わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.145-2013/11/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.145 (2013年 11月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

基本的なオーラルケア 歯周病予防の為に

1)毎日の歯磨きを見直しましょう。

歯磨きをする時に、鏡で見える歯の表側ばかり磨いていませんか?
歯の裏側もしっかり磨くようにしましょう。

磨き残した歯周プラークは実は細菌のかたまり。歯を支えている組
織を破壊してしまいます。歯だけでなく歯とハグキの境目の部分も
磨くことが、歯周病予防のポインド!

2)プラスのケアで健康な歯に!

歯磨きでは届かない歯と歯の間のケアには「歯間ブラシ」や「フロ
ス」が効果的!特に奥歯は歯周病になりやすいとされている場所。
1日1回は歯同プラークの除去を。前歯や歯並びが悪いところはフ
ロスがオススメです。

3)定期検診が重要です!

歯科医院に行くのは、歯が痛い・ハグキが腫れたなどの症状を自覚
してから…という人が多いのでは?歯周病は自覚症状がないまま進
行してしまう病気です。

たとえば「疲れたときにハグキが腫れる」なんてことはありません
か?一見治まったように見えても腫れを繰り返しながら、実はどん
どん悪化しているのです。

歯周病は早期発見、早期治療することが大事!定期的に歯科医院で
お口のチェックと専門的な歯のクリーニングを受けることで歯の健
康を守りましょう!

糖尿病がある方へ 〜お口とカラダの健康のために〜

4)歯科医院との上手な付き合い方

・歯周病のチェックを受けましょう!

糖尿病と歯周病は互いに影響しあっていることを考えれば、糖尿病
の治療とともに歯周病のチェックを受けるようにしましょう。
定期検診もこまめに行くほうがよいことも。歯科医師と相談しまし
ょう。

・血糖値などの数値を記録しておきましょう!

歯周病やその治療への影響を考えて、血糖値やHbA1c(ヘモグロビン
A1c)の数値を歯科医師に伝えておきましょう。

・歯科治療を受ける際には血糖の急激な変動に気をつけましょう!

歯科治療での緊張やストレスが血糖値に影響することがあります。
歯科治療後にすぐに食事ができないこともあります。低血糖への対
応などを備えておくとともに不安な場合は歯科医師へ伝えておきま
しょう。

5)歯周病予防で、良く噛み、おいしく食べて健康なカラダへ

歯周病になるとハグキが腫れたり、歯がグラついたりして物がうま
く噛めなくなったり、歯そのものが抜けてしまったりして、食べる
のも難しくなることもあります。

歯周病をきちんと治療することでうまく噛めるようになると食べら
れる食事の種類も広がり、楽しみも増えるはず。

また、毎日快適なお口の中で過ごすために「食事後に歯を磨く」
「就寝前に歯を磨く」といったオーラルケアが習慣になれば、歯周
病予防だけでなく、毎日の生活リズムを整えるよいきっかけになる
かもしれません。

歯周医学で、健康を見つめる サンスター



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関する最新情報 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神の手に医療技術はどこまで近づけるのか

最新ハイテク手術の進化を追う

難易度の高い手術が得意な名医は、時に「ゴッドハンド」(神の手)
などと呼ばれるが、最新の医療テクノロジーは、医師をアシストし、
誰もが神の手になれることを目標に進化を続けている。

これまで一部の名医以外には執刀不可能だった症例が、多くの医師
の手によって手術可能になれば、それは病に苦しむ人にとって、夢
の技術といえるだろう。

ここでは、手術用ロボットや医療用ナビゲーションシステムなど、
人の生命を救う最先端の医療技術とその動向について、解説する。

患者の負担を小さくできる手術ロボット「da Vinci」

手術をアシストするテクノロジーとしてまず紹介したいのが、ロボ
ットである。そのロボットとは、人間の手よりも遙かにコンパクト
なハンドを備えたロボットアームによって、患部の切開を最小限に
とどめられることを特徴としている。

医師が手で行うよりも、より低侵襲な手術が可能になり、患者の負
担が小さいことが利点だ。

ロボットといっても自動的に動くわけではなく、医師がカメラの映
像を見ながらリモートコントロールする。つまり、医師の腕の代わ
りをロボットが担うわけだ。

そんな、手術ロボットの分野で世界に最も普及しているのが、「da
Vinci」(ダ・ヴィンチ)である。ダ・ヴィンチは、1999年にアメリ
カのIntuitive Surgical社によって開発され、2006年には2世代目と
なる「da Vinci S」が、2009年には最新モデルの「da Vinci Si」
が登場した。

ダ・ヴィンチは、ロボット部と操作を行うコンソール部、助手用の
モニターなどから構成されるシステムであり、ロボット部には、3本
のアームと1本のカメラが装着されている。

アームの先端には、鉗子やメスなどを取り付けることができ、医師
は、ロボット部とケーブルで接続されたコンソールに座り、ディス
プレイに映し出される3D画像を見ながらアームを操って、患部の切
除や縫合などを行う。

また、操作している医師以外のスタッフは、助手用のモニターを見
ながら手術をサポートすることができる。

Telescope Magazine
http://www.tel.co.jp/museum/magazine/medical/121012_topics_02/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうして動物は、傷口を舐めるのだろう?

動物が怪我をすると、傷口を舐める。そう言えば、私たちも幼い頃、
傷口を無意識に舐めていたことを思い出す。

おそらくこの行為は、動物として本能的なものであろう。しかし、
どうして舐めるのだろうか?舐めることに何か特別な作用があるの
だろうか?

じつは、唾液(だえき)には傷口を消毒する成分が含まれている。
例えば、リゾチーム。風邪薬にも含まれているのでご存知の方も多
いかと思う?

他にも、ラクトフェリンや免疫グロブリンであるIgA(アイジーエー)
などが含まれ、殺菌作用を持っている。

さて、体を構成する細胞は約60兆個、しかし体に付着する細菌数は、
およそ100兆個。
体の細胞より細菌の数のほうが多い。

ちなみに、唾液1ミリリットル中の細菌数は、1億から10億個。それ
に比べ、皮膚の表面には1平方センチあたり1000個と少ない。

もし皮膚に唾液と同じ数の細菌が生息していれば、傷口は化膿する
に違いない。ところが、口の中の傷は化膿しにくい。これこそ、唾
液の殺菌作用と考えられるのだ。

ところで、傷口を舐める理由は他にもある。口の中の傷は、皮膚の
傷より数倍治りが早い。唾液の中には、傷口を早く治す物質も含ま
れている。面白い実験がある。

まずネズミの背中を1センチ四方に切る。そして、ネズミを1匹づつ
飼った場合と、数匹を一緒に飼った場合を比べる。数匹を一緒に飼
うと、ネズミはお互いの傷口を舐めあう。

しかし、1匹では自ら背中の傷を舐めることができない。1匹づつ飼
った場合、2日後の傷口は20%しか治っていない。しかし、互いに舐
めあったネズミは、75%も傷口がふさがっていた。唾液には、傷口
を早く治す作用があることがわかる。

<傷口を舐めてもらったネズミは、治りが早い。 これは唾液に含ま
れる上皮成長促進因子(EGF)の作用である。>

唾液には、もっと他にも面白い作用がある。たとえば"よく噛むこ
とは、ガンの予防になる"と言われる。これは唾液中の酵素ペルオ
キィシダーゼによるものだ。

さまざまな発ガン物質を唾液に30秒間漬ける。そうすると発ガン作
用は、著明に低下する。よく噛むことで唾液の分泌は盛んになる。
だからよく噛むことがガンの予防になるのだ。

<唾液中のペルオキィシタ−ゼは,発ガン作用を低下させる。 この
研究が,噛むことがガンの予防になる根拠となっている。 同志社
大学 西岡一先生 >

そう言えば、"よだれの多い赤ちゃんは元気に育つ""唾液の多いお
年よりは、丈夫で長生き"と言う言葉がある。唾液が多いことは、
体が若いことを意味するのだろう。

ところで一小児歯科医として、子どもの口を診ていて気になること
がある。以前は子どもが口を開けていると、唾液があふれて困った
ものだ。ヌルヌルした唾液の中で治療することは、たいへんであっ
た。

ところが、最近では唾液がたまる子は少ない。唾液の量が減少して
いるのだろうか?原因があるとしたら、食生活の変化だろう。

食べ物が軟らかくなり、噛まないこと。あるいは、水やお茶で流し
込む様にして食べるからか?流し込み食べをすれば、体は唾液を出
す必要がない。

そう言えば、軟らかい食べ物と硬い食べ物を与えたネズミでは、唾
液腺の大きさに差があるという研究もある。やはり唾液をたくさん
出すためにも、よく噛むことは重要なのだ。
ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/09052801000078.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm




* 編集後記 院長より *******************

11月(霜月)も中旬となり、ずいぶん朝、夕は肌寒くなりました。
今年は秋がなく、猛暑からすぐ冬へ移る感じがします。これも確実
に温暖化が原因です。

日本はいち早く地球温暖化阻止に取り組み、京都議定書を採択した
はずですが、現在は全く逆の道を歩んでしまいました。これは、政
府、大企業の責任は重大で、世界からも信用を失いました。

又、最近日本の信用が世界に於いて低下する事件が続いています。
まず東日本大震災で崩壊した東京電力福島第一原子力発電所も、汚
染水の海洋流出問題で安倍首相がIOC総会のプレゼンテーションで
「現況は確実にコントロールされている」と嘘をつきました。

これは、世界の人々に対しての裏切りです。そして、相次ぐ、食品
偽装、これもあきれるばかりです。そして日本版NSC、国家安全保障
会議の設立です。

これも、「戦争をしない国」から、「戦争ができる国」となる第一
歩と考えます。そして国民の「知る権利」をはなはだしく制限する
秘密保護法案の国会提出です。

とにかく、安倍政権は、一党独裁のように次から次へと「日本は信
用できない国」、「日本は戦争できる国」にしようとしていると思
います。これは、恐ろしい事となってきました。

第二次世界大戦の敗戦後68年間、日本が平和であったのは、世界
に誇る日本国憲法があったからです。アメリカを中心にした連合国
の押しつけとか、日本人が関わっていないとか、この日本国憲法を
指摘しますが、私は、どんな制定、経過に関係なく世界に誇るこの
平和憲法を守るべきだと考える国民の一人です。

とにかく今、日本国は、おかしな、危ない方向に向かっていると思
います。世界から安全で優秀と言われた、日本の文化や日本の心が、
今、失われようとしています。

私は「日本は危ない!、存立の危機だ!、そして日本国は民主主義
を捨てようとしている!戦前の恐ろしい国家にもどる!」と考える
ようになりました。

読者の皆様は、今の日本国の進んでいる道、方向性をどう考えます
か?この秋の夜長に自分自身のこととして、深く考えようではあり
ませんか!

これをメルマガ11月号の編集後記とさせて頂きます。

メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集