わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.164-2015/06/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.164 (2015年 06月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関する最新情報 ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

草食動物の消化システムと歯

某動物園の元園長先生から草食動物の糞の標本をいただいた。ゾウ
・キリン・シマウマの糞を十分乾燥させ,表面をクリアラッカーで
コーティングさせたものである。

これを利用し小学校で歯の授業を計画した。肉食動物がいないので
トラを加え,それぞれの動物と糞の写真を集めクイズにした。さて,
動物と糞に線を引いていただきたい。
画像はこちら↓:
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/hun/hun.html

まずBの糞には,草が含まれていないのでトラだとわかる。ちなみ
に肉食動物の糞は,黒くて臭いそうだ。ゾウは,1日200キロもの植
物を食べるという。だから糞が大きいのですぐ分かる。ずいぶん未
消化物も多いようだ。

さて,ここからが難しい。シマウマとキリンの糞の差である。両者
とも草食動物だ。よくわかるように両者の乾燥標本の糞を眺めてみ
よう。アの糞は,小さく未消化物は少ない。
一方,イの糞には未消化物が多いこと。未消化物の少ない消化シス
テムが,種にとって有利なことは言うまでもない。それではどのよ
うな差が,未消化物の量に影響するのだろう?

さてシマウマは,ウマや・ロバなどの仲間で,足の蹄(ひずめ)が
奇数であることから奇蹄(きてい)類に分類される。一方,キリン
はウシや羊などの仲間の偶蹄(ぐうてい)類である。

これらは有蹄類と呼ばれ、蹄を持つ草食動物である。かつてこれら
の動物は,5本の指を持ち,森林に住んで軟らかい葉を食べていた。
しかし地球の乾燥化により草原が広がり
,そこでの生活を余儀なくされた。

さて草原での生活には,2つの問題がある。1つは肉食動物に襲われ
る可能性がある。もう1つは,硬く消化し難い草を栄養源としなけれ
ばならない。

第1の問題に対しては,早く走って逃げることが求められる。そこで
無駄な力を分散させるため指の数を減らし,同時に爪を硬くし蹄を
作り出した。

第2の問題に対しては,特殊な消化システムを作り上げた。草食動物
は,硬い草のセルロースを分解することができない。そこで腸内細
菌の持つ酵素,セルラーゼを利用し草を分解しようとした。

そのため奇蹄類は,巨大な盲腸を作り出し,腸内細菌で発酵させる
道を歩んだ。しかし盲腸には,落とし穴があった。栄養分のほとん
どは小腸で吸収する。盲腸は,小腸の後にあるのだ。このシステム
は,栄養源の吸収効率が悪いのである。

一方,偶蹄類は,胃を発達させ多くの胃(複胃)を作り出した。そ
のため,キリンも4つの胃を持つ。第1・2胃で発酵させたものを,ま
た口に戻して噛み続ける。これを繰り返し,最後に第3・4胃へと送
られ消化される。

すなわち反芻(はんすう)による消化である。この方法により,栄
養を効率よく分解し吸収するシステムを作り上げた。

これでシマウマとキリンの糞の違いが解けただろう。未消化物が多
いのがシマウマ,少ないのがキリンなのである。さて現在,地球規
模で考えると,奇蹄類の種類や数は減り続けている。

一方,偶蹄類は,種類や数が増え続けている。この差は,反芻が作
り出した消化システムの差と言える。つまり,セルロースを効率よ
く分解するシステムは,よく噛むことが必要だ。偶蹄類の繁栄は,
歯が作り出したものなのである。

歯のふしぎ博物館
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/hun/hun.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------



* 編集後記 院長より *******************

6月(水無月)も中旬を過ぎ、本格的な梅雨の始まりを感じさせる
今日この頃です。皆様はこの日本の蒸し暑い梅雨の季節をどうお過
ごしになるのですか?

私はもっぱら神社仏閣の境内に咲いている紫色の花、例えば、紫陽
花、菖蒲、杜若等を鑑賞に歩くことにしています。雨に濡れた苔の
庭等最高です。

傘を持って外出するのは少し気分が乗りませんが、一度外出してし
まうと日本の季節の面白さを堪能できますよ!

さて、話はガラっと変わりますが、現在、国会では集団的自衛権行
使容認を可能にする法律案が11本提出されていて、審議の真最中
です。

最近、私は政治的なことを極力文章に残すことは中断していました
が、いくら何でもこの11本の法案は滅茶苦茶で、日本の平和憲法
に抵触することは明らかで、戦後70年、政府及び、国民が大切に
守り続けてきた平和主義、立憲主義、主権在民の思想が脅かされて
いるのです。

安倍首相の掲げる積極的平和主義とはいったい何でしょうか?私は
全く理解できません。安倍首相本人も積極的平和主義を理論正しく
説明できないのではないでしょうか!

そして、安倍政権がよく使用する戦略的互恵関係とはいったい何な
のか、これも全く解りません。安倍さんはいったい何を自分が発言
しているのか解っているのでしょうか!

安倍政権の閣僚達は、安倍首相に「おべっか」を使い、もっぱら気
に入られようとしています。宏池会の流れをくむはずの岸田派は全
く腐ってしまいました。その代表は岸田外相です。また、無能な防
衛大臣の中谷氏も同様です。

野党は質問時間の間は自分の考えを述べ、政府に質問する権利を持
っています。ですが、安倍首相自ら民主党の辻元議員に対して「早
く質問にしろよ!!」と品位の欠片もないヤジを飛ばしたのです。

この国会中継は国民だけではなく、世界中の人々が見ています。私
達日本国民も本当に恥ずかしい限りです。歴代の首相でこんな品の
ないヤジを飛ばした人は一人もいません。安倍首相の人間としての
資質が問われます。

安保法制の審議中の中、衆議院憲法審査会が開かれ、三人の憲法学
者が招かれ、民主党の議員の質問に答える形で自民党、公明党の推
薦を受けた憲法学者すら、今回の安保法案は「日本国憲法に照らし
て違憲である。」と答えたのです。もちろんあとの二人の学者も憲
法違反とし、何と三人とも憲法違反と答え政府案を批判しました。

この三人の学者が言うように、この政府提出の安保法案は無理があ
るのです。特に集団的自衛権行使容認は、とても日本国憲法のハー
ドルを越えられないということがハッキリしました。

三人のうち一人の学者は審査会終了後に「日本には300人程の憲
法学者がいるが、この安保法案に対し、合憲という学者は一人か二
人ではないか」と言い切っているのです。この点からも今回の安倍
政権の提出した安保法案は完全に日本国憲法に違反するということ
です。

安倍首相は早くこの政府案を取り下げ、最初から憲法改正の議論を
始めた方がよっぽど筋が通っています。このように主張する学者や
知識人、そしてメディア関係の人々及び国会議員はたくさんいます。

まず、この平和憲法を改訂するか、そのままにするかを国民に問う
て議論を始めることが、第一に政府、与野党のやることです。

姑息に集団的自衛権容認の憲法解釈変更などで、はぐらかそうとし
ても、それは到底無理があります。この政府と自民、公明の法案は
平和憲法の精神を大きく踏み外し、日本を戦争をしない国から、戦
争が出来る国に変質させることになるのです。

私達国民はよくよくこの安保法制を注視し、今からでも遅くないの
で、この法案に対し明確な反対の意思表示をするべき時であると確
信しています。

この安保法制をもし我々国民が阻止し、平和憲法、とりわけ第9条
を死守出来たら未来に続く子供や若者達に最高のプレゼントになる
でしょう。

第二次安倍政権となるや、国家安全保障会議の設置、武器輸出三原
則の改悪、特定秘密保護法の制定、そして今回の集団的自衛権の行
使を容認する新たな憲法解釈の変更、そしてこれに伴う11法の制
定等、日本の右傾化に歯止めがかかりません。

こんなひどい自民党政権は戦後見たことがありません。このことに
こともあろうに国民の多数は誠に無関心です。この無関心が「物言
わぬ賛成者」となってしまうのです。

無関心により、国民の権利がことごとく奪われ、戦争できる国にひ
た走る政権の存在を認めてしまうのです。このことを深く受け止め、
平和日本の進路を国民全体でゆっくり考えましょう。

甚だ政治的な文となってしまいましたが、この集団的自衛権行使容
認の憲法解釈の変更だけは我慢ならなかったのです。

では、これを6月号メルマガの編集後記と致します。政治的な文で
誠に申し訳ありません。では、7月号でお会い致しましょう。

平成27年6月15日
6月号メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE−Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集