わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

メールマガジン購読申し込み         心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

過去のメールマガジン(バックナンバー)がご覧頂けます

No.180 以前

No.181-2016/11/15
No.182-2016/12/15
No.183-2017/01/15
No.184-2017/02/15
No.185-2017/03/15
No.186-2017/04/15
No.187-2017/05/15
No.188-2017/06/15
No.189-2017/07/15
No.190-2017/09/15
No.191-2017/10/15
No.192-2017/11/15
No.193-2017/12/15
No.194-2018/01/15
No.195-2018/02/15
No.196-2018/03/15
No.197-2018/04/15
No.198-2018/05/15
No.199-2018/06/15

No.200-2018/08/15

No.200-2018/08/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.200 (2018年08月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関するトピックス ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯周病は旧石器時代から

古代エジプトのミイラにも

みなさんのおうちに年とったネコやイヌがいましたら、一度口の中
を見てみましょう。飼い主と同じものを食べたり甘いものが好きな
ペットは、歯の周りから血が出たり歯がグラグラになって、歯周病
(歯槽膿漏)にかかっているものが多くいます。動物でも火を通し
た繊維性の少ない柔らかい食べ物を食べる習慣になると、歯周病に
かかるようになってきます。

人類と歯周病との付き合いは大変古く、旧石器時代の早期ネアンデ
ルタール人(エーリングドルフ人)の顎の骨にも認められます。ま
た最近では、猿人(オーストラロピテクス・アフリカーヌス人)の
骨にも歯周病が見つかりました。猿と猿人の違いは、直立歩行と火
の使用ともいわれますが、まさしく火を使うようになって以来、人
類は歯周病に悩まされ続けているといえるでしょう。

古代エジプト時代になると、歯周病はかなり一般的な病気となった
ようです。例えば古代エジプトのメレンプター王(紀元前十三世紀)
のミイラのX線写真をみると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてな
くなって歯が抜けてしまった状態や、歯がグラグラになっている状
態が認められます。この王様は歯周病で歯を失ったと考えられ、き
っと歯周病に悩まされていたことでしょう。

いろいろな古代人の歯周病の状態を比較すると、身分の高い人ほど
病状がひどいことから、食べ物に恵まれ美食をしていた人ほど歯周
病にかかっていたと考えられます。つまり歯周病は食習慣に影響さ
れていたのです。

一方、むし歯は、とくに砂糖の消費量と密接な関係にあります。む
し歯の原因となる砂糖の入った食べ物の乏しかった旧石器時代はも
ちろん、古代エジプト時代でもむし歯はまれであったといわれてい
ます。日本でも、むし歯が問題になってきたのは江戸時代以降です。

歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/knowledge/index_08.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関するトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「歯がなくなった」あの人に教えたい最新治療

自分自身の体内からつくりだす驚異の技術

4月に入り、新年度がスタートしました。心新たに仕事へ取り組んだ
り、新しい趣味を始めたりしている人は多いでしょう。一方で、忙
しさにかまけてほったらかしていると、大変な事態に発展する病気
に知らずにかかっている人がいます。

それは「歯周病」です。厚生労働省の調べによると成人(30~64歳)
の7~8割がかかっているとされる感染症で、筆者は歯科医師として
の知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサ
イトで発信していますが、その中でも強く訴えていることの一つが、
歯周病の予防と治療の重要性です。

「PRGF」という再生療法

歯周病の恐ろしさは「歯周病という身近な病気の恐ろしすぎる真実」
(2月7日配信)で詳しく解説しましたが、歯周病を放置していると
最悪は歯が抜けてしまうことがあります。そうなると入れ歯にしな
ければならなくなりますが、最近では失われた歯を再生させるとい
う最新の歯科医療技術があります。「PRGF」という再生療法です。

PRGFは「Plasma(血漿)」「Rich(豊富)」「Growth(成長・増殖)」
「Factors(複数の因子)」の略です。「成長・増殖因子を色々沢山
含んでいる血漿」という意味になります、1990年代後半スペインの
BTI社のEduardo Anitua博士により研究開発され、多種生物や他人の
組織より取り出した成分を全く含まないので現在、最も安全で画期
的な骨、軟組織を再生させる技術です。骨や軟組織を効率よく再生
するタンパク質(成長因子)を取り出し、短期間で骨、軟組織を再
生させます。

PRGFは身体にメスを入れて手術する外科的治療を行わず、採血した
自分の血液によって組織再生し、それを利用する治療美容医療や、
整形外科分野でも応用されています。特にスポーツ医科の分野での
応用が話題になっています。ケガがつきもののプロスポーツの世界
で安全に確実に早く治し、選手を早く復帰させるために行われてい
ます。

C.ロナウドやメッシなど超有名選手のほか、日本人では本田圭佑選
手なども2011年に膝を怪我した時にこのPRGFの治療をうけ早期復帰
をはたしています。テニスのラファエル・ナダル選手も膝の怪我か
らPRGF治療を受け、約2カ月で復帰し見事優勝を果たしました。

東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/111987



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人と八重歯

八重歯が可愛い?

8月8日は矯正歯科専門開業医の団体が制定した「歯並びの日」との
ことですが、この同じ日を「八重歯の日」とした八重歯好きの一般
の方によるイベントがあったそうです。

都会の河岸に時折登場するアザラシが、なぜこれほどまでに愛され
るかについて、あるTV番組で、アザラシが幼児顔に近く、見るもの
に「可愛いらしい、守りたい」という保護本能が働くからだと解説
されていました。

さて、世界では忌み嫌われる八重歯ですが、確かに日本だけには
「八重歯が可愛い」とした時代がありました。このことについては
横浜の矯正歯科医、大野肅英先生が1988年の論文「八重歯の考現学」
において日本の歴史や文化などから詳しく考察されています。その
中で「八重歯が可愛い」には、「若さが関係している」、「日本文
化の幼児性が潜んでいる」さらに、八重歯には「未完成の美として
の魅力があるのだろう」と述べられています。

様々な不正咬合の中で八重歯にだけ独特な価値観、美意識を持って
いるのは日本人だけと結論され、日本文化の影響を受けて育ったな
ら、科学技術の発達や生活の西欧化、外国文化と融合を繰り返して
も、この価値観はドラマチックには変わらないだろうと結ばれてい
ます。

とは言え、歯科医学的に犬歯には咀嚼(そしゃく)時のガイドとし
て働く重要な役割があり、八重歯の状態ではその役割が果たせず、
また、歯磨きもしにくいことからむし歯や歯周病が懸念され、さら
に転んだ時などに怪我(けが)をしやすいなどの理由から治療する
ことをお勧めしているのです。

歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/knowledge/index31.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

* 編集後記 院長より *******************

8月も中旬を過ぎお盆休みの方が多いのではないでしょうか。京都
の五山の送り火はとても幻想的です。

この8月は、7月豪雨(日本西部)、台風等、この夏は酷暑と豪雨
に日本列島がみまわれています。これは日本だけではなく世界中の
国々が大洪水や大干ばつや森林火災と地球という生き物が大変な状
態になっているのでしょうか。とにかく地球が落ち着いて欲しいと
願うばかりです。

さて、夏は全国高等学校野球選手権大会が第100回目を迎えました。
私は夏の甲子園大会が小さい時から好きで、一生懸命プレーする姿
がとても清々しいと思います。神奈川県も100回記念ということで2
校が出馬しています。優勝候補である横浜高校は優勝できるでしょ
うか。

では又、9月号でお会いしましょう。

平成30年8月15日
メールマガジン編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE-Mailで!

 


 

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE-Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792 FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 
衛生士レポート 掲示板 特集