックスが出来ます。長野県にも、心療歯科がないか今度聞いてみようと思います。たくさんの虫歯、そして歯槽膿漏、家から出れずにいたり、外出恐怖で歯医者に行かれませんでした。こんな状態の歯と、私ですがきちんと治療を続いて、完治できますでしょうか。


青木 - 2007/01/27(土) 15:22<

歯科衛生士として

はじめまして、青木と申します。
心療歯科について学びたく、検索しておりました所こちらに辿り着きました。
現在、衛生士12年目になります。
診療所に8年、豪州の歯科医院にて1年勤務した後、衛生士会に所属し乳幼児健診、成人・妊婦検診、高齢者・障害者施設、学校指導等担当しております。
患者様が自主的に来院して下さる診療所と違い、通いたくても通えない、大きな壁を抱える患者様と接する機会が多くなりました。
歯科衛生士として専門的に心療歯科を学べる機会はありますでしょうか?
心療歯科を深く学び患者様の1歩のお手伝いが出来ればと考えております。
長文乱文失礼致しました。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/27(土) 10:10<

院長から「コバヤシ」さんへの回答

保険は適用されます。心配しないでどうぞご来院下さい。


コバヤシ - 2007/01/27(土) 07:37<
院長先生、スタッフの皆様、お世話になっております。今日は勇気が出なくて治療をうける事ができませんでしたが、先生のお話を聞いて心が和みました。来週は何とかしなくてはと思っています。笑気麻酔でお願いしたいのですが。また保険はききますか?


ごいち - 2007/01/23(火) 21:16<
早速のご回答ありがとうございました。
近日中に歯科医院に連れて行こうと思います。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/23(火) 09:55<

院長から「ごいち」さんへの回答

たぶんお母様のご判断どおり力により乳歯の内に入っている三叉神経の枝わかれ(歯髄)が死んで、変色していると思います。その乳歯の歯の根の先に炎症が慢性的におこると後続永久歯に影響を与えます。これは、一度、かかりつけのやさしい歯科医院の歯科医師にレントゲンの画像診断をうけることをぜひお勧めします。


ごいち - 2007/01/23(火) 07:45<

永久歯への影響

お尋ねします。
6歳の息子が10日ほど前に転んだ時に前歯を打ちつけたのですが、1本だけ黒っぽくなってきたということは神経が死んだということでしょうか?
その歯は乳歯なのですが、下に構えている永久歯にも影響があるのでしょうか?
歯医者さんに行く必要はありますか?
お忙しいところすみません。教えていただけますか?


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/22(月) 09:27<

院長から「清」さんへの回答

たぶん、症状から辺縁性歯周炎つまり歯周病の初期症状です。まず、主治医の歯科医師の診療所へいって、大型のレントゲン検査と歯周溝つまり歯周ポケットを検査して歯周病の逆行状態を的確に診断してもらい、歯周病の初期治療とともに、的確な歯磨き方法と歯ブラシを選んでもらうことがとても肝要です。歯と歯ぐきは命の源(みなもと)なので一生涯大切にしましょう。


- 2007/01/21(日) 08:06<

ご意見聞かせて下さい

38才、2児の母親です。昨年暮から朝起きると歯が浮いたような感じがします。またハブラシをすると歯茎から出血します。どうすれば良いか教えて下さい。よろしくお願い致します。


院長 <http://www.sakamoto.or.jp> - 2007/01/01(月) 00:07<

「院長から掲示板ご利用の皆様へ」 新年明けましておめでとうございます

いままでの掲示板はすべて過去の掲示板に移させて頂きました。
皆様、本年もどうぞ当医院の掲示板をご利用下さい。少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。
なお、平成18年12月27日より平成19年1月7日まで年末年始のお休みとさせて頂きます。
平成19年1月8日よりお気軽にご相談下さい。大変ご迷惑をかけ申し訳ございません。


[過去ログ インデックス]  [掲示板へ戻る]