ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

「動物だって歯が命!〜きれいな歯を保つには〜」

《歯は全部で何本?》

愛犬・愛猫の歯が何本あるか、ご存知でしょうか。犬の歯は、上の歯が20本、下の歯が22本、合わせて42本あります。猫の歯は、上の歯が16本、下の歯が14本、合わせて30本あります。

(ちなみに猫は犬に比べて12本!も歯が少なく、そのせいで顎が短く筋肉が発達して、顔が丸いのです。)今まで愛犬・愛猫のお口の中を見たことがない人は、一度お口の中を見てみましょう。お口の臭い気になりませんか。歯ぐきが腫れていたり、歯石がこびりついていませんか。

《犬・猫に多い歯周病》

犬猫の歯のトラブルでもっとも多いのが歯周病です。人より唾液の量が多くアルカリ度が高いため、虫歯にはなりにくいのですが、歯石が付きやすく、歯肉炎や歯周炎などの歯周病になりやすいのが特徴です。

歯周病って?歯周病とは、歯を支える歯周組織(歯肉・歯槽骨・歯根膜・セメント質)の病気のことで、歯肉炎と歯周炎に分類されます。

歯肉炎:歯に付着した食べカスと唾液が混ざり、そこに細菌が繁殖して歯垢ができます。歯垢はハミガキで取れますが、放って置くと唾液中の石灰分を取り込んで歯石となります。歯垢や歯石に含まれる細菌が歯肉の炎症、出血や腫脹をひきおこします。これが歯肉炎です。歯肉炎は、比較的2歳以下の犬猫に多く、適切な治療とケアで回復します。

歯周炎:歯肉炎を放って置くと、歯の支持層にまで炎症が進行して歯周炎になります。徐々に歯周ポケットというすきまが形成され、そこに歯石がたまっていきます。そして歯周ポケットが深くなるにつれ、歯根膜や歯槽骨などが溶かされていき、最後には歯が抜け落ちてしまうことになります。残念ながら、一度歯槽骨が解けてしまうと、もとの正常な歯周組織に戻すことは出来ないため、予防や早めの対処が大切です。

歯周病にかかったら

出来るだけはやく歯石を取り除き、進行を止めることが大切です。一度ついてしまった歯石は、ハミガキでは取れません。スケーラーと呼ばれる特殊機器を用いて除去する必要があります。人間の歯医者さんを思い出してください。基本は犬も人も同じなのです。ただ、人と一番違うところは、処置をしている間、体が動かないように全身麻酔をかける必要があるということです。

スケーリング(歯石除去)では、目に見える範囲の歯石だけでなく、歯茎の下に埋もれている歯石も取り除きます。必要によっては歯茎の腫れの処置や抜歯などの処置も行い、仕上げはポリッシングにより歯の表面をツルツルに研磨し、フッ素塗布します。そして、大切なのはその後のホームケア=ハミガキによって維持することです。

ホームケア最善の予防は、お家で毎日食べかすと歯垢を取り除いてあげること、つまりハミガキです。仔犬や仔猫の時から慣らして習慣にしてしまえば、ハミガキはそれほど難しいことではありません。今までハミガキをしたことがない飼い主さんもあきらめないで下さい。もしかすると、嫌がる犬や猫の場合、きちんとハミガキが出来るまでに数ヶ月もかかるかもしれません。でも一生涯を自分の歯で過ごせる事を考えたら、意味のあることだとは思いませんか。

●ステップ1
最初はいきなり歯ブラシを使うのではなく、まずお口の周りを触らせてくれることに慣らしていきます。数秒間おとなしく触らせてくれれば、ごほうびを与えてください。徐々にお口の中や歯ぐき、歯を触ってみましょう。

●ステップ2
次に、ぬらしたガーゼなどで歯の外側をやさしくマッサージしてみましょう。最初は口を閉じたまま、唇だけ持ち上げなでるようにするとうまくいきます。

●ステップ3
実際にハブラシを使って磨いてみましょう。歯と歯ぐきの境目に垂直にブラシの先が当たるようにして力をいれずに磨きます。ハミガキペーストは特に必要ありませんが、喜ぶのなら動機づけとして使ってあげると良いでしょう。最初は歯の外側から、慣れてきたら歯の内側や奥まで丁寧に磨いてあげましょう。

理想は、毎日食後に歯みがきすることですが、難しい場合は手にガーゼなどを巻いて、歯肉周辺をマッサージするだけでも効果があり。ます。なかなか歯磨きさせてくれない場合は、出来るようになるまで、歯石がつきにくい食餌を与えたり、デンタルガムやデンタルスプレーなども利用しても良いでしょう

皆さんの愛犬愛猫は、病院で定期的に歯科検診を受けていますか。一度スケーリングをしたからもう安心と、その後のケアを怠ってはいませんか。いくらきれいに処置をしても、日々のホームケアをしなければ、わずか2〜3日で歯の表面に歯石が再付着し始め、もとの状態になるのも時間の問題です。定期的な歯科検診とホームケアで、きれいな歯を保ちましょう。

文:小池 美和(こいけ みわ)
動物メディカルセンターにて行動診療科を担当。

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院