ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

入れ歯を入れたロバの話

東京の上野動物園の資料室にあるロバが静かに眠っている。このロバの名前は"一文字号"。実はこのロバ,世界で始めて入れ歯を入れたロバなのだ。

入れ歯に至った経過を説明しよう。このロバは,1935年,北京の郊外で生まれた。日本軍の物資輸送で活躍したとのことで,1941年に上野動物園に送られてきた。動物園では,子ども達を乗せた馬車を引き人気を集めていた。

ところが1962年のある日,ポップコーンを喉に詰めて死にそうになった。喉に詰めた原因,それは歯が悪かったことだ。1935年生まれで,1962年のことだからロバの年齢は27歳。

しかしロバは,年に3歳歳をとる。人間で言えば80歳強になる。歯が悪くてもおかしくない歳なのだ。当時の動物園の方々は,なんとかロバをもう一度噛めるようにしてやりたいと思われた。そこで東京中の歯科医や歯科大学に連絡し,ロバの入れ歯を作ってくれる歯科医を捜した。

ロバに入れ歯なんて...。ロバの治療をしてくれる歯科医は簡単に見つからなかった。「それでは私が・・。」と名乗りをあげたのが,東京医科歯科大学に勤務しておられた故石上健次先生。この先生,後に昭和天皇の御殿医をもされた名医である。

ロバの治療の様子を教えていただくため,先生の診療室を訪問した。先生は,当時の写真を一枚一枚感慨深けに眺めながら,苦労話を語られた。以下,先生から伺った内容である。

ロバの歯の検診をしたところ,入れ歯を入れるために不都合な歯があった。しかしその歯を抜くと,高齢のためにショックを起こす可能性があった。そこで入れ歯を入れやすいように歯を削り,歯の型を採ろうとした。

しかし,ロバの大きな歯型を採る道具(トレー)がないので,歯科の材料会社にお願いして,特製のものを作っていただいた。型を採る材料(印象材)を口の中に入れたら,きっとロバは嫌がるだろう。

「暴れたりしまいか・・。」と心配だったが,印象材のにおいが気に入ったか,じっと固まるのを待っていたとのことだった。むしろたいへんだったのが,歯の噛み合わせの高さを決めるときだった。

噛み合わせが高い入れ歯をいれると,噛めないだけでなく,すぐに壊れるだろう。なにしろロバは,何も言ってくれない。おまけにロバの顔の長さは四十センチもある。この状態で噛み合わせの高さを決めるのが至難の技だった。

次は,入れ歯の歯の部分である。人間の場合,あらかじめ人工の歯があるが,ロバにはない。そこで他のロバの口元を写真に撮り,一本づつ歯をロウで型を作られた。やっとのことで入れ歯は完成した。もっと心配なことがあった。本当にロバが入れ歯を入れてくれるのだろうか?

しかしその心配は杞憂に終わった。ロバは入れ歯を入れた数分後,草を食べ始め,誰もが喜んだとのことである。

野生動物は,歯を失うと生命にかかわると言われるが,ロバの一文字号は,入れ歯を入れることによって健康を取り戻したのである。さてこのロバは,それから何年生きることができたのであろう?

残念ながら,3年後に亡くなった。実はこのロバ,羊と一緒に飼われていたのだが,ある日羊が柵を飛び越えたのを見て,自分も超えようと思ったらしい。ところが柵に足を引っかけ転倒した。これが原因で腸ねん転で死亡した。

柵を飛び越えようとしなければ,天寿をまっとうできたかもしれない。入れ歯を入れて元気になったロバの物語。とってもほほえましい話しである。しかし総入れ歯は,自分の歯と比べて約二十%しか噛むことができない。やはり自分の歯に優るものはないのである。

ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/08072119000065.html

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院