わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.107 以前

No.108-2010/10/15
No.109-2010/11/15
No.110-2010/12/15
No.111-2011/01/15
No.112-2011/02/15
No.113-2011/03/15
No.114-2011/04/15
No.115-2011/05/15
No.116-2011/06/15
No.117-2011/07/15
No.118-2011/08/15
No.119-2011/09/15
No.120-2011/10/15
No.121-2011/11/15
No.122-2011/12/15
No.123-2012/01/15
No.124-2012/02/15
No.125-2012/03/15
No.126-2012/04/15
No.127-2012/05/15
No.128-2012/06/15
No.129-2012/07/15
No.130-2012/08/15
No.131-2012/09/15
No.132-2012/10/15
No.133-2012/11/15
No.134-2012/12/15
No.135-2013/01/15
No.136-2013/02/15
No.137-2013/03/15
No.138-2013/04/15
No.139-2013/05/15
No.140-2013/06/15
No.141-2013/07/15
No.142-2013/08/15
No.143-2013/09/15
No.144-2013/10/15

No.145 以降

No.136-2013/02/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.136 (2013年 02月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

角と牙の愉快な関係

奈良の秋の伝統行事といえば、天然記念物である鹿の角切りがある。
江戸時代の初期より300年以上受け継がれてきた。角は、オスのシン
ボルである。(注:ニホンジカ)喧嘩は,まず角をお互いに見せつ
ける。決着がつかないとそれで攻撃する。

さてこの角、乳歯のように生え代わる。骨の上に角質のサヤで被わ
れているだけなのだ。生まれた時にはまだないが、次の年にはゴボ
ウのような角が生えてくる。

まるで袋に被われたようで血が通い柔らかい。これを“袋角”と言
う。血液がカルシウムを送り、植物のように伸びて行く。秋には、
覆っていた皮膚がはがれて角が完成する。

でもこの年、枝分かれはまだしていない。そして春先には、ボロッ
と抜け落ち下から新しい角が生えてくる。今度は、一つ枝分かれを
した角である。

さらに次の春には、二つに分かれた角が生えるのだ。こうして四つ
になったら終了となり、以後年ごとに太く長くなる。

さて鹿にとって、秋は繁殖のシーズンだ。当然、気が荒くなり人に
も危害を及ぼす可能性がある。そこで、角切りが行われている。の
こぎりを引いても血が通っていないので痛くはない。

ちなみにこの角を枝角と呼び、英語では“アントラー”という。そ
う! サッカーチーム“アントラーズ”はここに由来する。

奈良公園にある春日大社の神様は、はるばる茨城の鹿島神宮から鹿
に乗ってきた。だから公園の鹿は、神の使いとして大切にされてい
るのだ。

さて,奈良公園は広大な敷地をもつが、いつ訪れても芝がきれいで
心地よい。さぞ多くの人々の手が入っていると思いきや、どうもそ
うではないらしい。

芝刈り機一つないと言う。実は、1,100頭の鹿が、芝を刈っているの
だ。へえ〜!と驚くのはまだ早い。これだけ鹿がいれば、年間の糞
は300トンにもなる。

でも大丈夫。ここは、世界的にもフンコロガシの種類が多いことで
有名なのだ。ファーブル昆虫記に出てくるスカラベ(コガネムシ)
が処理をしてくれる。

糞を転がして球状にし、地中に埋めて食料にする。さらにその糞が
肥糧となり、芝を育てるのだ。もし、景観を保つため人を雇うと、
年間10億円もの人件費がかかるという。

10億円を鹿の数で割ると、1頭あたり年間90万円の仕事をしている
ことになる。

ところでトナカイは,オスもメスも角を持つ。雪の下からエサを掘
り出すために必要なのだ。大きな角をもつオスは,真っ先に食物に
ありつくことができる。

しかし冬に角が落ちると,威張っていたオスが一気に順位を落とす。
そして角のあるメスが食べ物にありつく事ができる。かくして食物
の少ない時期,妊娠したメスは出産のための栄養っを補給する。

さて、一般的に角のある動物は牙がなく、牙のある動物には角がな
い。持っているとしたら、どこかの奥方だけだ。鹿の角は、肉食動
物の牙と同じ意味を持つのだ。

歯のふしぎ博物館
館長 岡崎好秀
(岡山大学病院 小児歯科)
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/tuno/tuno.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm




* 編集後記 院長より *******************

2月(卯月)も中旬を過ぎ、日により、春の兆しが感じられ、梅も
その蕾を開きはじめました。

この頃の季節を表した俳句の季語に「春北風」と言うことばがあり
ます。何となく私もこのことばを理解できるような気がします。

さて、歌舞伎界では大変悲惨なことになっています。あいついで、
名跡を継いだ大物役者の死が続きます。

昨年暮れには、中村勘三郎さん、そして、次は、十二代目市川團十
郎さんのご逝去です。これは、歌舞伎界にとっては大事で、あいつ
いで看板大物役者を失い歌舞伎という伝統芸能の危機とも言えるで
しょう。

十二代目市川團十郎さんを知れば知る程、立派な方で、白血病と戦
い、又、白血病にかかった多くの患者様に「生きる勇気」を与えつ
づけた功績は大変なものだと思います。

自ら骨髄バンクの協議会の会長を歴任し、白血病である患者さんを
自らの出演する歌舞伎に招待するなど、慈善運動にも尽力していた。

しかし、中村勘三郎さんも、市川團十郎さんも病魔には勝てず、薬
石効なくお二人は若い人生を終えた。

とにかく、歌舞伎という伝統芸能を継承、発展させることは、なみ
たいていのことではないことは、想像にかたくない。

私は2月のメルマガの編集後記を執筆するにあたって、歌舞伎の名
跡である、中村勘三郎さんと市川團十郎さんの芸の見事さを特筆し
たかったのである。

とにかくお二人のご冥福を祈り、2月号のメルマガ編集後記と致し
ます。

平成25年2月号メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集