ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

どうして動物は、傷口を舐めるのだろう?

動物が怪我をすると、傷口を舐める。そう言えば、私たちも幼い頃、傷口を無意識に舐めていたことを思い出す。

おそらくこの行為は、動物として本能的なものであろう。しかし、どうして舐めるのだろうか?舐めることに何か特別な作用があるのだろうか?

じつは、唾液(だえき)には傷口を消毒する成分が含まれている。例えば、リゾチーム。風邪薬にも含まれているのでご存知の方も多いかと思う?

他にも、ラクトフェリンや免疫グロブリンであるIgA(アイジーエー)などが含まれ、殺菌作用を持っている。

さて、体を構成する細胞は約60兆個、しかし体に付着する細菌数は、およそ100兆個。体の細胞より細菌の数のほうが多い。

ちなみに、唾液1ミリリットル中の細菌数は、1億から10億個。それに比べ、皮膚の表面には1平方センチあたり1000個と少ない。

もし皮膚に唾液と同じ数の細菌が生息していれば、傷口は化膿するに違いない。ところが、口の中の傷は化膿しにくい。これこそ、唾液の殺菌作用と考えられるのだ。

ところで、傷口を舐める理由は他にもある。口の中の傷は、皮膚の傷より数倍治りが早い。唾液の中には、傷口を早く治す物質も含まれている。面白い実験がある。

まずネズミの背中を1センチ四方に切る。そして、ネズミを1匹づつ飼った場合と、数匹を一緒に飼った場合を比べる。数匹を一緒に飼うと、ネズミはお互いの傷口を舐めあう。

しかし、1匹では自ら背中の傷を舐めることができない。1匹づつ飼った場合、2日後の傷口は20%しか治っていない。しかし、互いに舐めあったネズミは、75%も傷口がふさがっていた。唾液には、傷口を早く治す作用があることがわかる。

<傷口を舐めてもらったネズミは、治りが早い。 これは唾液に含まれる上皮成長促進因子(EGF)の作用である。>

唾液には、もっと他にも面白い作用がある。たとえば"よく噛むことは、ガンの予防になる"と言われる。これは唾液中の酵素ペルオキィシダーゼによるものだ。

さまざまな発ガン物質を唾液に30秒間漬ける。そうすると発ガン作用は、著明に低下する。よく噛むことで唾液の分泌は盛んになる。だからよく噛むことがガンの予防になるのだ。

<唾液中のペルオキィシタ−ゼは,発ガン作用を低下させる。 この研究が,噛むことがガンの予防になる根拠となっている。 同志社大学 西岡一先生 >

そう言えば、"よだれの多い赤ちゃんは元気に育つ""唾液の多いお年よりは、丈夫で長生き"と言う言葉がある。唾液が多いことは、体が若いことを意味するのだろう。

ところで一小児歯科医として、子どもの口を診ていて気になることがある。以前は子どもが口を開けていると、唾液があふれて困ったものだ。ヌルヌルした唾液の中で治療することは、たいへんであった。

ところが、最近では唾液がたまる子は少ない。唾液の量が減少しているのだろうか?原因があるとしたら、食生活の変化だろう。

食べ物が軟らかくなり、噛まないこと。あるいは、水やお茶で流し込む様にして食べるからか?流し込み食べをすれば、体は唾液を出す必要がない。

そう言えば、軟らかい食べ物と硬い食べ物を与えたネズミでは、唾液腺の大きさに差があるという研究もある。やはり唾液をたくさん出すためにも、よく噛むことは重要なのだ。

ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/09052801000078.htm

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院