ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

歯科X線は野日英世によって日本に紹介された

わが国の歯科X線に関しての記録は、明治三十年三月発行の『歯科医学叢談』第七号(東京歯科大学発刊の歯科学報の前身)に、「Dental Review」(Vol.XI,No.1) 一八九七年からの抄録として湖柳生(こうりせい)(野口英世)が『るよんとげんX光線ヲ応用シテ欠歯ヲ発見セシー例』として紹介したのが恐らく最初のものであろう。

野口英世は明治三十年十一月に順天堂医院の助手を務め、特に「順天堂医事研究会雑誌」の編集、翻訳などを手伝っていた。

この当時、野口清作は会陽S・N、湖柳生のペンネームを使用した、清作から英世になったのは明治三十二年頃 からである。

また、明治三十年七月、米国に留学中の原去了氏が「歯科月報」に「X光線及催眠術二就(ツ)イテ歯科医学トノ関係」と題したX線に関する臨床例を報告している。

■ 日本人で初めて歯科X線撮影を行った歯科医は誰?

明治四十二年四月、第十五回東京歯科医専同窓会総会の席で、当時東大歯科に勤務中の遠藤至六郎博士(後に東歯専教授)が「歯科診療上二於(オ)ケルX線、價値ニツイテ」と題してX線の由来から自己の実験した教例のX線写真を供覧し、さらに、応用上の諸注意を述べている。

彼は東京大学の土肥慶蔵博士の指導下に、日本でX線撮影を行いまた発表した最初の歯科医師である。

参考:歯科の歴史おもしろ読本 長谷川 正康 著

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院