ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

歯ブラシの出現はいつ?

現在のような歯ブラシが考案されたのは、ヨーロッパでは、17世紀頃で、毛は馬毛が用いられた。中国においては、959年頃の歯ブラシが発見されている。これは中国熱河省大管子村にある遼時代(916年〜1125年)の王の墓の埋葬品の中から、洗面器、含嗽盃(うがいをするおぼん)と共に見つかったもので、植毛はすでに腐敗し抜け落ちて何の毛でかわからないが、柄は象牙製であったという。

中国では、かなり古い時代から歯ブラシが使われていたようである。また曹洞宗道元禅師の「正法眼蔵」という書物の中には中国の嘉定16年(1223年)に宋に留学中に牛角製の柄に馬毛を植えた歯ブラシが使われたとしるされている。現代的な歯ブラシ製造も、どうも西洋より東洋の方が早かったようである。ということは今、我々が日常使っている型の歯ブラシは東洋からはじまったようである。

これは意外ですよね!!

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院