わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み         心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

 

No.72 以前

No.73-2007/11/15
No.74-2007/12/15
No.75-2008/01/15
No.76-2008/02/15
No.77-2008/03/15
No.78-2008/04/15
No.79-2008/05/15
No.80-2008/06/15
No.81-2008/07/15
No.82-2008/08/15
No.83-2008/09/15
No.84-2008/10/15
No.85-2008/11/15
No.86-2008/12/15
No.87-2009/01/15
No.88-2009/02/15
No.89-2009/03/15
No.90-2009/04/15
No.91-2009/05/15
No.92-2009/06/15
No.93-2009/07/15
No.94-2009/08/15
No.95-2009/09/15
No.96-2009/10/15
No.97-2009/11/15
No.98-2009/12/15
No.99-2010/01/15
No.100-2010/02/15
No.101-2010/03/15
No.102-2010/04/15
No.103-2010/05/15
No.104-2010/06/15
No.105-2010/07/15
No.106-2010/08/15

No.107-2010/09/15

No.108 以降

No.107-2010/09/15

╂─╂──────────────────────────────
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃ このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯について
┃医┃ のおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から脱線する
┃院┃ ような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お届け致します。
╂─╂──────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.107 (2010年 09月15日発行)
 
  こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
 皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
 一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
 致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ─────────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└─────────────────────────── INDEX ─
  
  >>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html
  >>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  世界最古の義歯の姿
│  
│  エジプトには、紀元前五世紀頃、歯科専門医(ヘシ・レ Hesi-Re
│  歯を癒す医師の司)がいたことは明白であるが、これ以前、紀元前
│  二五〇〇年頃のものと推定される義歯らしきものがギザ(Giza)の
│  墓場から発掘されている。
│  
│  現存する世界最古の補綴物である。また、シリアの地中海に面した
│  一帯の海岸地方に栄えたフエニキア(Phenicia)のシドン(Sidon
│  現サイダ市 Saida)の古墳で、一八六二年五月ゲラールド(Gallar
│  dot)が、推定紀元前四〇〇年頃の婦人のものらしい上顎前歯部の補
│  綴物を発見した。
│  
│  さらに、ギリシア文化の中心地アッチカ(Attica)から、推定紀元
│  前三〇〇年頃と思われる金線を補助的に金の帯鐶で維持した補綴物
│  が出土し、また、これと同じような補綴物がテアノ(Teano)からも
│  発掘されている。
│  
│  これらに類した補綴物は、イタリアのアペニン山脈にまたがるエト
│  ルリア(Etruria)のトスカナ(Toscana)地方のエトルリア人によ
│  ってもつくられていた。
│  
│  タルクイナの最古の墓から発掘された欠損三歯の牡牛の歯を利用し
│  てつくった義歯や、エトルリア人の墓から発掘された二枚の金のバ
│  ンドを使い歯をはさみ込んで両端を錙着(ろうちゃく)したものが
│  出土している。
│  
│  このように、現在の架工義歯様の補綴物は、かなり古い時代からつ
│  くられていた。欠損部を隣在歯や近接歯牙に固定する技術は、ヒポ
│  クラテスによっても紹介されているし、ローマの詩人マルチアル
│  (Martial 紀元四〇〜一〇一年)の短歌の中にも象牙と獣骨でつく
│  った義歯のことが記載されている。
│  
│  また、アラビアの外科医アブルカシスは、歯牙の欠損による空隙に
│  牡牛の骨でつくった人工歯を両隣在歯に結紮(けつさつ)する義歯
│  を発表している。
│  
│  さらに、フランスのショリアクも歯牙欠損部に対して補綴物をつく
│  ったことを報告している。このように、東方諸国、ヨーロッパでは
│  古い時代から欠損歯牙に対する補綴が行われていた。
│  
│  紀元前から高度の文明が開け、高度な文化をもっていたインドでは、
│  義歯に類するものが発見されていないし、また、これについての記
│  録も見あたらない。
│  
│  わが国の医学のルーツである中国の義歯については、江戸時代の佐
│  藤成裕の随筆「中陵漫録」に宗時代(九六〇〜一二七九年)の詩人、
│  陸游の「歳晩幽興詩」の中に自注して「近聞するに医で堕歯(だし)
│  (落ちた歯)を補うを以て業となすものあり」(原文漢文)とある
│  ところから、宗、明の時代(九六〇〜一四〇〇年)には、義歯に類
│  するものがあったようであるが、北京第一医学院の周大成氏は、そ
│  れを証明する義歯の出現がないので何ともいえないといっている。
│  
│  それでは、韓国はどうであろう。韓国では、十二世紀の半ばから十
│  三世紀(高麗末期〜李朝初期:中国の宗、明時代)頃、歯科補綴術
│  の入れ歯のことを「種歯(しゆし)」といい、入れ歯することを
│  「歯種(ししゆ)」といった。
│  
│  これは、前述の陸游の詩に「染鬚種歯笑人凝」とあり、年代も言葉
│  も一致するところから、義歯が中国から伝わったことが推定される。
│  
│  しかし、韓国においても考古学的方面の出土品として義歯が発見さ
│  れていない。中国、韓国においては、儒教的生活様式、儒教的思想
│  により入歯をすることが忌避すべきこと、極めて卑しいことで、入
│  れ歯などは下級階級出身者がするものとして認識されていたためで
│  あると思う。
│  
│  もし、高貴な人々も入れ歯をしていたならば、これらの人々の古墳、
│  墓場から出土しても不思議はないはずである。
│  
│  参考:歯科の歴史おもしろ読本 長谷川 正康 著
│  
│  
│  
└────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  嘔吐反射外来のご案内
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
│  会社法研より)詳しくは
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
│  皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm
│  
│  
└────────────────────────────────

* 編集後記 院長より **********************
   
   9月(長月)も中旬を過ぎたというのに、真夏のような熱波、酷暑
   が全国的に続いております。
   
   皆様は、この酷暑に打ち勝つ為に、諸々の工夫をなさっていると思
   います。
   
   でも、やはり、「秋の日はつるべ落とし」という様に、夕方が早く
   夜になる時間が、毎日のようにスピードをあげているようです。
   
   ところで皆様は、民主党の党首戦の勝利者をどの様に評価なさるで
   しょうか?円高、株安、デフレ不況、雇用の不安、将来の生活不安、
   介護等を考えると、実に日本は先進国ではなく、発展途上国です。
   
   ヨーロッパの人達はお金がなくても、不況でも、明るく生活をして
   います。高福祉、高負担を20〜30年前までに完成させています。
   
   日本も、もっと社会保障を充実させないと、将来不安は消えません。
   さあ、民主党政権で何ができるか、官僚依存をたち切れるか、成長
   戦略を温暖化防止産業、及び、排気ガスなしのクリーン都市をどう
   結びつけていくことが出来るかが、今、最も肝要だと存じます。
   
   読者の皆様のご健康を祈念致しまして、これを9月号のメルマガ編
   集後記と致します。
   
   メルマガ 編集長
   
   
   
********************* Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


 

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集