わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

過去のメールマガジン(バックナンバー)がご覧頂けます

No.180 以前

No.181-2016/11/15
No.182-2016/12/15
No.183-2017/01/15
No.184-2017/02/15
No.185-2017/03/15
No.186-2017/04/15
No.187-2017/05/15
No.188-2017/06/15
No.189-2017/07/15
No.190-2017/09/15
No.191-2017/10/15

No.190-2017/09/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.190 (2017年09月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関するトピックス ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯の構造

歯の構造ではじめに思いつくのは、白い部分の組織ですよね。あの
白い組織はエナメル質といって、人の体の中で最も硬い組織です。
だからこそ、多少の硬さの食べ物では傷一つ入りません。そして、
歯は目で見ることのできる歯冠と目で見ることのできない歯根とで
構成されています。

歯冠には、一番外側にエナメル質、その内側に象牙質、さらに内側
に歯髄があります。歯根には、一番外側にセメント質、その内側に
象牙質、さらに内側に歯髄があります。この中で象牙質という組織
は、歯の主体的な組織であるといえます。歯髄は歯の感覚(痛みな
ど)を担ったり歯に栄養を与えたりする組織です。

セメント質は、歯根を歯槽骨と結び付ける働きがあります。また、
歯根の周りには歯周組織があります。歯周組織は歯を支える役割を
持っており、歯がしっかり固定され食べ物をよく噛むことができる
のは、この歯周組織があるからです。それでは、歯冠と歯根を構成
しているそれぞれの組織について詳しく見ていきましょう。

エナメル質

エナメル質は、人の体の中で最も硬い組織ですが、もろいという特
徴も持っています。エナメル質の構成成分のほとんどが、無機質の
ヒドロキシアパタイトであり、ごくわずかに有機質のエナメルタン
パク質(アメロゲニン、エナメリンなど)を含みます。乳歯のエナ
メル質の色は乳白色ですが、永久歯になると黄褐色になります。

また、エナメル質は一度その組織が破壊された場合、再生すること
はありません。一度虫歯になってしまったエナメル質は取り戻すこ
とができないので、虫歯にならないように日頃からしっかりと歯磨
きをしましょう。

象牙質

象牙質は、歯の主体となる組織であり弾力性がある硬組織です。象
牙質の中には、数多くの象牙細管があります。この細管の中には象
牙芽細胞の突起があり、象牙質の形成と維持をしています。象牙芽
細胞自体は、象牙質と歯髄の間に位置しています。

歯の歯冠が完成されるまでに形成される象牙質を原性象牙質といい、
歯の歯冠が完成されてから形成された象牙質を第二象牙質といいま
す。また、歯に対する物理的刺激により形成される象牙質を第三象
牙質といいます。

歯髄

歯髄は、歯の最も内部にある組織です。歯髄には多くの血管があり、
象牙芽細胞に栄養を与えたりしています。また、神経も多く存在し
この中には痛みを司る神経があり、歯に関係する痛みは全て歯髄に
よるものです。歯が口の中にいる細菌によって虫歯になると、歯の
内部に細菌が侵入し、その細菌は歯髄にまで到達します。

この時、歯髄は細菌によって炎症を起こますが、これによって「歯
が痛い」と感じることになります。また、歯髄の特徴としては、年
齢を重ねるごとに、血管や神経の数は減少していくということが挙
げられます。

セメント質

セメント質は、歯根を覆う薄い硬組織です。このセメント質の組成
は、象牙質や骨組織とほとんど同じで、約65パーセントがハイドロ
キシアパタイトという無機質から成ります。そして、残りの約23パ
ーセントが有機質(コラーゲン)です。セメント質には、原生セメ
ント質と第二セメント質があり、セメント質の内部にはセメント小
体があります。

このセメント小体からは、セメント細管が歯根膜に向かって伸びて
いるのですが、これは歯根膜から栄養をもらうために存在します。
また、セメント質は年齢を増すごとに厚くなっていきます。

歯の知識
http://hanochishiki.com/index011.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関するトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

予防歯科と噛む事の重要性

噛むという行為は、全身の健康と深く関わっています。

例えば肥満防止です。食事をするときによく噛むと、大量に唾液が
分泌されます。それに伴い、血糖値が上がり空腹感が薄れ、少ない
量でも満足感が得られるのです。また歯周病などで歯がグラグラし
て良く噛めないと、栄養が偏り、糖尿病などの病気も悪化します。

反対に肥満や糖尿病などの人は、歯周病が治りづらく、生活習慣病
と歯の病気は悪循環をもたらすのです。

さらに、噛むことは脳を刺激することでもあるのです。脳からの指
令で咀嚼は行われ、噛んだ刺激は脳にまた戻り、脳を活性化します。
普段、無意識に咀嚼は行われていて、反射的行為ではなく、学習す
ることにより覚えた意識行動です。

だからしっかりと噛むことを赤ちゃんの頃から教えることが大切で
す。よく噛むことによって唾液は多く分泌されます。

そして寝ている時より起きている時の方がたくさん分泌されます。
口を閉じている時でも出てはいるのですが、噛む事によって10~12
倍もより良い質の唾液が分泌されるのです。

それを合わせると1日平均で唾液分泌量は1~1.5にもなります。サラ
サラした唾液と粘液度の高い2種類の唾液があります。この唾液が
食べ物の消化を助けるのは良く知られています。

その作用はそれだけに留まりません。

例えば抗菌作用。

菌(傷を化膿させるような)の発育を抑える物質が、唾液の中に含
まれているのです。

歯周病にも唾液は大きな働きをします。唾液の量が減少すると菌が
停滞し、同じ場所に菌が停滞すると繁殖しやすくなります。またそ
の副作用として発生する毒素も増加しやすくなります。この毒素が
歯周病を悪化させます。

そして、それはムシ歯を悪化させる大きな要因でもあります。なぜ
ならムシ歯ができにくくなるような、口の中の環境を維持する働き
があるのです。

ミュータンス菌などの原因菌が発生する酸が、エナメル質の内部か
ら、ミネラルを溶かし出すことが可能なのです。この溶け出しを唾
液は抑制し、ミネラルを取り戻す機能を持っています。

良く知られているように口内にある唾液は酸味の強そうな物や、美
味しそうな物を目の当たりにしただけで分泌されるのですが、じつ
は、ムシ歯や歯周病などの病気の防止に有効なのが唾なのです。

カリソルブという医薬品は、簡単に言うと「現代科学の技術によっ
て虫歯の部分のみを溶かす薬剤」です。その処置をしても、健全な
歯の所には全然悪影響を与えない安全な薬です。

むし歯や歯周病などが酷くなってから歯医者さんに行くケースがほ
とんどなのですが、予防しに歯科に定期的に通うのがその実おすす
めできる姿でしょう。もし差し歯の歯根が折れたら(歯根破折とい
う状態)もうそれは使い物になりません。そのほとんどの事態では、
歯を抜くしかないことになってしまいます。

普通永久歯は32本生えてくるはずですが、人の体質によっては、
永久歯の生え揃う年令になっても、ある部分の永久歯が、全然生え
ない事があるとの事です。

近頃では歯周病の素因を無くす事や、大元となる菌に冒された場所
を治療することで、組織が再び生まれ変わることが促されるような
歯科の技術が完成しました。大人になったとしても永久歯が虫歯に
かかりますが、乳歯はその構成上永久歯に比べ酸への耐性が低いの
で、お手入れを適当にすると、乳歯に巣食った虫歯はたやすく拡大
します。

歯の色とは自然な状態でまっしろであることはまず無くて、人によ
って多少差はありますが九割方の人が持つ歯のカラーはイエロー寄
りだったり茶色の系統に色づいています。外科処置を行う口腔外科
というところは、その特殊性として、顎口腔治療を主な目的として
いるので、内科分野の治療やストレスによる精神障害に至るほど、
診る範囲は大変幅広く在ります。

自分自身でも気付かない内に歯にはヒビが生じてしまっているとい
う場合も考えられるため、ホワイトニング処理を受ける前は十分に
診察してもらう事です。

口の中の臭いの存在を家族にさえ質問できない人は特に多いと考え
られています。そんな時は、口臭予防外来へ出かけて口臭専門治療
を試す事をお薦めします。あまり知られていませんが、虫歯は、虫
歯の細菌が歯を溶けさせる進行具合に、歯を再び石灰化する働き
(溶かされてしまった歯を元の状態に戻す力)の進度が遅くなると
起こります。

外科処置を行う口腔外科とは虫歯や歯槽膿漏或いは入歯等の処置は
もちろんのこと、口腔内に現れる多様な課題に対応できる歯科診療
科の一つです。普段から歯みがきを行うことを念入りにしてさえい
れば、この3DSの効能で虫歯の菌の取り除かれた状況が、大方4ヶ
月から半年ほど持つようです。

上部の親知らずは下部と比較して麻酔による効果が強いため抜歯の
時もほとんど痛みを感じるという場合が少なく痛みに敏感な人だっ
たとしても手術はたやすく行えるのです。

インプラント実施による嬉しいメリットは、入れ歯の悩みを補足す
ることや、本来生えていた時と同じような状態にすることが出来た
り、インプラントをした歯以外の歯を防衛することが考えられます。

セラミックの技法と総称しても、色々な材料や種類等が準備されて
いるので、担当の歯科医師とじっくり相談して、自分の歯に向いて
いる治療内容を選択してください。歯周病やむし歯などが悪くなっ
てからいつも行っている歯科医院に行く人が、大半を占めるようで
すが、予病気防のケアのために歯科にみてもらうのがその実望まれ
る姿なのです。

きちんとした日頃の生活を念頭に、唾液によった補修作業に拍車を
かけるという重要なポイントを読み取り、虫歯の予防を集中的に考
えることが適切なのです。口内の具合と一緒に、体全体の様子も総
合して、担当の歯医者さんと心行くまでご相談の上、インプラント
の治療を始めるようにしましょう。

甘い物をいっぱい食べたり、毎日の歯のブラッシングをなおざりに
すると、歯周病を引き起こす菌が増殖し、プラークが繁殖し、つい
に歯肉炎が発生してしまうと公表されています。

キシリトールにはムシ歯を封じ込める作用があるとされる研究発表
がなされ、それ以後、日本はもとより世界中の色んな国々で非常に
精力的に研究されました。現段階で、ムシ歯がある人、加えて以前
ムシ歯に悩んでいた人、90%近くもの日本人がこうした虫歯を誘発
する菌を、十中八九保菌していると見て間違いありません。

審美歯科では、外見だけでなしに、噛み合わせや歯並びの修正をし、
それによって歯本来の機能美を蘇らせることを極める治療方法なの
です。歯科衛生士による在宅での医療で欠かせないのは、一番に患
者さんの口内を掃除して清潔にすることです。患者の口内が汚い状
態のままだと、細菌が繁殖している不衛生なカスを飲み込む危険性
があります。

プラークコントロールと聞けば、毎日の歯のブラッシングを連想す
るケースが多いのではないかとお見受けしましたが、ほかにも豊富
なプラークコントロールの処置があると言われています。入れ歯と
いう人工的なものに対して想像する心象や固定化した考えは、生ま
れつきの歯との使い心地のギャップを比べるために、期せずして大
きくなってしまうのではないかと推量されます。

インプラントというのは、人工の歯と感じることもなく、飲食時も
自分の歯のように間違いなく楽しむことができます。また有難いこ
とに、これ以外の治療法に比べてみると、あご骨が徐々に細くなっ
ていくという不安がありません。

歯を美しくすることをメインの目的にしているため、噛み合わせの
チェックをあいまいにしているような状況が、非常に多く耳に入る
のが現実です。唾液量の低下、歯周病だけではなく、入れ歯の使用
が原因で生まれる口臭など、加齢と口腔内の臭気の関わり具合には、
大層いっぱい理由がありそうです。

歯科 最新情報 | 歯科と歯医者の最新情報
http://shika78.no1seo.biz/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

口の誕生

口は何のためにあるのでしょうか。動物の口は体の中でもっとも前
方、ないしは先端に大きな場所を占めていて、人間だけは鼻がそこ
に位置し、口はその下方におとなしくひっそりしています。動物は
「食べる生物」と定義されますが、生きるためにはとにかく食べる
ことが最優先されます。人間はそれほどガツガツと食べることに執着
する必要がなくなってきた分だけ、鼻の下におとなしくしているの
でしょうか。それでは口をもった生物は、いつ、地球に誕生したの
でしょう。

私たちの地球は約45億年前、太陽のまわりにあったガスとチリの大
きな雲のようなものが太陽のまわりを回転するうちに、いくつかの
小さな渦巻きになり、それがしだいに固まってくることによって、
現在のような太陽のまわりを公転する惑星になったと推測されてい
ます。地球が丸く形づくられますと、その内部は高温高圧となり、
3つの層(核、マントル、地殻)に分かれます。

次いで、地表に火山が噴出し、揮発性のガスが大量に排出されるよ
うになり、これが原始の大気になったと考えられます。それは水素、
メタン、アンモニア、ヘリウムからなっていました。引力があった
おかげで、この原始の大気は宇宙の彼方に飛び去ることなく、地球
の上空を包むことになりました。地球が冷えてくるうちに、メタン
やアンモニアのような気体が化学変化を起こし、そのために水蒸気
の量が増えたに違いありません。そして、激しい雷をともなった大
量の雨が地球上に降りそそぎ、海ができあがりました。

このような原初の地球にどのようにして生命が誕生したのでしょう
か。1953年、S・L・ミラーは、アンモニア、メタン、水素、水蒸気
の混合物に高エネルギーの電気火花をあて、凝縮し、液体にし、と
いうようにその過程を1週間繰り返し、濃縮された液体の中にアミノ
酸の混合物が含まれているのを発見したのです。

このような生命の起源に関する研究では、A・I・オパーリンが有名
で、ミラーにさきがけて、すでに1920年および1930年に「希釈生命
スープ」として発表しています。合成された有機物質は海へと流れ
こみ、スープは分子が集まるにつれ濃くなり、それが相互に反応し
ていっそう複雑な物質となり、炭水化物や糖になりました。

これらが食べ物の原初となり、やがて生命らしき生物があらわれる
ことになります。初期の生命は原始的な生物、今日でいうバクテリ
アのようなもので、「生命スープ」を食べて成長し、増殖していき
ました。しかし、やがて劇的な事件というか危機直面することにな
ります。

生命は飢え=飢餓に直面したのです。生命スープには限りがあり、
増え続ける生命すべてを養いきれなくなったのです。生存競争、自
然淘汰が始まりました。何とか食べものを確保しようとして手足を
伸ばしたり(繊毛)、ポッカリと穴(口・消化器官)をあけたので
す。それが口をもった生物の誕生です。

45億年前に地球が誕生し、35億年前に生命スープが生まれ、約7億
年前にやっと口をもった腔腸動物が生まれるという、口の誕生には
気の遠くなるほどの時間の経過があったのです。

おもしろい歯のはなし
http://www.dentalpark.net/etc_new_hana.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

* 編集後記 院長より *******************

9月(長月)も中旬を過ぎました。今年の晩夏から初秋の天候はと
てもおかしく曇りが多い気がしますし、8月は雨ばかりでした。子
供たちの夏休みもだいなしです。海や山でのびのびと遊ぶことがで
きない夏となってしまいました。秋も何だか変な気候です。地球温
暖化も急速に進んで危機的状態であることを我々は肝に銘じなけれ
ばなりません。

さて、世界に目を転じると中東での内戦とそれに伴う多数の難民問
題、そして何よりも日本にとっては隣りの北朝鮮の核実験や相つぐ
国連協定違反の長距離弾道弾(ICBM)ミサイルの実験をくり返し、
手がつけられないところまで来ていて東アジアの安定への危機が世
界中の大きな心配の種となっています。

9月9日は北朝鮮の建国記念日であり、ミサイル発射(ICBM)はあ
りませんでしたが、今後もアメリカ、そして日本を牽制して、発射
をくり返すでしょう。何か、北朝鮮の暴挙を止める方法や手段はな
いのでしょうか。北朝鮮とアメリカは直接話し合う時は近づいてい
るように思います。さてどういうことになりますか心配がつのりま
す。

では又、平和な世界であることを皆様と祈って10月に又、お会い
しましょう。日本の独自の外交の役割を深く政府は考えなければな
りません。外務省しっかりせよ!!

平成29年9月15日
メルマガ編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE-Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE-Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集