Psycho.somatic
Dentistry

Since April,1 2002

* 御意見 *

ホーム心療歯科とは対応医院全国地図症例集治療実例
御意見
対応医院募集
トピックス

*

-お問合せ-

フォームメール

Eメール

-リンク-

歯の悩みなど相談掲示板

坂本歯科医院のホームページ

坂本貴史のホームページ

*

 

歯科受診に恐怖心を持っていた方の御意見

ケース1・・・(横浜市在住 H.Tさん 18才男性)
幼いころの恐怖心から歯科医院だけでなく、病院などすべてに恐怖心があり風邪をひいてもなんでも病院にいった記憶がありません。診療でそんな恐ろしい事をされないのは頭ではわかっているのですが特有のにおいというかなにか重苦しい空気が恐怖を想像させてなかなか行く気になりませんでした。歯科を連想させるものをみたり聞いたりしても、例えば白い服で気分が落ちつかなくなったり銀色や光るものでの食事は気持ちが悪くなっていました。

坂本歯科医院に通院の一回目は本当に緊張しましたが、私がしっている病院とはだいぶ違うものでした。次の通院の時に虫歯の治療をしましたがリラックスするガスによってかなりリラックスした状態ですんなり終わったのを覚えています。治療自体は痛いとも感じませんでしたので治療というよりも歯科医に対しての不安が問題だったのかと思います。私生活でも社会でも行動する前に考える事が減りました、自分が思うよりずっとスムーズにいくものだと歯の治療をとうして思ったからです。

心配は落ち着いてみますと大した事でないようにみえます、自分が無駄な想像で大変にさせている、させていたように思えます。外側で起こることはそんなには変わっていませんが歯の治療で自信がつき動揺することがへりました。自分に余裕ができたので人に対する気分もよくなり自然に笑うことも増えています。不安に思う時もそれに入り込まず不安に感じてるなと自分を冷静に観察できるようになり動揺しなくなりました。

最近まで歯科、病院に恐怖を持ってたことも、恐怖をもつようになったきっかけの体験も精神的な成長のための贈り物であったとさえ思えます。歯の治療で多くのことがスムーズになりましたから。院長先生、そのほかの歯科医の方々に感謝です、私も完全に恐怖心がなくなったわけではないですが、思っているよりずっと治療を受けるのは簡単な事だとビックリするくらいですので私と同じような人たちがそれを知り一番難しい一回目の治療に来る少しの勇気をもてるようになる事を心から願っています。そして歯科など病院のなんとなくこわいイメージが変わるといいなと思います。

ケース2・・・(埼玉県さいたま市在住 H.Mさん 28才男性)
去年、半年余りの歯科医通いで、型取り時の嘔吐反射の繰り返しですっかり歯科医へ恐怖心を持ってしまいました。痛いことには耐えられても、気持ち悪くなることには耐えようがなかったのです。そして、「もう歯科医には行きたくない!」と考えるようになり、人から「神経質過ぎ」と言われるほど歯磨きを頻繁にするようになってしまいました。にもかかわらず、今年、奥歯がまたいたみはじめたときは、愕然としました。

ホームページで「心療歯科」を知ったときはもう藁にもすがる思いで、遠いけど行ってみようと思いました。歯科医への恐怖心は今はなくなりました。初めての体験だった笑気麻酔をして治療してもらえることで、これまでどうしても耐えられなかった型取りも意外とスムーズに済みました(また気持ち悪くなるんじゃないかという恐怖感もあったのですが)。

そして何よりも、先生はじめ、スタッフの方も自分の状況を判ってもらえた上で治療してもらえることが、リラックスできた要因なのかなと思います。これは、とてもありがたいことでした。またお世話になることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


御意見トップへ