ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

「幸せな人生は歯で決まる」

幸せな人生は歯で決まる、といっても過言ではありません。明眸皓歯(めいぼうこうし)とは古来、美人の形容詞ですが、澄んだヒトミに白い歯がなければ、クレオパトラも楊貴妃も、またトロイのヘレンも歴史に名を残さなかったに違いありません。

テレビに映る芸能人やスポーツ選手たちは、例外なく、みな歯がきれいです。それはつまり、印象的な歯の美しさが有名人の条件であることを意味しているからにほかなりません。輝く白い歯は美のシンボルであるとともに、健康の象徴でもあるのです。

私たちが日ごろ何気なく使う言葉のなかにも、「歯」のつく表現は少なくありません。「歯がゆい」「歯切れが悪い」「歯が浮く」「歯が立たぬ」「歯の根が合わぬ」「歯の根を鳴らす」「歯を食いしばる」「歯に衣を着せぬ」「奥歯に物がはさまったような」などなど・・・

持っているかを如実に示しているといえるでしょう。歯は一生の伴侶となるものです。だれでも、はじめはきれいな歯を持って生まれてきました。しかし、長い年月の間の手入れいかんによって、健康な歯とむし歯、歯周疾患のいずれかに運命が分かれてしますのです。

自分の歯で物をかむ幸せは失ってはじめて実感できますが、そのときはもう遅いのです。インスタント食品やスナック菓子の流行で、子どもたちの歯は年々もろくなっています。そのいっぽうで、世界有数の高齢化社会を迎えたわが国では、私たちはそれだけ長く自分の歯と付き合っていかなければなりません。

歯こそ健康の源、長寿の素であることを改めて認識していただきたいものです。イギリスに、オールド・パーという有名なウィスキーがあります。この名前のもとになったのは、シューロップシャー出身のトマス・パーという17世紀の農夫で、なんと152歳の天寿を全うしたことで知られています。彼の死後、その体を解剖したところ、ほとんどすべての歯が残っていたという事実は、長寿と歯の関係を物語るうえで欠かせないものといえるでしょう。象牙質をエナメル質で包み、さらに根の部分はセメント質でできている歯は、本来、上手に使えば400年くらいは長持ちするといわれています。

その歯を、私たちは粗末に扱っていないでしょうか。正しくかめば、ダイエットやボケ防止に効果があり、そのほか、高血圧、肩こり、便秘、ガンなども歯の健康と深いつながりのあることが、今日ではわかっています。

厚生省が打ち出した「成人歯科保健推進事業」の一環として平成四年度から実施されている「8020運動」は、80歳になっても二〇本の健康な歯を残そうという主旨の運動です。幼少年期に多発するう蝕についての保健指導は、行政と臨床家の協力によって改善の方向にあり、制度としても幼少年期の各年齢層をすべてカバーしています。

しかし残念なことに学齢期を過ぎると歯科保健はなおざりにされることが多く、成人歯科検診はまったくといっていいほど省みられていないのが現状です。ときには、一本の歯が人生を左右することもあるのです。

歯を大切にすることが自分自身や一家の幸福をもたらす第一歩になることをご理解いただき、だれもが一日たりとも歯をおろそかにせず、家庭や地域や学校や職場で歯みがきの腕をみがき、美しく丈夫な歯をいつまでも維持できるようにしたいものです。

参考資料:「人生は歯で決まる」(株)日本地域社会研究所

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院