わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.155-2014/09/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.155 (2014年 9月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナホトカ号沈没事故と口の中の汚れ

一昨年の冬、ロシアタンカーのナホトカ号の重油流出事故があった
ことは記憶に新しい。被害は日本海沿岸に及び、なかでも福井県の
三国町沿岸に多量の重油が流れ着いた。

地元民やボランティアがその除去にあたる。冬の荒波の中で重油を
ひしゃくですくうもの、岩についた重油を雑巾や竹べらでとるもの、
誰もが懸命に作業を行っていた。

冷たい水の中で手は、かじかんで動かないことだろう。体が冷える!
暖が取りたい!この場から逃げ出したい!しかし重油は情け容赦な
く流れ着く。

寒さのために死亡事故もおきた。腹が立つ!この怒りをどこに、ぶ
っつければよいのだろう。テレビを誰もが同じ思いで見ていたこと
だろう。新聞記事このシーン、じつは歯科医師も、診療をしながら
感じることに似ている。

前回の治療で、乳歯の奥歯に銀歯をかぶせた。今日その歯を見てみ
ると、本来光っている銀歯が、くすんだ色をしている。これは歯に
ついた歯垢である。この歯垢が酸を出し歯が溶かされ虫歯ができる。
また、歯垢が毒素を出し歯周病が起こる。

この状態が続くなら、また悪くなることが目に見えている。「せっ
かく、きれいに治したのに・・・・・」とため息が出る。いったい
この子の親は、歯を治す気があるのだろうか?

保護者からの言い分があるだろう。「磨いても、すぐに歯垢がつく
のです」銀歯についた歯垢。これは岩に付着した重油である。すな
わち歯を磨くことは、岩についた重油を取り去ることに相当する。

ちょっと待てよ。岩についた重油を取り去ることに精力を注ぐより、
重油を流出し続けるナホトカ号に、目を向けたほうがよいのではな
いか。

だとすれば、歯垢を取り去ることを考えるより、歯垢のできる原因
について考えたほうがよいのではないか。これは一種のパラダイム
の転換である。

さて、野生のサルは、木の実や葉などを食べている。野生サルの虫
歯の研究があり、虫歯を持つサルの割合は約6%。一方、加工食品
を食べる動物園のサルの虫歯は約35%だという。

この差は、なぜ起こるのか?両者とも歯ブラシを持って磨くわけで
はない。動物園の獣医はいう。「サルの口が、春と秋に汚れる」こ
れは何を意味するのだろう?さらに続けて「行楽客がサルに餌を与
える」からだという。

肥満や糖尿病のサルも珍しくないそうだ。野生サルと動物園のサル
の虫歯の差。これは食べ物であることがわかる。乳歯虫歯といえば、
甘い食べ物が、方程式のように頭をよぎる。

一方で、最近は学童期に歯周炎などの歯周病が増加しているといわ
れている。軟らかい食べ物の増加と歯周病の関係は、次のように説
明できる。今、リンゴとケーキがあったとしよう。ナイフでリンゴ
を切る。ナイフはほとんど汚れない。

次に、ナイフでケーキを切ってみよう。ナイフには、ベッタリと汚
れがつく。歯もナイフと同じである。リンゴを食べても汚れは少な
い。しかしケーキを食べるとナイフ同様の汚れがつく。

甘い食べ物だけでなく、軟らかい食べ物も、口を汚す元凶だといえ
る。口は食べ物が入る最初の場所だから、食べ物が変われば最初に
変わるのは口の中ではないかと思う。

歯磨きだけで虫歯や歯周病を予防するより、食生活全般について考
えることでさらに大きな健康の獲得につながらないだろうか。

ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://c10yglm5.securesites.net/shigaku/nahotoka.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------



* 編集後記 院長より *******************

9月(長月)も中旬を過ぎ、昨今はだいぶ涼しくなってきましたが、
メルマガ読者の皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。

今年の夏は異常気象の影響で、全国各地で豪雨による土砂災害、洪
水、家屋の倒壊等、大変な惨事となってしまいました。

急速に地球温暖化が進んでいます。何とか地球規模で温暖化に、世
界各国が取り組まないと取り返しのつかないところに来ています。

地球温暖化は、人類、いや生物すべてにとって恐ろしいものです。
我々人類は、エゴで、便利を優先して環境破壊を続けてきました。

いくら、科学が進んでも、それは人間が作り出したものです。人間
は、いつしか、自分達が作り出した科学というもの、便利さという
ものから恐ろしい攻撃を受けることになります。

人間というものは、そうなることが予測できるのに、自らの行動に
ストップをかけることが出来ません。何と愚かな生き物でしょう。

世界中で人の殺戮が続いています。領土だとか、資源だとか、宗教
だとか、いろいろの理由を挙げますが、それは皆、言い訳でしかあ
りません。

人間とは、後悔する動物なのでしょうか。地球に生きている生物は
自然の中で、残酷にも、死を迎え、また生命の誕生を繰り返し、一
つの生態系を作っています。

地球上の動物や植物は、いつしか死を迎え、また新しい命が生まれ
ます。これが、自然の輪廻と言うものです。その掟を勝手に破って
いるのは我々人間なのです。

人間の愚かさを本当に理解してこそ、この地球という宇宙に浮かぶ
天体で生きて行けるのです。我々はこの秋の夜長に、真摯に「人間
の作り出した科学というものに向き合うことをすべきです。」こう
思う人は私だけでは決してないはずです。

どうか、この問題を読者の皆様に、真剣に考えて欲しいのです。私
はちっぽけな人間ですが、「雨だれが石をうがつ」と田中正造は言
いました。

少しの力でも集まれば大きな力となることを信じて、これから少し
でも地球を愛する行動をしようではありませんか!!これをメルマ
ガ9月号の編集後記と致します。では又、メルマガ10月号でお会
い致しましょう。

平成26年9月15日 メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集