わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームです!

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

     Dental Office

 English

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

ホームページに来てくれてありがとう!
どんなところか知ってね!

医療法人社団

坂本歯科医院

楽しんでいってね!
項目をクリックしてね!

駐車場の件(お車で御来院の皆様へ)

第10・11回知的障害者支援チャリティーコンサートを院内活動でご紹介

もの忘れ(認知症の初期症状)外来をおこなってます。詳細は受付まで!

再生医療をおこなっております。詳細は受付までお電話下さい!

かみ合わせ外来開始のお知らせ

院長 本を出版!「歯と口の悩みを解決する本」
歯やお口の事で悩みをお持ちの方に、ぜひ読んで頂きたい本です!

嘔吐反射外来歯科恐怖症外来をおこなっています!

摂食障害(過食症拒食症嚥下障害)外来をおこなっています!

メールマガジン「8月15日発刊」お役立ち情報・楽しさ満載!

〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
電話(0463)-21-0792 FAX(0463)-23-7300


院長のホームページへ
イラスト
をクリック
してね

* 院長よりメッセージ 過去の院長メッセージ集

8月(葉月)となりました。7月下旬は割と早朝等、肌寒い時季がありましたが、やはり、猛暑が全国的にきてしまいました。私の子供時代には30℃にもなれば大騒ぎだったのに、今は37℃38℃等といわれ、地球の温暖化が加速しています。今のうちに何とかせねば大変なことになります。

ところで夏といえば、暑いところに観光地の代表格である京都があります。京都の夏を告げるお祭りとしてあまりにも有名な祇園祭がありますね。私も2回祇園祭を見に行きましたが、とにかく暑くて、暑くてクタクタになってしまいました。気温と人、人、人、その熱気に温度は40℃はいっていると思います。

さてさて、祇園祭について少しお話したいと思います。祇園祭は貞観年中(859年877年)京の都に疫病が流行した時、勅を奉じて神泉苑に66本の鉾を立てて、祇園の神を迎えて祭り、洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑に送って厄災の除去を祈ったのに由来し、平安時代の中ごろからはその規模も大きくなり、空車、田楽、猿楽等も加わって盛んな賑わいとなったそうです。

室町時代となると、町々の特色ある山鉾のあったことが、「祇園社記」に記されています。応仁の乱(1467年)で都は廃墟に帰し、祇園祭も中断しましたが、明応9年(1500年)には復活、その時より山鉾巡行順位を決める式が侍所で行われたそうです。

以前、町衆の努力により、山鉾の装飾にも贅を尽くすようになり、近世には、度々の火災で多数の山鉾が消失しましたが、その都度、町衆の心意気によって再興し、今日に至っています。何と言っても7月14~16日前にあたる宵山で各山鉾町にて山鉾を飾り、祇園囃子「ちんちきちん」とその音が聞こえてくると、京都の人の心は今もおどるということです。

7月17日は祇園祭のハイライトである山鉾巡行で「長刀鉾」を先頭に鉾は九基、山は十四基が各町を出発し祇園囃子も賑やかに京都の中心街を巡行します。これは八坂神社の祭りです。この世の中の乱れを、この祇園祭で厄払いをして、一日も早く、平和で穏やかに暮らせる日が来ることを願わずにはいられません。

では又、9月(長月)にお会いしましょう。

平成8月1日 院長 坂本貴史

さて2003年、不肖私が、株式会社法研より、本を出版致しました。本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」となっています。

全国で歯やお口の事で悩みをお持ちの方に、ぜひ読んで頂きたい本ですので、なるべく大型書店へ足を運んで頂きたいと存じます。きっと何かの参考になると確信しております。

この本は普通の歯科読本と違い、歯やお口の悩みが深い人ほど参考となるのが特徴だと思います。この新刊本が皆様の悩みの支援の一助となることを心より願っております。

どうかよろしくお願い致します。ぜひご一読下さい。

*坂本貴史の言わずにいられない一言(別ページ)
坂本貴史のメッセージ 過去の坂本貴史メッセージ集

医院の入り口にあるロゴです!

心ある歯科医は吠える(院長ページ) 院内活動 院外活動 リンク


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
フォームメールフォームメール メール待ってまーす!doctor@sakamoto.or.jpメール待ってまーす! i-mode 用サイト

Last up date 2016/08/15 一生懸命、更新をしていきます!

あなたは 人目のゲストです Since2000/07/14

i-mode 用サイト:http://www.sakamoto.or.jp/i/ URLを携帯へ送る

このページはリンクフリーです、雑誌等の掲載もOKです、ご一報頂けると
嬉しいです!リンク用のバナー(アイコン)もここにご用意してあります!