わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.160-2015/02/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.160 (2015年 02月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恐竜は胃に石を持っていた?

よく噛まないを、消化が悪くなると言われる。ところで肉食恐竜は、
獲物を丸飲みしていることはご存知か?それでは恐竜は、噛まなく
ても消化不良を起こさなかっただろうか?

じつは恐竜の糞の化石が、多く発見されている。十分に消化されて
いなければ、糞が化石として残らないのだ。でも、どうして噛まな
くても消化されていたのだろう?

この疑問に対して諸説がある。
第一は、強力な消化酵素を持っていたという説。
第二には、ウシのように胃袋がたくさんあり、反芻(食べ戻し)を
していたという説。
第三には、胃の中に石が存在したという説。

さて恐竜の化石が発見された付近で、周囲の地層には見られない石
が発見される。これこそ「胃石」と呼ばれ、食べ物を粉砕していた
石である。現在では、ワニにも胃石がみられる。

胃の内面には格子状のヒダがあり、ここに石がはまり込む。なるほ
ど! これなら歯で噛む必要がない。忙しい現代人にはピッタリで
はないか。

ヒトにも胃石があれば・・・と思われる方もいるに違いない。確か
に胃石は、一見して便利そうに思える。でははたしてそうであろう
か?ところで、イソップ童話に中のオオカミと七匹の子山羊たちの
物語をご存知だろうか?

オオカミが六匹の子山羊を食べ、一匹だけが生き延びた。そのこと
を子山羊が母親に告げると、母親は眠っているオオカミのお腹を切
り、子山羊たちを逃がし、代わりに石をつめて逃げ去った。

目が覚めたオオカミは、喉が渇き水を求めて池に行ったが、水に溺
れて死んでしまったという話し。そう! 石があると体が重くて、
泳ぐことができない。草原を疾走することもできないだろう。やは
り胃石は、不便なのだ。

さてヒトには、胃石の代わりとなる「あるもの」が存在する。賢明
な読者の方なら、もうお気づきのことと思う。そう! 胃石の代わ
りに、ヒトには臼歯が存在する。

臼歯で噛むことは、哺乳類の特徴なのだ。進化の過程では、魚類か
ら両生類そして爬虫類の歯は、獲物を捕らえる手の代わりの歯とし
て進化する。

だからすべての歯が同じ形をしている。恐竜は丸飲み食べするので、
胃から後が消化器官をなるのだ。しかし、ヒトは臼歯を得ることに
より、口も消化器官の一部として機能している。ヒトの歯は、かく
も巧妙にできているのだ。

http://c10yglm5.securesites.net/shigaku/inoishi.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------



* 編集後記 院長より *******************

2月(如月)も中旬を過ぎました。今年は昨年11月末頃から寒さ
が始まりました。例年になく寒い毎日が続いていますが、読者の皆
様はいかがお過ごしでしょうか?

私は、青春時代は毎週、徹夜をして上越、信越のスキー場に通って
いました。夏と秋はもっぱら登山、日本各地の百名山を登っていま
した。そして、冬と春はもっぱらスキーを楽しんでいました。

スキーの腕前は大したことはないのですが、晴れた時の雪山に立つ
爽快感は何とも言えず、登山で山頂に立つ気持ちに近いものがあり
ました。

少し、硬い話になりますが、山登りはよく人の一生、つまり人生に
例えられることが多いですが、私は次のように考えます。

「山に登るのは現実からの逃壁であり、自分を本来の自然の中に身
を置きたいという心と、社会の喧騒からとにかく距離を置きたい、
逃れたい」と思うからだと思っています。

高い険しい山に登っている時は、数十キロもの重い荷物を背中に背
負って、汗を拭いながら、一歩、一歩進みます。そして、たまたま
山で出会った人々と挨拶を交わします。

「こんにちは!!山頂は美しかったですか?」と山を降りる人には
声をかけます。「今は曇っているけど、もうすぐ晴れそうですよ、
気をつけてね!!」と言われながら、また、一歩一歩と登ります。

そして山頂に到着し、汗を拭って360度見渡すと身が震える程の
美しさに、こんなに登りが苦しかったのに相棒に「次はどこの山を
登ろうか!!」と言ってしまう自分と相棒、

山登りとは全く不思議です。そして、優しい登山者たちやテントを
張っている仲間、山小屋のおやじさんに、とても親切にされて日常
とは遠いかけ離れた世界を楽しみます。

それもつかの間、今度は長い長い下山の道が待っています。身体の
疲労を感じながら、一歩、一歩、山を下っていきます。

落石やゆるくなった道に細心の注意を払いながら下山していきます。
ここで人の一生に戻りますが、人は山へ登る、そして頂上で束の間
の幸福感を味わいます。

しかし下山は苦しい、この下山、つまり死を迎える瞬間までいかに
楽しく充実した日々を過ごすことが、どれ程難しく、苦しいものか
を人はいやという程知ることになります。現在私は下山中の身。楽
しく、そして充実した下山が読者の皆様も必ずできるよう今から心
の準備が必要かもしれません。

ちょっと暗い話のようですが、この現実をしっかり受け止めること
こそが楽しい人生を送ることと私は信じています。

では、これを2月号メルマガの編集後記と致します。また3月号で
お会いすることを楽しみにしております。


平成27年2月15日
メールマガジン編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集