ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

人とコミュニケーションをしない脳は鈍化する

脳はさまざまな刺激を受けて活性化するものです。人と会話することも、大切な刺激のひとつ。人と会話するとき、脳は非常に活発に働いています。話を聞き、その言葉を理解し、話す言葉を選んで発声する。会話をしているうちに、いろんな感情も生まれるでしょう。これらはすべて脳の働きによるものです。

運動性言語野、感覚性言語野、聴覚連合野、角回、小脳など脳の数多くの部位が働いて、人は会話することができるのです。逆にいえば、人と会話をしない人の脳にはこうした刺激が与えられません。すると脳は確実に鈍化していきます。誰もが忙しい現代、人と人との関わりが希薄になっていると言われます。家庭でも家族揃って食事をする機会が減り、孤食化が進んでいるようです。

食事は、楽しく会話をする場として最適です。脳の活性化のためにも、まず家族揃って食事をすることからはじめてみてはいかがでしょうか。また、口臭や歯並びを気にする人が増えているといいます。なかには気にするあまり、人と話すことに消極的になってしまう人もいるようです。これも脳を鈍化させる原因となります。

このように食生活や歯の健康と脳は深い関係を持っています。歯の健康を保ち、食生活を見直すことは、脳の活性化につながるのです。

(出典 京大名誉教授 大島清)

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院