わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.107 以前

No.108-2010/10/15
No.109-2010/11/15
No.110-2010/12/15
No.111-2011/01/15
No.112-2011/02/15
No.113-2011/03/15
No.114-2011/04/15
No.115-2011/05/15
No.116-2011/06/15
No.117-2011/07/15
No.118-2011/08/15
No.119-2011/09/15
No.120-2011/10/15
No.121-2011/11/15
No.122-2011/12/15
No.123-2012/01/15
No.124-2012/02/15
No.125-2012/03/15
No.126-2012/04/15
No.127-2012/05/15
No.128-2012/06/15
No.129-2012/07/15
No.130-2012/08/15
No.131-2012/09/15
No.132-2012/10/15
No.133-2012/11/15
No.134-2012/12/15
No.135-2013/01/15
No.136-2013/02/15
No.137-2013/03/15
No.138-2013/04/15
No.139-2013/05/15
No.140-2013/06/15
No.141-2013/07/15
No.142-2013/08/15
No.143-2013/09/15
No.144-2013/10/15

No.145 以降

No.125-2012/03/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.125 (2012年 03月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦争がつくった歯型とり材

当歯科医院で診療中に印象材(歯形取り材)の在庫がなくなり、患
者さんの歯型がとれなくて大慌てしたことがあった。

その時、30数年前の学生時代のことを思い出しました。日頃、勉
強なんかしない私が時間つぶしで図書館で「歯科理工学」という本
をパラパラとめくっていました。

たまたま目に入ったのが歯型とりに使う寒天とアルギン酸印象材の
ことでした。

昼食後の満腹時、ウトウトしながら読んでいたため正確には憶えて
いないのですが、第二次世界大戦が始まるや、アメリカの歯科医師
は日本から輸入していた歯型とりの材料である寒天が入手できなく
なり、患者さんの補綴(金冠をかぶせたり、入れ歯をつくったりの)
治療ができなくて大いに困ったとの一文が書いてありました。

当時、歯型とり材料は主に寒天を使っていました。そうです、あの
食べる寒天です。私は寒天が大好物で正月には女房にたくさん作っ
てもらっています。(余談でした)

この寒天は日本の近海にたくさんあるのですが、アメリカの海岸に
不思議となくて、ほぼ100%日本からの輸入に頼っていたようで
す。

日米間で戦争が始まるとアメリカでは寒天の輸入が完全にストップ、
「こりゃ大変!歯型がとれない!歯がつくれない!どうしよう?!」
との歯医者の悲壮な叫び。

そこでアメリカの歯科関連の研究者が総力あげて新しい歯型とり材
(人工寒天)の開発に着手したのです。そして完成したのが「アル
ギン酸印象材」というものです。

しかし、この新型歯型とり材も寒天の正確さには叶いませんでした。
そこで現在良しとして行われている歯型とりは寒天とこのアルギン
酸印象材 を組み合わせて行う方法です。

シリンジという注射器のようなものを使って削った歯や周辺に寒天
を流した後、トレー(歯型とる道具)内にアルギン酸印象材を盛っ
て 歯列全体に覆い歯型とりを完成するのです。

歯型をとったことのある方は記憶されていると思いますが、最初に
熱いのが口に入りますが、これが寒天でその後の冷たいのがアルギ
ン酸印象材です。

2つの組み合わせにより操作性がよく、かつ正確な歯型がとれるよ
うに なりました。

第二次世界大戦という戦争があったばかりに新しい印象材が完成し、
我々日本の歯医者もこのアルギン酸印象材の恩恵をこうむることに
なったのです。

しのざき歯科医院
http://www.geocities.jp/dentopia21/top.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm




* 編集後記 院長より *******************
   
3月(弥生)も中旬を過ぎました。ついに昨年の東日本大震災発生か
らまる一年が経過しました。この一年、私達は、大震災、巨大津波
で何を考え、何を行ったのでしょうか。

今一度立ち止まって深く考える必要を感じます、自然への恐怖を感
じる莫大な力、そして威力に人間は無力なのです。

本来人間は、自然の中で生活し、自然の多くの恵みを受けて生きて
いますし、生きてきました。先人達も過去の自然災害に何度も遭遇
し、そして多大な被害を受けながら、それを乗り越えてきました。

我々現代人は、過去の教訓を忘れ、自然を征服したかのように錯覚
し、自然に対しての謙虚さを失ってきたのです。しかし、自然はそ
れを許してくれませんでした。

今、人間は自然の持つエネルギーの脅威にさらされています。我々
は今一度、自然に対して謙虚さをとりもどし、自然の中にはぐくま
れていることを深く認識することが必要だと、つくづく思います。

自然界に原子力というものを使って、おろかな人間は原子力発電所
を建設しました。その愚かさに天罰がくだされました。

原子力を使って、発電することは、極めて低コストで、効率的とい
うことで、高度成長も手伝って54基も建設してしまったのです。

そして、東日本大震災で、東京電力福島第一原子力発電所の崩壊と
いう大惨事がおこりました。これは特に、福島県や東北地方、関東
地方、いや、全世界に恐怖を与え続けているのです。

旧ソ連のチェルノブイリの原子力発電所の爆発を教訓としなかった
のです。科学の力など、自然の力に会ったら無力ですし、人間の知
恵や力など、無力のなにものでもありません。

これから何十年、何百年と放射能に苦しむのです。これを日本人全
体は謙虚に受けとめ、肝に銘じなければなりません。東日本大震災
一周年にあたり私の考えを述べさせて頂きました。

これをもってメルマガ3月号の編集後記と致します。どうかこの一
年が平穏でありますように祈るばかりです。

平成24年3月15日 メルマガ編集長 坂本 貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集