わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.150-2014/04/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.150 (2014年 4月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダイエットだけではない唾液の効用

唾液は肥満やがんの予防をするだけではありません。口や歯が健康
でいられるためにさらに重要な役割を果たしています。

【ここがポイント】

(1)食べもののかすを洗い流す浄化作用がある。(2)油を一定
に保ち、細菌の繁殖を抑える助緩衝作 用がある。
(2)phを一定に保ち、細菌の繁殖を抑えるph緩衝作用がある。
(3)歯の表面に皮膜をつくり、むし歯を防ぐ保護作用がある。
(4)抗菌作用がある。

などがそれです。ですから、唾液の分泌が少なくなると、むし歯や
歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

(2)のphとは酸性度を測る単位のことで、ピー・エイチ、または、
ペーハーと言います。ふつう蒸留水はph7で、この値が「中性」で
す。これよりもph値が小さければ「酸性」、大きければ「アルカリ
性」です。

ちなみに、ph5・6以下の雨を酸性雨といいますが、歯も油5・5
〜5・7以下になるとカルシウムやリンが溶けだし、むし歯になっ
てしまいます。

自律神経に支配されている唾液腺は、リラックス状態で食事をする
と、副交感神経が優位に働き、サラサラとした唾液を多く分泌しま
す。

ところが反対に、イライラしたり、ドキドキしたり、感情に起伏が
あると、交感神経が働き、ネバネバになり、量も少なくなります。
そのため、緊張すると食事がのとを通らなくなるのです。

唾液の量が多いほど、サラサラしているほど、今述べたいろいろな
作用を発揮する力が高まります。まだからだを守る判断力をもたな
い赤ちゃんが、ダラダラとよだれをたらしているのは、唾液にこん
なすばらしい力があるからなのです。

唾液の分泌を低下させる口呼吸

ところが、口呼吸をしていると、唾液の分泌が低下してしまいます。
ふつうは無意識のうちに鼻で空気を吸って、鼻から吐きますが、最
近は口から空気を吸って吐く人が増えてきました。口呼吸をしてい
ても自分では気づかない場合が多いので注意が必要です。

【ここがポイント】

・いつも鼻がつまっている人
・いつも口をあけている人
・唇や喉が渇きやすい人
・歯ぐきの色が悪い人
・むし歯がある人

口呼吸をしている人には、このような特徴が多いようです。とくに、
前歯の表面の一部が白い人や口臭が生臭い人は口呼吸の疑いがあり
ます。

口呼吸が歯にとって危険な理由は、むし歯や歯周病になりやすくな
ってしまうからです。その理由は唾液に関係してきます。

前にもお話ししたとおり、口の中の酸性度が油5・5〜5・7以下
になると、歯の表面に当たるエナメル質のすぐ下からカルシウムや
リンが溶けたします。

この状態を脱灰(だっかい)といいますが、しばらくしますと、今
度は唾液の力が働いて酸を中和し(緩衝作用)、きれいに洗い流す
(浄化作用)などをして歯垢の酸性度を中性にします。

すると、次に、唾液に含まれているカルシウムなどのミネラルが歯
に沈着し、さきほど脱灰した部分が修復されます。この状態を再石
灰化と呼びます。

つまり、口の中では食事のたびにむし歯ができ始めたり治ったりし
ているのです。しかし口呼吸をしていると、唾液が分泌されてもす
ぐに乾いてしまうため再石灰化もできず、細菌の活動も抑制しきれ
ず、むし歯や歯周病を進行させてしまうことになります。

口呼吸をしている人には、さらに次のような特徴があります。

【ここがポイント】

・自然に口が半開きになってしまう。
・前歯が飛びだしていたり、歯にすき聞か多い。
・上下の歯のかみ合わせが逆になっている(受け口)。
・いつも片側の歯でかむ癖がある。かみ合わせも悪い。
・下唇が上唇より分厚い。
・唇がカサカサに乾燥する。
・朝起きると、喉がヒリヒリ痛い。

前に記した特徴と合わせ、このような兆候があれば口呼吸を行って
いる可能性が十分にあります。人間以外の哺乳類動物の場合は、鼻
呼吸がふつうです。

人間の場合は口で呼吸をするので、扁桃腺炎やかぜなどの呼吸器の
病気にかかりやすく、最近の子どもにぜんそくが多いのも、口呼吸
の影響ではないかという説もあります。

元・東京大学医学部口腔外科の西原克成博士による口呼吸を治すト
レーニングを簡単に紹介しておきますが、もっと詳しく知りたい方
は『呼吸健康術』(法研)をお読みください。

【ここがポイント】

最も簡単なトレーニングはシュガーレスのガムをかむことです。こ
の場合、口を閉じてかむこと。

近くにいる人にクチヤクチヤ日が聞こえるよなかみ方はいけません。
これを 毎日、一〜二時間続けると、二週間くらいで効果が表れま
す。

また、口を閉じてかむので、顔面表情筋の力がアップし、開きっぱ
なしだった唇が、少しずつ閉じやすくなってきます。そのほかには、
かみ癖でないほうの側でリズミカルにかむと、顔のひずみも少しず
つ改善されていきます。

口呼吸以外では、次のような原因で唾液の分泌が少なくなることが
わかっています。

・あまりかまずに食事する
・鎮痛薬、血圧降下剤、利尿剤、向精神薬などを使用しているとき
・脱水症状をおこしたとき
・頭部のがん治療に放射線療法を用いた場合
・自己免疫疾患やHIV感染など

歯と口の悩みを解決する本
坂本歯科医院院長 坂本貴史



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうして動物は、傷口を舐めるのだろう?

動物が怪我をすると、傷口を舐める。そう言えば、私たちも幼い頃、
傷口を無意識に舐めていたことを思い出す。おそらくこの行為は、
動物として本能的なものであろう。

しかし、どうして舐めるのだろうか?舐めることに何か特別な作用
があるのだろうか?

<どうして動物は、傷口を舐めるのだろう?>

じつは、唾液(だえき)には傷口を消毒する成分が含まれている。
例えば、リゾチーム。風邪薬にも含まれているのでご存知の方も多
いかと思う?他にも、ラクトフェリンや免疫グロブリンであるIgA
(アイジーエー)などが含まれ、殺菌作用を持っている。

さて、体を構成する細胞は約60兆個、しかし体に付着する細菌数は、
およそ100兆個。体の細胞より細菌の数のほうが多い。

ちなみに、唾液1ミリリットル中の細菌数は、1億から10億個。それ
に比べ、皮膚の表面には1平方センチあたり1000個と少ない。

もし皮膚に唾液と同じ数の細菌が生息していれば、傷口は化膿する
に違いない。ところが、口の中の傷は化膿しにくい。これこそ、唾
液の殺菌作用と考えられるのだ。

ところで、傷口を舐める理由は他にもある。口の中の傷は、皮膚の
傷より数倍治りが早い。唾液の中には、傷口を早く治す物質も含ま
れている。

面白い実験がある。まずネズミの背中を1センチ四方に切る。そして
、ネズミを1匹づつ飼った場合と、数匹を一緒に飼った場合を比べる。
数匹を一緒に飼うと、ネズミはお互いの傷口を舐めあう。

しかし、1匹では自ら背中の傷を舐めることができない。1匹づつ飼
った場合、2日後の傷口は20%しか治っていない。しかし、互いに
舐めあったネズミは、75%も傷口がふさがっていた。唾液には、傷
口を早く治す作用があることがわかる。

<傷口を舐めてもらったネズミは、治りが早い。 これは唾液に含ま
れる上皮成長促進因子(EGF)の作用である。>

唾液には、もっと他にも面白い作用がある。たとえば“よく噛むこ
とは、ガンの予防になる”と言われる。これは唾液中の酵素ペルオ
キィシダーゼによるものだ。さまざまな発ガン物質を唾液に30秒間
漬ける。

そうすると発ガン作用は、著明に低下する。よく噛むことで唾液の
分泌は盛んになる。だからよく噛むことがガンの予防になるのだ。

<唾液中のペルオキィシタ−ゼは,発ガン作用を低下させる。 この
研究が,噛むことがガンの予防になる根拠となっている。 同志社
大学 西岡一先生 >

そう言えば、“よだれの多い赤ちゃんは元気に育つ”“唾液の多い
お年よりは、丈夫で長生き”と言う言葉がある。唾液が多いことは、
体が若いことを意味するのだろう。ところで一小児歯科医として、
子どもの口を診ていて気になることがある。

以前は子どもが口を開けていると、唾液があふれて困ったものだ。
ヌルヌルした唾液の中で治療することは、たいへんであった。とこ
ろが、最近では唾液がたまる子は少ない。

唾液の量が減少しているのだろうか?原因があるとしたら、食生活
の変化だろう。食べ物が軟らかくなり、噛まないこと。あるいは、
水やお茶で流し込む様にして食べるからか?

流し込み食べをすれば、体は唾液を出す必要がない。そう言えば、
軟らかい食べ物と硬い食べ物を与えたネズミでは、唾液腺の大きさ
に差があるという研究もある。やはり唾液をたくさん出すためにも、
よく噛むことは重要なのだ。

ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://c10yglm5.securesites.net/shigaku/Kizuguchi.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

歯に関する悩みや質問など無料で出来ますよ!
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/guestbook/index.htm




* 編集後記 院長より *******************

4月(卯月)も中旬を過ぎ、桜の花も散り、めっきり春らしくなり
ました。これからは、つつじを経て若葉の季節がやってきます。山
里では山菜が人々を楽しませます。

山菜の女王はやはり「たらの芽」でしょうか!私も学生時代に度々
八ヶ岳を下山する途中に「たらの芽」を摘んだのをよく憶えていま
す。

最近はふとどき者がいて山菜を根こそぎ引っこ抜いて持ち去るもの
が多く、とても嘆かわしい限りです。

昔は「たらの芽」の上部を少し摘んで、また違う株へ移って、「来
年またよろしく楽しませて下さい。」と心の中で感謝したものです。

山歩きをする人々のマナーも昔はしっかりとしていて、例えば北海
道大雪山系の白雲岳の無人小屋に「冬期○月○日よりの予定でこの
食料を使います。どうぞよろしくお願い致します。北海道大学山岳
部」と記してある食料を誰一人として、いたずらしたりすることも
なく全く手をつけません。これは登山者の常識です。

それが「今ではそういうことさえできない。」と北海道大学山岳部
のOBが言っておりました。日本人のモラルが大きく落ち、毎日、
毎日凶悪な殺人事件がメディアから流れますし、会社役員や政治家
の不正も、官僚達の不正も以前よりかなり多くなりました。

いったい、この日本国の人々の倫理観はどうなったのでしょうか!
日本も地に落ちたものです。

超少子高齢化が進むにつれ、社会保障の質も量も落ち、富む人間が
優遇され、貧しい人々はより貧しくなる社会を日本政府及び大企業
の幹部、国会議員達、官僚達に作られてしまいました。

これからの日本国はどこへ向かうのでしょうか!社会福祉という言
葉は日本国からなくなってしまった感があります。

政治家や学者達は口をそろえて、社会保障費の圧縮を声高にまくし
たてます。なぜ行政改革が全く進まないのでしょうか!!アメリカ
合衆国に比べて、人口比で日本の議員は3倍もいます。

衆議院に480人、参議院に250人もいます。せめて衆議院を
200人、参議院を80人程度で議員は十分足りるのです。

国会議員達は自ら定数削減などできないので、我々庶民が行政改革
を叫ばなければなりません。安倍政権も平和憲法を改悪しようと、
着々と関連の法律を作っています。

国家安全保障会議(日本版NSC)、特定秘密保護法、そして武器輸
出三原則の大幅な緩和、そして福島の大惨事があったにもかかわら
ず原子力発電の輸出の推進と、どんどん「戦争をしない国」から
「戦争ができる国」へ舵を大きくきりました。

何と危険な安倍政権なのでしょう。集団的自衛権、個別的自衛権の
憲法解釈も改悪しようとしています。憲法解釈の変更は筋が通りま
せん。まさしく日本国憲法第9条を無視しています。日本国憲法第
9条は正式にノーベル平和賞の候補になっています。

自衛権の解釈を変更したいなら堂々と国民に信を問うて、憲法を改
訂したら良いのです。姑息な手段で憲法解釈を変えるなどもっての
ほかです。

アメリカ合衆国に従属し、未だ真の独立国ではない日本の悲劇です。
安全保障とは平和外交のことです。防衛力としっかり分けて考えな
ければなりません。

この国の行く末を心配しながら4月中旬を迎えました。これをメル
マガ4月号の編集後記と致します。

メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集