わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内

診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科
      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

どうゆうお子さんに矯正治療が必要か?
顎の発育に問題がある症例

顎の発育に問題がある症例
7歳の男児。下のアゴが大きすぎることにより前歯の噛み合わせが受け口となっている。

あごの発育に問題がある場合
幼児あるいは小学校のお子さんで
,上の前歯が出ているいわゆる“出っ歯が見られる場合,その原因の多くは下あごの大きさが小さいことにあります。いっぽう、下の前歯が上の前歯を被い隠しているいわゆる”受け口“のお子さんでは、やはり上あごの発育不足や下あごが大きすぎるといったあごの発育に問題があることが少なくありません。

あごの不正の改善は小さいお子さんほど可能性が高い為,将来の不正の悪化を防ぐ為には、矯正専門医への早めのご相談をお薦めします。

 

戻ります

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

医院の入り口にあるロゴです!

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板 特集