わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

No.144 以前

No.145-2013/11/15
No.146-2013/12/15
No.147-2014/01/15
No.148-2014/02/15
No.149-2014/03/15
No.150-2014/04/15
No.151-2014/05/15
No.152-2014/06/15
No.153-2014/07/15
No.154-2014/08/15
No.155-2014/09/15
No.156-2014/10/15
No.157-2014/11/15
No.158-2014/12/15
No.159-2015/01/15
No.160-2015/02/15
No.161-2015/03/15
No.162-2015/04/15
No.163-2015/05/15
No.164-2015/06/15
No.165-2015/07/15
No.166-2015/08/15
No.167-2015/09/15
No.168-2015/10/15
No.169-2015/11/15
No.170-2015/12/15
No.171-2016/01/15
No.172-2016/02/15
No.173-2016/03/15
No.174-2016/04/15
No.175-2016/05/15
No.176-2016/06/15
No.177-2016/07/15
No.178-2016/08/15
No.179-2016/09/15
No.180-2016/10/15

No.181 以降

No.173-2016/03/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.173 (2016年03月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関するトピックス ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たばこと歯同病

たばこの煙には、ニコチン、タール、一酸化炭素、ホルムアルデヒ
ド、シアン化水素など、二百種類以上の有害物質が含まれています。
それらの物質が、肺や心臓に害を与えるのと同様に、歯の周りの組
織(歯周組織)にも悪い影響を及ぼします。

平成八年、厚生省(現・厚生労働省)が厚生大臣に提出した意見書
によれば、喫煙習慣は、肺がん、気管支炎などとともに歯周病をお
こす要因であると指摘しています。そして、その意見書のなかで、
さらに次のように言っています。

●非喫煙者にくらべて、歯石がつきやすい。
●歯ぐきの血行や免疫機能(防御機能)を低下 させる。
●歯周病の治療を行っても、治りが悪く、再発しやすい。
●歯周病にかかるリスクが高いのは、第一に高齢者。第二に喫煙者。

タール(ヤニのこと)は歯の表面にこびりつき、歯ブラシでもなか
なか取れません。歯の裏側にこげ茶色に付着し、さらにこの部分に
は、むし歯や歯周病の原因となる歯垢が沈着しやすくなり、歯周病
の発症や進行を早めてしまいます。

また、ニコチンは、歯ぐきや歯を支えている骨などの健康な細胞を
傷つけ、炎症を引きおこしますし、免疫に必要な細胞も減少させて
しまいます。そのため歯ぐきの抵抗力が落ちて歯周病が進行しやす
くなり、治療効果が低下します。

あるデータによれば、喫煙者は非喫煙者とくらべて、二~九倍の割
合で歯同病にかかりやすいそうです。といってもたばこを吸わない
人が歯同病にならないわけではありませんので、くれぐれも油断は
禁物です。

歯と口の悩みを解決する本
坂本歯科医院 院長 坂本貴史



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関するトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯周病で早産のリスクが約7倍に! 妊娠する前に知っておきたいこと

妊娠を境に、女性の身体にはさまざまな変化・痛みが生じるもの。
中には「事前に知っておけば良かった」ということもあるだろう。
歯科医師の倉治ななえ先生に、妊娠前に知っておきたいことをうか
がったところ、第一声が「歯周病は早産等のリスクになる」とのこ
とだった。そこで、妊娠と歯周病にはどんな関係があるのか、倉治
先生にうかがった。

血液に流れて子宮・胎児に影響

「歯周病が早産などのリスクになることは、母子健康手帳内の全国
共通となる省令様式で明記されています。これは2012年に追加され
た文言ですが、学会の中では以前から指摘されていたことでした」
と倉治先生は言う。

歯周病が早産や低体重児出産を引き起こすメカニズムを簡単に説明
すると、妊婦が歯周病になると歯周組織の破壊が通常よりも速いス
ピードで進行する。すると、歯周病菌がもたらすサイトカインなど
の炎症関連物質が過剰に生成され、血管の中に入り込み、血液とと
もに運ばれる。この炎症関連物質は子宮を収縮させるホルモンに酷
似していることから、早産等を引き起こす原因になるという。

実際、妊婦の飲酒によって早産のリスクは約3倍になるとされている
が、歯を支えている歯槽骨まで破壊される歯周炎を患っていると、
早産のリスクは約7倍にもなるとされている。

加えて、妊娠は歯周病が悪化しやすい環境でもある。妊娠中は「女
性ホルモン」と称されるエストロゲンやプロゲステロンなどが高ま
るが、このエストロゲンは歯周病菌の栄養となって増殖する。また、
ホルモンバランスが崩れると唾液の分泌量が減ってしまい、妊婦は
ドライマウスになりやすい。

唾液には食べカスを洗い流すほか、唾液中に含まれる抗菌物質で歯
周病菌など細菌の増殖を予防する働きがあるため、十分に唾液が分
泌されない状況では、歯周病菌の増殖をうながしてしまうことにも
なる。

歯周病対策で今からできる3つのこと

実際、妊娠してからも歯科医師に相談しながらむし歯や歯周病治療
をすることはできるが、理想的なことは妊娠前にむし歯や歯周病を
治すこと。自分でできる対策として、倉治先生は「適切な歯磨きを
すること」「フロスを使用すること」「キシリトールをかむこと」
を推奨している。

「適切な歯磨きをすること」とは、フッ素入りの歯磨き剤を15歳以
上なら歯ブラシの上に2cm程度使用し、ブラッシングをすること。な
るべくフッ素を口腔内に残すためにもすすぎは1回だけにとどめたい。
また、歯磨き剤は歯のエナメル質を守るために、低研磨性のものを
選ぶことも大切になる。歯ブラシだけでは落とせない汚れは、「フ
ロスを使用すること」で歯と歯と隙間までしっかりフロッシングを
するようにしよう。

これらより、もっと気軽にできる対策が「キシリトールをかむこと」
だ。キシリトールはむし歯の元となる「酸」を作らない甘味料であ
り、さらに歯周病菌やむし歯菌の塊である歯垢(プラーク)の生成を
阻害し、キシリトール自身の爽やかな甘味が唾液の分泌を促してく
れる。

キシリトールには目安となる摂取量あり、1日「1g・5分・5回」が
推奨されている。この"キシリトール習慣"を身につけていれば、3
カ月で効果がではじめ、2年でむし歯の悪玉菌であるミュータンス
菌がなくなると倉治先生は言う。

妊娠中はさまざまな問題が生じるもの。事前にできる対策を日々心
がけておくことが大切になるだろう。

マイナビニュースより
http://news.mynavi.jp/articles/2016/03/07/tooth/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インフルエンザと鼻呼吸

最近,口を”ポカ~ン”と開け口呼吸している若者が目立つ。アレ
ルギー性鼻炎のため,やむなく口呼吸となったり,完治しても癖に
なっている場合もある。また,軟らかい食物が増加したため,口を
しっかり閉じることが少なくなり, 口唇の力が弱くなっていること
も原因の一つと考えられる。

これは歯科的にも口呼吸性歯肉炎の原因となる。特に,前歯の歯肉
が硬く脹れる歯肉炎で,歯磨きをしても治らない。口唇を閉じる訓
練により,口唇の力をつけることが必要となる。ところで,ある小
学校で調査したら,口唇の力の弱い児童ほど風邪をひきやすい傾向
にあった。でもどうして,口を開けている児童は,風邪をひきやす
いのだろう?

そう言えば,今年も間もなく風邪の季節が訪れる。歯科医が罹ると
,診療にならないばかりでなく,患者さんにも感染させ迷惑をかけ
てしまう。さて,風邪の予防といえば,マスクがあげられる。とこ
ろでマスクの網の目を,トンネルの大きさにたとえると,代表的な
風邪のウイルスであるインフルエンザ・ウイルスは,どのくらいの
大きさになるだろう?は,アリの大きさにも満たないのだ。ならば
マスクは,本当に予防効果があるのだろうか?

ところでモンゴルの冬は,零下40度まで達する寒さである。なんと!
凍ったバナナで釘を打つことができるのだ。ところが,この冷たい
空気を鼻から吸っても,喉の奥では体温付近まで上昇するという。
わずか10cmで,60度以上も空気温が上昇する理由。それは鼻の中の
毛細血管により加温されるためだ。

ところで鼻の毛細血管には,もう一つの働きがある。それは乾燥し
た空気に湿気を加えることだ。驚くなかれ,ヒトの鼻では1日約1
リットルの水分が出ているという。そもそも肺で酸素を取り入れ,
二酸化炭素を排出する呼吸は,湿度100%の状態で行われる。これは
,魚が水中でエラ呼吸をしていることを考えれば理解しやすい。肺
は,エラが体の中深く入ったものである。だから肺は,乾燥に弱い。
肺炎になると加湿器を入れるのもこのためだ。

加湿するメリットは,他にもある。インフルエンザウイルスは,湿
気に弱い。乾燥した冬に流行するのもこのためだ。さてウイルスは,
気温が20℃で湿度30%の状態において,
6時間後では約半分のウイルスが生きている。しかし,湿度が60%
まで上昇すると95%まで死んでしまう。如何に,ウイルスが湿気に
弱いかが,よくわかる。

このことからマスクは,吐く息の水分が繊維に付くことで,インフ
ルエンザウイルスの体内への進入を防いでいることがわかる。ヒト
は,マスクの代わりになるものを体に備えて入る。それは,鼻で呼
吸することだ。そう!鼻は天然の加湿器なのだ。一方,直接,口か
ら空気が入ると体の防御機構が働かない。だから風邪を引きやすい。
ヒトの体の中には,隠された予防機能が備わっているのだ。

おもしろ歯学より
http://okazaki8020.sakura.ne.jp/omosiro/hana/hana.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

* 編集後記 院長より *******************

3月(弥生)も中旬を過ぎめっきり春らしくなりましたが、昔より
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、初旬は「寒のもどり」のよ
うな冷たい雨も降りました。3月は別れの月で、卒園、卒業、退職
等、仲間や上司、部下達と過ごした想い出を思って過ごす月です。

私は3月生まれなので、この3月が大好きです。院長挨拶でも述べ
ましたが、春の初めで「丹沢おろし」があると「きゅっ」と身が引
き締まることがあります。これを俳句の季語で「春北風」(はるな
らい)と言います。3月12日の奈良東大寺の二月堂のお水取りが
過ぎると、春の到来という感じがします。

いつも楽しかった3月ですが2011年3月11日の午後2時46
分に起きた東日本大震災で楽しさが一変しました。余りもの尊い命
が一瞬に奪われ、未だに20万人以上の被災者の方々が仮設住宅や、
他地域で住しています。あれから5年も経過しながら復旧も復興も
やっとはじまったような始末です。福島県の東京電力福島第一原子
力発電所の崩壊は日本のみならず全世界を震撼させました。

未だに放射線の数値が高く原子力発電所の附近の市町村の方々は故
郷に帰れません。何と惨いことでしょうか!!あと300年以上も
汚染された地域は住めないかも知れません。安倍首相は東京オリン
ピック招致のプレゼンテーションで福島の原子力発電所はアンダー
コントロール下にあると世界中に発信しましたが、これは偽りでし
た。未だに原子力発電所は危険な状態が続いています。

日本国民の中にいろいろのご意見もあるでしょうが、私は2020
年の東京オリンピックを開催するのは少し早いと思っています。せ
めて10年、いや20年は東北を中心とした大震災の復旧、復興に
国が全力で尽くすべきではないでしょうか!!10年、20年経過
してもオリンピックは逃げません。せめて10年、いや20年は福
島の原子力発電所をはじめ、東北の方々の生活再建、町の復興、国
土の整備に力を入れて欲しいと思います。

これは多くの国民の真の思いのような気がします。皆様も2011
年3月11日を自らの心に一生刻んでおくことが肝要です。これを
3月号メルマガの編集後記と致します。

平成28年3月15日 編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE-Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE-Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集