わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内はこちらです! スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

糖尿病は血糖値が高くなる病気


糖尿病は、血糖値が高くなる(高血糖になる)病気です。高血糖は口の中の環境に次のような影響を及ぼします。

糖尿病で歯周病が増える理由

●口の中が乾燥する

高血糖状態では尿がたくさん出ます。その結果、体内の水分が減少し唾液の分泌量も減るため、口渇(喉や口の渇き)という症状が現れます。唾液には食べ物を消化する働きの他に、口の中を浄化したり組織を修復する働きもあり、歯周病を防ぐように作用しています。高血糖のために口の中が乾燥している時は、その作用が低下していて、歯周病の原因菌が繁殖しやすく、歯周病が進行しやすい環境になっています

●唾液などの糖分濃度が高くなる

口の中は唾液や歯肉からの滲出液で常に潤っています。これらの液体は、もともとは血液から作られるものです。ですから高血糖下では、唾液や滲出液の糖分の濃度が高くなります。そのような状態は、歯周病の原因菌が繁殖に適していると考えられます

●細菌に対する抵抗力が低下する

高血糖状態では、細菌を貪食する好中球(白血球の中で最も数が多い顆粒球)の働きが低下することがわかっています。つまり、感染防御機構が十分に機能しなくなるということです。そのために様々な感染症にかかりやすくなり、感染症である歯周病も当然、起こりやすくなります。

糖尿病は血糖値が高くなる病気 糖尿病は血糖値が高くなる病気

●組織の修復力が低下する

プラークが形成された歯周組織では、細菌によって引き起こされる組織の破壊と、それを何とか修復しようとする働きのせめぎあいが続いています。高血糖(または低血糖)状態では、組織を修復する働きが低下することがわかっていて、糖尿病で歯周病の進行が早くなることには、このことが影響していると考えられます

糖尿病は血糖値が高くなる病気

●たんぱく質の代謝が変化する

糖尿病は糖の代謝(栄養素などが体内で利用され、排泄されるまでの流れ)に異常が起きる病気ですが、たんぱく質の代謝も変化します。その影響は、歯周組織内のコラーゲンの減少や性質の変化となって現れ、歯周組織の弾力性が失われ、破壊された組織の修復力も弱くなります。
さらに高血糖状態では、過剰なブドウ糖がたんぱく質と結び付いて AGE(advanced glycated endproduct.最終糖化産物。糖尿病合併症の主要原因のひとつ)という物質が作られます。歯肉組織に AGE が蓄積すると、そこに炎症を起こし組織を傷つけ、歯周病の発病・進行を招きます。

●脂質の代謝が変化する

糖尿病では、脂質の代謝も変化します。そのために高脂血症〜特に、中性脂肪(トリグリセリド)や LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)の増加〜をしばしば併発します  最近の研究の中には、高脂血症が歯周病の危険因子である可能性を示すものもあり、両者を併発した場合の悪影響は無視できません。

●肥満の影響

肥満とは、余分なエネルギーが脂肪となって体に蓄積した状態のことです。従来、体の脂肪は単にエネルギーを貯蔵するだけの存在だと考えられていたのですが、近年、脂肪細胞では様々な作用をもった物質が作られていることがわかってきました。それらのうちのいくつかは、組織に炎症を起こすように作用します。
歯周病は細菌感染によって歯周組織に慢性の炎症が起きる病気です。肥満のために脂肪組織から分泌され続ける炎症物質は、歯周組織にも影響を与えて歯周病の危険を高めることがわかっています。
2型糖尿病の患者さんの7割前後は、現在肥満の状態であるか、過去に肥満であった時期があるといわれていますこのこともまた「糖尿病の人に歯周病が多い」という事実に結び付いてくると考えられます。

糖尿病は血糖値が高くなる病気

●合併症の影響

糖尿病の罹病期間が長くなると全身の血管に障害が起き、それが様々な合併症の原因となります。特に血管径の小さい細小血管にその影響が現れやすく、末梢組織(歯周も末梢にあたります)の血流量低下から感染を長引かせたり、組織の修復を妨げたりします。
また糖尿病の合併症で「骨量が減少する骨粗鬆症」があります。歯周組織の炎症が続き、歯槽骨(歯の土台の骨)が減少する病気である歯周病に、その影響が及ぶ可能性は十分考えられます。

糖尿病は血糖値が高くなる病気

●糖尿病は生活習慣病、歯周病も生活習慣病

糖尿病と歯周病は生活習慣病です。糖尿病を起こしやすくする生活習慣とは、運動不足、食べ過ぎや飲み過ぎ(特に、糖分のとり過ぎ)、精神的なストレスなどがあげられます。このうち糖分の多い食事や精神的ストレスは、歯周病を起こしやすくする生活習慣でもあります。加えて、糖尿病の合併症を起こしやすくする生活習慣として、喫煙があげられますが、喫煙は歯周病の明らかなリスクファクターです。

糖尿病は血糖値が高くなる病気

糖尿病は血糖値が高くなる病気

前の項目へ 次の項目へ

「歯周病と糖尿病のお話」のトップページへ戻る


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

医院の入り口にあるロゴです!

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板
 特集