わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.107 以前

No.108-2010/10/15
No.109-2010/11/15
No.110-2010/12/15
No.111-2011/01/15
No.112-2011/02/15
No.113-2011/03/15
No.114-2011/04/15
No.115-2011/05/15
No.116-2011/06/15
No.117-2011/07/15
No.118-2011/08/15
No.119-2011/09/15
No.120-2011/10/15
No.121-2011/11/15
No.122-2011/12/15
No.123-2012/01/15
No.124-2012/02/15
No.125-2012/03/15
No.126-2012/04/15
No.127-2012/05/15
No.128-2012/06/15
No.129-2012/07/15
No.130-2012/08/15
No.131-2012/09/15
No.132-2012/10/15
No.133-2012/11/15
No.134-2012/12/15
No.135-2013/01/15
No.136-2013/02/15
No.137-2013/03/15
No.138-2013/04/15
No.139-2013/05/15
No.140-2013/06/15
No.141-2013/07/15
No.142-2013/08/15
No.143-2013/09/15
No.144-2013/10/15

No.145 以降

No.122-2011/12/15

╂─╂──────────────────────────────
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃ このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯について
┃医┃ のおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から脱線する
┃院┃ ような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お届け致します。
╂─╂──────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.122 (2011年 12月15日発行)
 
  こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
 皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
 一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
 致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ─────────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└─────────────────────────── INDEX ─
  
  >>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html
  >>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちらから
  http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  歯磨きのはじめ
│  
│  粋な江戸っ子の歯磨き
│  
│  江戸中期以後には、江戸っ子と称する連中は誰も彼もが歯磨きを好
│  んで使った。歯磨きを使うか使わないかで江戸っ子かどうかわかる、
│  とまでされた。
│  
│  ちょっとした悪態にも、「口がくさいぞ、黙っていろ」と言うくら
│  いである。
│  
│  当時の川柳に、
│  
│  ○食い潰(つぶ)す奴に限って歯を磨き
│  ○親の脛(すね)かじる息子の歯の白さ
│  
│  など、道楽息子の悪口にうたわれるほど普及していた。江戸風俗研
│  究家の三田村鳶漁翁(みたむらえんぎょ)もこう述べている。
│  
│  「江戸っ子が歯磨きを使うということも、潔癖(けっぺき)を現す
│  ものであるかも知れません」
│  
│  「歯は真っ白でないといけない。これは江戸の者の特に好むところ
│  でありました」それでは、わが国においては、いつ頃から歯を磨く
│  習慣があったのであろうか。
│  
│  日本人は古代から歯磨き好き?
│  
│  文献上からすれば、日本で最初に歯を磨くことが書かれているのは、
│  永観二年(九八四)に丹波康頼(たんばやすより)が編集した『醫
│  心方(いしんぼう)』であろう。
│  
│  この書物は、中国隋(ずい)時代の巣元方(そうげんぽう)の『諸
│  病源候論(しょびょうげんこうろん)』を中心に、隋(ずい)、唐
│  (とう)時代の医書二百冊、医師百余家の論を加えて完成したわが
│  国で現存している最古の医書で、国宝に指定されている。
│  
│  ところで、考古学的調査の報告によると、古墳時代の人骨の歯牙
│  (しが)、とくに臼歯部の頬の側に磨耗がみられるものがあるとい
│  う。
│  
│  これは、第一話にあるような故意に加工した(削歯(さくし)、断
│  歯(だんし)など)ものではなく、おそらくは楊枝(ようじ)と歯
│  磨粉を使用して、歯を磨き口腔を清掃したことによるものと推定さ
│  れている。
│  
│  この頭蓋骨は岡山県西軽部村の石棺から発見された二例で、この場
│  合は、第一話でのべた中国の例にあるような口に含む球形の小石は
│  存在しない。
│  
│  右のことは考古学的に、奈良時代(七〇八〜七八一)以前から楊枝
│  と歯磨粉が使用されていたことを物語るものと思われる。
│  
│  そしておそらく、粒の祖いそまつな歯磨粉を乱暴に使っていたに相
│  違ない。これについて清野謙次氏は、「身体を清潔にする美風が古
│  く日本人に存在していた証拠である」と言っている。
│  
│  このような側面磨耗症(そくめんまもうしょう)は、わが国では古
│  墳時代に至って初めて現れたものらしいが、日本人の祖先が清潔を
│  好むという点では、禊(みそぎ)硯の一部として口漱(くちすすぎ)
│  をして神事にあずかるのは、より古い時代から行われていたであろ
│  う。そのことは、疑う余地もない。
│  
│  始まりは塩を用いて指で磨く
│  
│  わが国の口腔衛生(こうくうえいせい)思想は、インドに起源し、
│  後に仏教とともに中国、朝鮮半島を経て、東洋思想の医学とともに
│  もたらされた。
│  
│  前述の『醫心方(いしんぼう)』の第五巻、耳目口歯の項に、口腔
│  衛生法についてのべているのがわが国最初の文献ではなかろうか。
│  
│  「治齲歯(むしかめは)痛方」(むしかめはのいたきを治する方法)
│  の項目には次のように書いてある。
│  
│  「朝夕歯を琢(みが)けば齲(う)にならない」「食事をしたとき
│  は数回含漱(うがい)をすれば齲(う)にならない」
│  
│  「鶏が嗚く時(早朝の意)常に歯を叩(う)つこと三六回、永くこ
│  れを行えば歯は齲歯(うし)にならない。しかも歯を固くする」
│  
│  「朝起き、すぐに口中を漱(そそぎ)ぎ、唾(つばき)を口に満た
│  し、これを呑み、歯を瑳(みが)くこと二七回すれば、若者のよう
│  な顔色になり、虫(歯質を食う虫・歯虫(むしば)・蠱(こ)とい
│  う)を去らしめ、歯を固くする」
│  
│  「歯を固くする」というのは、歯周病によって歯が動揺するのを予
│  防する意てあろう。
│  
│  「歯を叩(たた)くとあるのは、房楊枝(ふさようじ)(子)が用
│  いられていたことを暗示させる。
│  
│  普通の習慣としては、指頭で歯を磨いていたようて、この指で歯を
│  磨く方法を磨く方法を中国では、「楷歯(かいし)といっていた。
│  指先で歯を擦り磨く方法は、歯を磨く最も自然な方法てあり、大変
│  古くから行われていたようである。
│  
│  中国の唐の時代(六一八〜九○七)の敦煌(とんこう)壁画(甘粛
│  省(かんしくしょう))に、指で歯を磨いている人物像が描かれて
│  いる。
│  
│  唐(とう)の時代には、房楊枝(ふさようじ)で歯を磨くことも行
│  われ、歯磨き粉として塩が用いられ、ときとしては、数種類のくす
│  るを混(ま)ぜて使用したこともあったという。
│  
│  「千金翼方(せんきんよくほう)遜思遜(そんしばく)選に「毎朝
│  ひとにぎりの塩で、口中に温水を含み楷指(かいし)し、歯を百遍
│  叩(ひゃっぺんたた)く」とよいと書いてある。
│  
│  これらの文献からして、当時の中国で自然な「楷指」の方法と、歯
│  磨剤として塩が使われていたことは明白である。なお、ヨーロッパ
│  や中国では、塩といえば岩塩が主であったが、わが国では岩塩は産
│  出しない。
│  
│  『神代記』には、伊井諾(いざなぎのみこと)の項に「海水をいり、
│  塩を造る」とあるように、海にかこまれたわが国の塩は海水から得
│  ていた。この塩の語源はうしお(潮)からである。
│  
│  また、わが国の製塩は、古歌にあるように、「藻塩垂(もしおたる)
│  る」とか「藻塩焼(もしおや)く」方法でつくっていた。
│  
│  
│  
└────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│  
│  嘔吐反射外来のご案内
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
│  会社法研より)詳しくは
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
│  皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm
│  
│  ----------------------------------------------------------
│  
│  歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
│  ▼こちらから
│  http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm
│  
│  
└────────────────────────────────

* 編集後記 院長より **********************
   
   12月(師走)も中旬を過ぎ、あと2週間程で新年平成24年を迎
   えます。
   とにかく今年を振り返れば、こんなに自然災害にみまわれた年はな
   かったと思います。
   
   何といっても、3月11日午後2時46分に起きた東日本大震災、
   それに伴う巨大津波、そして人災と言える、東京電力福島第一原子
   力発電所の崩壊でした。
   
   地震発生後9ヶ月を経過しましたが、福島県をはじめ、東北全域、
   及び北関東は、日々、放射能におびえています。まきちらした放射
   能は何十年、何百年と人体に悪影響を及ぼします。
   
   どうするか、政府は全く具体的な政策が立てられません。除染、住
   民の移転、そして保障、とにかくその総額は800兆円から1000
   兆円にのぼると言う学者もいます。
   
   私たち国民は、この事態をどう考えたらいいか、来年の大きな重い
   宿題をかかえて新年を迎えます。
   
   来年こそは、平穏で平和の1年であるようにと祈念せざるを得ませ
   ん。これを12月のメルマガの編集後記と致します。
   
   メルマガ編集長 坂本 貴史
   
   
   
********************* Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集