わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み         心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

 

No.107 以前

No.108-2010/10/15
No.109-2010/11/15
No.110-2010/12/15
No.111-2011/01/15
No.112-2011/02/15
No.113-2011/03/15
No.114-2011/04/15
No.115-2011/05/15
No.116-2011/06/15
No.117-2011/07/15
No.118-2011/08/15
No.119-2011/09/15
No.120-2011/10/15
No.121-2011/11/15
No.122-2011/12/15
No.123-2012/01/15
No.124-2012/02/15
No.125-2012/03/15
No.126-2012/04/15
No.127-2012/05/15
No.128-2012/06/15
No.129-2012/07/15
No.130-2012/08/15
No.131-2012/09/15
No.132-2012/10/15
No.133-2012/11/15
No.134-2012/12/15
No.135-2013/01/15
No.136-2013/02/15
No.137-2013/03/15
No.138-2013/04/15
No.139-2013/05/15
No.140-2013/06/15
No.141-2013/07/15
No.142-2013/08/15
No.143-2013/09/15
No.144-2013/10/15

No.145 以降

No.111-2011/01/15

╂─╂──────────────────────────────
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃ このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯について
┃医┃ のおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から脱線する
┃院┃ ような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お届け致します。
╂─╂──────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.111 (2011年 01月15日発行)
 
  こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
 皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
 一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
 致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ─────────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└─────────────────────────── INDEX ─
  
  >>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html
  >>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関する最新情報 ■
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  六十代以上の七人に一人は総入れ歯
│  
│  三十代→一・六本、四十代→三・三本、五十代→七・二本、六十代
│  →十四・五本。なんの数字かおわかりになるでしょうか。
│  
│  抜けた歯の数−−それが答えです。原因のほとんどはむし歯か、歯
│  周病ですが、歯の抜ける数が世代ごとに倍増しています、六十代に
│  なると半分以上が抜けてしまい、六十代以上の人の総入れ歯の割合
│  は13・6%、じつに七人に一人が総入れ歯です。
│  
│  これが日本の現状です。この数字を見ていると、あることに気がつ
│  きます,それは生活習慣病の罹病率と似ているということです。
│  
│  ちなみに糖尿病について、高血糖の人の割合を年齢別で見ると、男
│  性の場合、四十代を境に急に増加していきます。
│  
│  女性の場合は、この増え方がもう少しおだやかです。高血糖のこと
│  しかあげませんでしたが、脳梗塞や、がんなどにかかる人の割合も、
│  この年代を境に同じような増え方をしています。
│  
│  とくにがんの場合は、四十〜五十代をがん年齢と呼んでいます。
│  
│  厚生労働省の調査でも、高血圧症、糖尿病、脳血管疾患、がんなど
│  の生活習慣病がこの年代から、一気に増え始めることがわかってい
│  ます。その増え方と、歯の抜けていく数が同じようなカーブを描い
│  ているのです。
│  
│  幸いなことに、糖尿病や高血圧症などの病気の予防法や治療法は日
│  々進歩しています。それに、最近でこそ、SARSやHIVやエボ
│  ラ出血熱などの新しい感染症が私たちを不安に陥れていますが、ペ
│  ストやコレラなどはすっかり鎮圧され、いわゆる途上国はともかく、
│  先進国の寿命はじりじりと延びています。
│  
│  なかでも日本の平均寿命は世界一です。二〇〇一年の日本人の平均
│  寿命は女性が前年より〇・三三歳延びて八十四・九三歳、男性が
│  〇・三五歳延びて七十八・〇七歳になりました。
│  
│  ところが、さっきも述べたとおり、日本人の六十代以上の七人に一
│  人は総入れ歯という現実です。正直言ってこれは、歯の寿命が人の
│  寿命の延びに追いついていないということです。
│  
│  歯がないために、食事がおいしくいただけず、せっかくの寿命が、
│  つらいものになってしまうことだってあるでしょう。これは歯科医
│  として残念なことです。
│  
│  アメリカでは八十歳でも平均十五本程度の歯が残っているという報
│  告があります。平均寿命世界一という名にふさわしく、8020運
│  動が目標としている二十本の歯をしっかりと残していきたいもので
│  す。
│  
│  そのためには、やはり、なんといっても日頃の手入れがいちばん肝
│  心です。最近になって、歯周病も高血圧症や糖尿病などと同じく生
│  活習慣病のひとつに数えられるようになりましたが、私はこの考え
│  に大賛成です。
│  
│  歯と口の悩みを解消する本
│  坂本歯科医院院長 坂本 貴史
│  
│  
│  
└────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  「忠臣蔵」歯磨塩の騒動
│  
│  商売仇の確執
│  
│  忠臣蔵といえば、浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)
│  が吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)に対して、江戸
│  城内で刃傷(にんじょう)におよんだ原因が、史家の詮索(せんさ
│  く)の対象となっていた。
│  
│  そこでとり上げられている浅野、吉良両家の確執(かくしつ)の一
│  つに、赤穂と三河の製塩と塩の販売をめぐる問題があった。
│  
│  浅野家は築城による財政の逼迫を解決するために、三河の吉良家に
│  製塩法を教わり、塩田の開拓によって塩の生産高をあげ、かつ塩の
│  販売組織の整備に最大の力をつくしてきた。
│  
│  その努力が報いられ、「赤穂塩」は品質がよく、味もよいというこ
│  とで、大阪、京都、堺などで名声を博(はく)し、調味料以外にも
│  焼塩にして、小型の壷に入れ、歯磨き用「赤穂(あこう)名産花形
│  塩」として売り出された。
│  
│  かくして元禄(げんろく)の頃には、「赤穂塩」といえば歯磨き用
│  の塩を意味するようになった。とくにこの塩が五代将軍徳川綱吉の
│  朝の歯磨塩に献上されてからの「赤穂塩」は江戸でも評判になった。
│  
│  これによって、いままで将軍家へ献上してきた吉良(きら)家の
│  「饗庭(あえば)塩」が、「赤穂塩」に代わられて面目を失ったの
│  みならず、赤穂塩の市場への進出がめざましく、饗庭塩の需要は落
│  ちこんでしまった。
│  
│  吉良家にとって浅野家は意識せざるをえない商売仇になったのであ
│  る。このように藩の浮沈にかかわる経済上の感情が根本にあると、
│  何らかの動機、あるいは触発するものがあれば不慮の事態になりう
│  ることがある。
│  
│  かっては浅野家に製塩法を教えた吉良家の塩が、それによって販路
│  を押されてしまった。そのなことがあって吉良上野介は異常に浅野
│  長矩を圧迫した結果、耐えられなくなった長矩が発作的に刃傷(に
│  んじょう)におよんだのであろう。
│  
│  参考:歯の風俗誌 長谷川 正康 著
│  
│  
│  
└────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  嘔吐反射外来のご案内
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
│  会社法研より)詳しくは
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
│  皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm
│  
│  
└────────────────────────────────

* 編集後記 院長より **********************
   
   読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。今年は卯年で
   す。卯の様に大きく飛躍した年になるよう、お祈り致します。
   
   今年の第87回箱根大学駅伝は、とても興奮しました。復路のシー
   ド権競争は、とにかく見ごたえがありましたね。コースを間違えた
   国学院大学のアンカーも何とかシード権を取りました。
   
   正月、三が日は関東地方は晴天続きですばらしかったですが、日本
   海側と東北、北海道地方は強風、豪雪となりました。
   
   鳥取、島根県等、1000台もの車が、まる1日立ち往生する豪雪
   となりました。
   
   何だか政治も、波乱ぶくみです。今年こそ、景気が、良くなり、日
   本に少しの明るさを期待せざるを得ません。
   
   今年も本医院のメルマガをよろしくご愛読下されたら幸いです。
   
   読者の皆様のご健康ご多幸を願って、新年1月号のメルマガ編集後
   記と致します。
   
   皆様にとって良い年でありますように!
   
   メルマガ編集長 坂本 貴史
   
********************* Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


 

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集